096D051

出典: meddic

  • 52歳の男性。ロ渇、多飲および多尿を主訴に来院した。父、姉および父方叔父に糖尿病がある,5年前に健康診断で高血糖を指摘されたが放置している,最近運動不足気味で、外食することが多い。身長170 cm、体重82kg。血圧132/78mmHg。尿所見:蛋白(-)、糖2+。血清生化学所見:空腹時血糖192 mg/dl、HbA1c8.8%(基準4.3~5.8)、総蛋白6.8 g/dl、アルブミン4.6 g/dl、尿素窒素12 mg/dl。この疾患で正しいのはどれか。
  • a. 発症には自己免疫機序が関与する。
  • b. HLAとの関連が認められる。
  • c. ケトアシドーシスを起こしやすい。
  • d. インスリン注射療法の絶対適応である。
  • e. 生活習慣の是正が有効である。
[正答]


※国試ナビ4※ 096D050]←[国試_096]→[096D052

"http://meddic.jp/096D051" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡