黄体機能不全

出典: meddic

luteal insufficiency, corpus luteum insufficiency, luteal phase deficiency, luteal dysfunction
黄体プロゲスチン
[show details]


概念

  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)分泌不全により、子宮内膜が分泌期に至らない、体温の上昇、高温相の持続の異常をきたす。

治療はプロゲステロン投与で黄体ホルモンを補うか、あるいはヒト絨毛ゴナドトロピン hCGで黄体を刺激する。

定義

参考1

  • 「黄体からのエストロゲンとプロゲステロンとの分泌不全により、子宮内膜の分泌性変化が起こらないものをいう。妊卵の着床障害による不妊原因として重要である。」(日本産科婦人科学会)

G9M

  • 1. 黄体期中期の血中プロゲステロン<10ng/ml (通常は5-28ng/mlくらい)
  • 2. 基礎体温
  • 2-1. 低温相から高温相の移行に3日要する
  • 2-2. 高温相は10日以内
  • 2-3. 高温相と低温相の差が0.3℃以内 (正常は0.3-0.6℃の上昇)
  • 3. 子宮内膜日付診:正常月経周期と3日以上のずれ

治療

  • 1. 黄体ホルモンの直接的/間接的補充
  • 1-1. ゲスターゲンの周期的投与
  • 1-2. 黄体機能刺激療法
  • 2. 排卵誘発法
  • 2-1. クロミフェン療法
  • 2-2. ゴナドトロピン療法(hMG-hCG療法)

参考

  • 1. クリニカル・カンファレンス 4.不育症の病態解明と治療の展望 3)黄体機能の視点から - 日産婦誌55巻9号
http://www.jsog.or.jp/PDF/55/5509-249.pdf



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/26 19:43:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Calpain-Calpastatinシステムが黄体細胞への分化を誘導する
  • 川島 一公,島田 昌之,河村 和弘
  • 日本繁殖生物学会 講演要旨集 106(0), AW-1-AW-1, 2013
  • … 我々は,不妊症の中でも,黄体機能不全に着目し研究を行っている。 …
  • NAID 130005051014
  • 漢方医学の進歩と最新エビデンス(Vol.6)月経周期異常の漢方治療 : 最新のエビデンス
  • 後山 尚久,向坂 直哉
  • 医学のあゆみ 241(7), 543-549, 2012-05-19
  • NAID 40019249619
  • 黄体機能不全 (今月の臨床 婦人科内分泌療法--病態の理解と正しい診断に基づく対処・治療のポイント) -- (不妊・避妊)
  • P3-311 黄体機能不全に対するメラトニンの効果(Group136 生殖内分泌3,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 菊田 恭子,高崎 彰久,水本 久美子,田邊 学,丸山 祥子,嶋村 勝典,森岡 均,谷口 憲,松岡 亜希,田村 博史,杉野 法広
  • 日本産科婦人科學會雜誌 62(2), 728, 2010-02-01
  • NAID 110007686593

関連リンク

妊娠と大きく関わりのある、黄体ホルモン(プロゲステロン)。この黄体ホルモンの分泌が足りない病気を「黄体機能不全」といいます。 ... 黄体機能不全 Luteal phase defect 基礎体温を付け始めると、お手本どおりのグラフにならない ...
黄体機能不全について 黄体機能についてご説明しましょう。 卵巣の中で卵胞が十分に発育すると 脳下垂体から卵巣に向けて黄体化ホルモンを分泌します。 これをLHサージといい、16?24時間後に排卵します。 排卵後、卵巣の中に「黄体 ...
黄体機能不全の概要。黄体とは、卵巣で卵胞が排卵したあとに変化してつくられる器官です。主にプロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌し、受精卵の子宮内膜への着床や妊娠の維持に重要な役割を果たしています。 黄体機能不全とは ...

関連画像

黄体機能不全 鍼灸 Archives 福岡 黄体機能不全に効く漢方って 黄体機能不全 | 漢方 相談薬局 不妊症 :黄体機能不全と 黄体機能不全によくみられる 黄体機能不全西洋医学では黄体機能不全が 黄体機能不全の場合―


★リンクテーブル★
先読みプロゲスチン
国試過去問108E056」「107I064」「079A046」「084A056」「106G037
リンク元女性不妊症」「基礎体温」「過少月経
拡張検索黄体機能不全症
関連記事黄体」「機能」「不全」「機能不全

プロゲスチン」

  [★]

progestin
ゲスターゲン gestagenプロゲスターゲン progestogen黄体ホルモン作用物質 progestational agentプロゲステロン作用薬
[show details]
  • 卵巣の黄体から分泌される黄体ホルモンと同様の黄体ホルモン活性を有する物質の総称。黄体ホルモン活性を持つ天然のものがプロゲステロン
  • 妊娠の維持、月経異常などに用いられる。また経口避妊薬としても用いられる。



108E056」

  [★]

  • 46歳の女性。月経周期が短くなったことを主訴に来院した。もともと月経周期は28日型、整であったが、数年前から 22~26日に短縮しているという。過多月経はみられない。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108E055]←[国試_108]→[108E057

107I064」

  [★]

  • 15歳の女子。少量の性器出血を主訴に来院した。性器出血は2週前から持続している。13歳の初経以降、月経周期は28~35日である。
  • 現時点で最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107I063]←[国試_107]→[107I065

079A046」

  [★]

  • 治療薬との組み合わせについて適切でないもの
[正答]

084A056」

  [★]

  • 子宮内膜組織診が診断に有用なのはどれか。全て選べ
[正答]

106G037」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106G036]←[国試_106]→[106G038

女性不妊症」

  [★]

female sterility
不妊症


不妊因子

G9M.77
  • 視床下部-下垂体-卵巣:内分泌・排卵因子
  • 卵管:卵管因子
  • 子宮

検査

NGY.254
  初期検査 特殊検査
内分泌因子 基礎体温測定 月経開始後10日以内。 LHRH負荷試験  
内分泌検査   プロゲステロンテスト  
頚管粘液検査 排卵期前後。エストロゲン活性 エストロゲン・プロゲステロン  
経膣超音波   その他の内分泌学的検査  
    染色体検査  
卵管因子 子宮卵管造影法 月経開始後10日以内。 腹腔鏡  
通気テスト(ルビンテスト) 卵胞期。卵管の疎通性を見る コツバンク右京  
クラミジア抗体   通色素検査  
    卵管鏡  
子宮因子 子宮卵管造影法   子宮内膜日付診 黄体期。排卵を確認し、月経周期と子宮内膜の関係をみる
経膣超音波子宮内膜検査   子宮鏡  
月経血培養   MRI  
    CT  
頚管因子 頚管粘液検査   フナーテスト(性交後試験) 排卵期前後。精子と卵管粘液の適合性を見る
    ミラー・クルツロック試験(ガラス板試験)  
腟・会陰因子 腟鏡診   クラミジア抗体染色体検査  
帯下培養      
その他の因子 抗精子抗体   抗透明帯抗体  
    卵巣自己抗体  
    抗リン脂質抗体  


基礎体温」

  [★]

basal body temperature BBT
月経周期


  • 低温相と高温相の2相性であり、黄体から分泌されるプロゲステロンの作用によるとされる。
  • 月経周期前半は低く、後半は0.5℃程度高い二相性の変動パターン。 ← 0.3-0.6℃の変動があるとされている
  • 排卵がある場合(排卵性周期):2相性
  • 排卵がない場合(無排卵周期):1相性  → 無排卵性月経というのがある。
  • 体温陥落:高温相に移行する前に体温が0.1℃低下すること。陥落日から基礎体温が上昇する3日間に排卵が起きやすい。体温陥落が常に認められるわけではない。

正常な基礎体温

  • 高温相の持続が10日以上
  • 高温相と低温相の差が0.3℃以上
  • 高温相に陥落がない
  • 低温相から高温相への移行が3日以内

妊娠と基礎体温

  • 妊娠中は黄体が妊娠黄体としてプロゲステロンを分泌し続けるため、高温相が持続する。
  • 妊娠経過で流産が起こると、体温が低下する。
  • 正常妊娠の場合でも、妊娠10週頃には胎盤由来のプロゲステロンが増加し、妊娠13-14週ごろから体温は徐々に低下する。

臨床関連

  • 黄体機能不全
  • 高温相が10日以内の場合に疑う。


過少月経」

  [★]

hypomenorrhea ← これには過短月経の意味もあるらしく・・・
月経異常


  • 月経の出血量が異常に少ないもの

病因 NGY.152


黄体機能不全症」

  [★]

黄体
  • 黄体機能不全を来した病態

黄体」

  [★]

yellow body
corpus luteum(Z), (pl.)corpora lutea


概念

NGY 11,17改変
  • 排卵後、卵胞の裂孔が血液で満たされ赤体となった後に血液が吸収され、リポイド色素によって肉眼的に黄色に見える黄体が形成される。排卵後1-4ないし2-3日で形成される。組織的には卵胞の顆粒膜細胞内莢膜細胞が黄体化ホルモンの作用を受けて大型化した顆粒膜ルテイン細胞と比較的小さめの莢膜ルテイン細胞にそれぞれ変化した細胞から構成される。

分類

  • 月経黄体:妊娠しない場合に形成され、約12日間持続した後に退縮し白体となる
  • 妊娠黄体:妊娠が成立した場合に形成され、黄体機能は妊娠10~12週がピークとなり、出産後に退縮して白体となる。

機能

  • エストロゲンとプロゲステロンを分泌する。



機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




不全」

  [★]

機能不全、失敗、不十分不全症不足無能無能力弁閉鎖不全弁閉鎖不全症機能不全症


機能不全」

  [★]

insufficiency, failure




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3