098A028

出典: meddic

  • 23歳の女性。肝機能異常の精査のために来院した。
  • 1年前の会社入社時の肝機能検査に異常はなかったが、7か月前悪心と全身倦怠感とが出現し、近医で肝機能異常を指摘された。その後肝機能異常が持続している。飲酒歴はない。8か月前にまゆを濃くするため刺青を行った。身長158cm、体重56kg。眼球結膜に黄疸は認めない。右肋骨弓下に軟らかい肝を2cm触知する。
  • 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球410万、Hb13.5g/dl、白血球4,200、血小板24万。血清生化
  • 学所見:アルブミン4.2g/dl、IgG1,250mg/dl(基準960~1,010)、総ビリルビン
  • 0.8mg/dl、AST58単位(基準40以下)、ALT74単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ230単位(基準260以下)、γ-GTP62単位(基準8~50)。免疫学所見:HBs抗原陰性、HCV抗体陽性、HCV-RNA陽性、抗核抗体40倍(基準20以下)。腹部超音波写真を以下に示す。
  • この患者への対応として適切なのはどれか。
  • a. 経過観察
  • b. 体重減量
  • c. 肝庇護薬投与
  • d. インターフェロン投与
  • e. 副腎皮質ステロイド薬投与



[正答]
※国試ナビ4※ 098A027]←[国試_098]→[098A029

"http://meddic.jp/098A028" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡