高カロリー輸液用剤合剤

出典: meddic

ピーエヌツイン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

輸液と栄養 糖質輸液用製剤 脂肪乳剤 高カロリー輸液用製剤 アミノ酸製剤 血漿代用剤 マンニトール製剤 アシドーシス治療薬 経口・経腸栄養剤 輸液のポイントは、血液濃縮(血管内脱水)の補正と尿量の確保である。
... あるいは各成書を参考にしていただきこの場では割愛することとし、現在市販されている高カロリー輸液用 微量元素製剤の特徴などを記載する。 2.現在市販されている高カロリー輸液用微量元素製剤 鉄(Fe)、マンガン(Mn 表1

関連画像

AK−ソリタ透析剤・FL


★リンクテーブル★
先読みピーエヌツイン
リンク元高カロリー輸液用製剤
関連記事輸液」「」「カロリー

ピーエヌツイン」

  [★]

高カロリー輸液用製剤


高カロリー輸液用製剤」

  [★]

高カロリー輸液用剤合剤

輸液」

  [★]

infusion, transfusion
輸注
  • 表:SAN.204

種類

NSU. 731
  • 水分補給
  • 5%ブドウ糖
  • 水分補給と電解質
  • 細胞外液補充剤
  • 維持輸液剤:一日の水・電解質バランスを保つべく作成される
  • 輸液期間が長くなる場合に用いられる。
  • Na+, Cl-は少なく、K+、HPO4-ブドウ糖を含む

乳幼児

1. 脱水になりやすい。
2. 腎機能が未熟。(K排泄能が低い)
3. 低血糖になりやすい
  • Kフリー、ブドウ糖入りの輸液がよい。

輸液量

  • 新生児:80-120 ml/kg/日 ← 成人よりも多い
  • 乳児下痢症に対する初期輸液:Na 90mEq/l, Cl 70mEql/L, ブドウ糖 2.6%, 乳酸 20mEq/L

投与量の計算

体重には身長とBMI22としたときの標準体重を用いる。
尿量 + 不感蒸泄(700ml) + 代謝水(5ml x 体重)

輸液速度

乳幼児

小児の薬の選び方・使い方
  • 10kg以下 100ml/hr
  • 10-20kg 200ml/hr
  • 20-30kg 300ml/hr
  • 30-40kg 400ml/hr

輸液速度とクレンメ

  • 成人用のクレンメ:20滴で1ml (1滴 50ul)
  • 小児用のクレンメ:60滴で1ml
  • 輸液速度と滴下速度
x (ml/hr) = 20x (滴/時) = x/3 (滴/分) = x/180 (滴/秒)
∴ x (ml/hr) で輸液するためには 180/x (秒/滴) となるようにクレンメの滴下速度を調節する。



剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


カロリー」

  [★]

calorie
熱量
カロリー価





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡