097I037

出典: meddic

  • 5歳の女性。強い空腹態と意識消失発作とを主訴に来院した。3年前から食事時間が遅れたり、家事で忙しく動き回ったときに強い空腹感を自覚していた。1か月前、市の健康診査で上部消化管造影のため1晩絶食したところ、冷汗、手指のふるえ及び集中力低下が認められた。昨日、朝食を抜いて外出した際、意識がもうろうとなったが、ジュースを飲んで回復した。身体所見:意識は清明。身長156cm、体重64kg。脈拍84/分、整。血圧132/80mmHg。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血清生化学所見:空腹時血糖48mg/dl、HbA1c4.2%、尿素窒素16.7mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、AST28単位(基準40以下)、ALT27単位(基準35以下)。血清抗インスリン抗体陰性。血清コルチゾール、ACTHおよびグルカゴンは正常。
  • この患者の診断に有用なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 097I036]←[国試_097]→[097I038

"http://meddic.jp/097I037" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡