高分子キニノゲン

出典: meddic

high molecular weight kininogen
フィッツジェラルド因子 Fitzgerald factor、HMWキニノゲン HMW kininogen



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フレッチャー因子,フィッツジェラルド因子 (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・2)その数値をどう読むか) -- (血液凝固・線溶系検査)
  • 内因系血液凝固研究の現状 : XII因子, XI因子及び高分子キニノーゲンの欠損マウスについて
  • 中冨 靖,中垣 智弘
  • 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis 20(3), 323-328, 2009-06-01
  • NAID 10026117562

関連リンク

高分子キニノゲン HMW-K フィッツジェラルド(Fitzgerald)因子 各検査項目がどのような目的で用いられているかを示します。 出血傾向がほとんど存在しない高度のAPTT延長患者に遭遇したときに,HMW-Kを測定してみる価値がある. ...
プレカリクレインは、高分子キニノゲン(HMWK)と複合体を形成している。高分子キニノゲンは、活性化された第XII因子が、プレカリクレンをカリクレインにする反応を促進する。 活性化された第XII因子により生じた ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ブラジキニン
関連記事高分子」「分子」「」「キニノゲン

ブラジキニン」

  [★]

bradykinin BK
  • アレルギー、障害局所の腫脹、炎症反応に関与する

分類

性状

  • ポリペプチド
  • 9個のアミノ酸

産生

  • 前駆体:高分子キニノゲン (SPC.97) (単にキニノゲン(α2グロブリン))
  • 酵素 :カリクレイン(タンパク質分解酵素。腎臓の接合尿細管で産生される)

分解

作用

  • 血管平滑筋:弛緩→血管拡張→血圧↓
  • 内臓平滑筋:弛緩 収縮(QB2009.C-335)
  • 血漿滲出
  • 集合管:Na排泄↑
  • 発痛物質

産生の調節

  • 組織からの放出
  • 損傷組織から放出
  • 侵害刺激により組織に放出

分解の調節

アンジオテンシン転換酵素阻害薬(ACE阻害薬)によりブラジキニンの濃度が上昇する
→咳を誘発
ブラジキニン胎児動脈管閉鎖に関わっているので、母胎にACE阻害薬を投与すると胎児の動脈管が閉鎖する

分子機構

臨床関連

高分子」

  [★]

macromoleculepolymermacromolecularhigh molecular weight
巨大分子高分子量重合体多量体ポリマー高分子化合物高分子型高分子量型


分子」

  [★]

  • n.
分子的、モル

子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用

キニノゲン」

  [★]

kininogen




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡