黄色ブドウ球菌肺炎

出典: meddic

staphylococcal pneumonia
ブドウ球菌肺炎ブドウ球菌性肺炎


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 11-057 空洞形成性黄色ブドウ球菌肺炎を発症した神経性無食欲症の一例(摂食障害1,一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会)
  • 岩橋 成寿,美佐 健一,渋佐 隆,大沼 菊夫
  • 心身医学 49(6), 559, 2009-06-01
  • NAID 110007455684
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌肺炎に対する硫酸アルベカシン治療におけるPK/PD解析の臨床的有用性
  • 谷風 尚子,小松 方,島川 宏一,山本 育由
  • 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 52(9), 469-473, 2004-09-25
  • NAID 10013566119

関連リンク

A. 細菌性肺炎. 細菌性肺炎には細菌感染が直接の原因である原発性のものと、 ウイルス性の上気道炎が引き金になった細菌の二次感染によるものとがあり、原因菌 として主なものにインフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などがあります。
高齢者や人工呼吸器管理中の患者などには、黄色ブドウ球菌による肺炎、肺化膿症が 起こりうる。これらの患者の多くでは過去に抗菌薬を投与されており、MRSAの頻度が 高いことに注意が必要である。喀痰および胸水のグラム ...

関連画像

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 中抗原はレジオネラ・肺炎球菌 黄色ブドウ球菌による肺炎 黄色 ブドウ 球菌 に よる 肺炎喀痰グラム陽性菌: GP | グラム これは黄色ブドウ球菌です


★リンクテーブル★
リンク元ブドウ球菌性肺炎」「staphylococcal pneumonia
拡張検索メチシリン耐性黄色ブドウ球菌肺炎
関連記事肺炎」「ブドウ球菌肺炎」「ブドウ」「」「黄色

ブドウ球菌性肺炎」

  [★]

staphylococcal pneumonia
黄色ブドウ球菌肺炎ブドウ球菌肺炎
  • 黄色ブドウ球菌による肺炎。
  • 乳幼児に多い。近年は著しく減少している。
  • 高頻度に膿胸を合併する。
  • 重症化して肺の器質的障害を残しやすい。
  • 胸部単純X線写真:気管支肺炎型(小葉性撒布病巣を呈する) or 多発性空洞型(多発性膿瘍形成を呈する)



staphylococcal pneumonia」

  [★]

ブドウ球菌性肺炎ブドウ球菌肺炎黄色ブドウ球菌肺炎


メチシリン耐性黄色ブドウ球菌肺炎」

  [★]

methicillin resistant staphylococcus aureus pneumonia, MRSA pneumonia
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症


肺炎」

  [★]

pneumonia pneumonitis

疫学

  • 日本の肺炎の受療率は人口10万対3、死亡率は人口10万対7。死因順位は第4位である。
  • 受療率・罹患率共に高齢になるに従い急激に増加し、85歳以上の男性では死因第2位、90歳以上の男性では死因第1位となる(ガイドライン1)。
  • 死亡者の95%以上が高齢者である。
年代と病原体
乳児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 インフルエンザ菌  
小児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 クラミジア・ニューモニエ マイコプラズマ・ニューモニエ
青年期 肺炎球菌 インフルエンザ菌 マイコプラズマ・ニューモニエ    
成人 肺炎球菌 インフルエンザ菌      
高齢者 肺炎球菌 インフルエンザ菌 レジオネラ・ニューモニエ インフルエンザウイルス  

日本における肺炎の年齢階級別受療率と死亡率(人口10 万対,2002 年)

ガイドライン1 2004 年「国民衛生の動向」 改変
  年齢階級 総数 15~ 25~ 35~ 45~ 55~ 65~ 75~ 85~ 90~
19 29 39 49 59 69 79 89  
受療率 外来 6 3 4 3 3 6 7 14 21 21
入院 19 2 3 2 3 7 21 86 309 489
死亡率 男性 76.4 0.5 0.5 1.5 4.6 15.2 69.2 339 2087 4317
女性 62.7 0.3 0.5 0.9 1.9 5.6 22.4 144 934 2291
総数 69.4 0.4 0.5 1.2 3.2 10.3 44.6 249 1291 2787

分類

発症の場

  • 市中肺炎:上気道のウイルス感染後に多い。

原因

病理

  • 上気道から連続的に下気道へ、あるいは、直接下気道に及んでいる。炎症は上皮に包まれた管腔内
  • 間質性肺炎は、肺の実質や間質に炎症が存在

ガイドライン

  • 1. 成人市中肺炎診療ガイドライン




ブドウ球菌肺炎」

  [★]

staphylococcal pneumonia
黄色ブドウ球菌肺炎ブドウ球菌性肺炎


ブドウ」

  [★]

grapegrapevine
Vitis vinifera
ブドウ属ブドウ科


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症

黄色」

  [★]

yellowxanthicxantho



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡