098A029

出典: meddic

  • 68歳の男性。下肢のむくみと腹部膨満感とを主訴に来院した。C型慢性肝炎で
  • 長期に加療中であった。8月初旬、下肢のむくみに気付き8月末から尿量の減少と
  • ともに腹部膨満感が出現した。腹部は軽度膨隆し、肝を心寓部に8cm触知する。
  • 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球365万、白血球3,700、血小板7
  • 万。血清生化学所見:総蛋白5.8g/dl、アルブミン2.8g/dl、尿素窒素27mg/dl
  • アンモニア138μg/dl(基準18~48)、総ビリルビン1。9mg/dlAST68単位(基準
  • 40以下)、ALT58単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ326単位(基準260
  • 以下)、7-GrP46単位(基準8~50)、Na137mEq/l、,K3.3mEq/l、Cl102mEq/
  • 1。免疫学所見:HBs抗原陰性、HBs抗体陽性、HCV抗体陽性、抗核抗体陰性、
  • α-フェトブロテインくAF朽18ng/ml(基準20以下)。
  • 適切な治療はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098A028]←[国試_098]→[098A030

"http://meddic.jp/098A029" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡