高IgE症候群

出典: meddic

hyper-IgE syndrome, HIES
高免疫グロブリンE症候群 hyperimmunoglobulin E syndrome hyper immunoglobulin E syndrome、ヨブ症候群ジョブ症候群Job syndrome
IgE

遺伝

病因

  • 遺伝性
  • 孤発性

検査

参考1
  • 免疫学的検査
  • 免疫グロブリン:IgE↑、その他の免疫グロブリンは正常

参考

  • 1. [charged] Hyperimmunoglobulin E syndrome - uptodate [1]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • MW4-6 高IgE症候群におけるアトピー発症メカニズムの検討(MW4 樹状細胞・抗原提示細胞,ミニワークショップ,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 齋藤 雅子,烏山 一,峯岸 克行
  • アレルギー 59(9・10), 1347, 2010-10-30
  • NAID 110008083840
  • W8-1 高IgE症候群の病態形成機構の解明(W8 動物モデルによる病態解明の進歩,ワークショップ,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会)

関連リンク

高IgE症候群は、1)黄色ブドウ球菌を中心とする細胞外寄生細菌による皮膚膿瘍と肺炎 、2)新生児期から発症するアトピー性皮膚 ... 多くは散発性であるが遺伝性があるものも あり、骨・歯牙の異常を合併する1型の高IgE症候群は常染色体優性遺伝をとることが ...
はじめに· 免疫不全が疑われる患者へのアプローチ· 毛細血管拡張性運動失調症· チェディアック-東症候群· 慢性肉芽腫性疾患· 一般変異型免疫不全症· ディ・ジョージ 症候群· 高IgE症候群· 高IgM症候群· IgA欠損症· 白血球接着欠乏症· 重症複合免疫 不全症· ...
結節性多発動脈炎,関節リウマチ,サルコイドーシス,炎症性腸疾患,SLE,強皮症,好 酸球性筋膜炎,ドレスラー症候群. 免疫障害(しばしば湿疹を伴う). 移植片対宿主病, 先天性免疫不全症候群(例,IgA欠損症,高IgE症候群,ヴィスコット-オールドリッチ ...

関連画像

高IgE症候群の責任遺伝子を  高IgE症候群」の原因遺伝子を高IgE症候群の責任遺伝子を 1型高 IgE症候群の責任遺伝子 高IgE症候群の末梢における制御 高IgE症候群の責任遺伝子を 免疫アレルギー学分野 - The


★リンクテーブル★
先読みhyperimmunoglobulin E syndrome
国試過去問078B013
リンク元高IgE血症」「ヨブ症候群」「高免疫グロブリンE症候群
関連記事症候群」「IgE」「I」「」「症候

hyperimmunoglobulin E syndrome」

  [★] 高免疫グロブリンE症候群

078B013」

  [★]

  • 誤っている組み合わせ

高IgE血症」

  [★]

IgE低IgE血症

高IgE血症

OLM.390
  • 多クローン性
  • 単クローン性


ヨブ症候群」

  [★]

Job's syndrome
高IgE症候群Job症候群

高免疫グロブリンE症候群」

  [★]

hyperimmunoglobulin E syndrome
高IgE症候群


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



IgE」

  [★]

免疫グロブリンE immunoglobulin E IgE、γE、gamma E
免疫グロブリンI型アレルギー高IgE血症低IgE血症
IgMIgDIgGIgA
レアギン皮膚感作抗体同種細胞親和性抗体


IgE産生の調節

IgEの性質

  IgE IgG1
H鎖のIgドメイン数 5 4
分子量(kDa) 188 146
炭化水素の比率(%) 12 2-3
血液(血清)中の半減期(days) 2.5 21
  • IgEは組織移行性が高い。FcεRIの結合部位はN末端から2,3番目のC領域である。

IgEが異常値を呈する病態 OLM.390 LAB.853

  • 肺塞栓、心筋梗塞、脳梗塞(CBT QB vol3 p.320)

高値


I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」

群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡