097D034

出典: meddic

  • 67歳の男性。1か月前から感冒様症状が続くために来院した。2年前に定年退職するまでの健康状態は良好であった。現在、発熱、咽頭痛、咳および痰はなく、体重減少もない。軽い倦怠感を自覚することがある。身長163cm、体重73kg。体温36.6℃。脈拍72/分、整。血圧140/84mmHg。眼瞼結膜に貧血なく、眼球結膜の黄染を認めない。胸部に異常所見はない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤沈15mm/1時間、赤血球460万、Hb13.5g/dl、Ht42%、白血球27,800(好中球15%、好酸球1%、単球4%、リンパ球80%)、血小板28万。血清生化学所見:総蛋白6.5g/dl、アルブミン4.5g/dl、AST35単位(基準40以下)、ALT30単位(基準35以下)、LDH330単位(基準176~353)。CRP0.5mg/dl(基準0.3以下)。リンパ球サブセット:B細胞85%(基準7~17)、T細胞10%(基準55~75)。この患者を無治療で観察したとき、1年までの経過で最も可能性が高いのはどれか。
  • a. 安定経過
  • b. 白血球の著増
  • c. 巨脾の出現
  • d. 急性転化
  • e. ニューモシスチス・カリニ肺炎の併発
[正答]


※国試ナビ4※ 097D033]←[国試_097]→[097D035

"http://meddic.jp/097D034" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡