髄外巨核球生成

出典: meddic

関連リンク

血小板は巨核球が千切れて出来たものですが、巨核球への分化の際、重要なのがトロンボポエチン(TPO)です。 TPOは肝臓で作られるため、肝臓の機能が低下した場合(たとえば肝硬変など)、TPOの産生が低下するため、 血小板が減少 ...
髄外造血 出生後に脾臓、肝臓、リンパ節などの臓器で赤血球系、顆粒球系、巨核球系の細胞が産生される 状態をいう。主として脾臓での造血であるが、骨髄以外での造血が生じると末梢血中に赤芽球や 幼若細胞が出現する頻度が .. .. ...

関連画像

造血組織が、骨髄から肝臓や 赤血球形態 4.形の異常① 骨髄線維症 ② 癌骨髄転移 図VII-5. 多染性赤血球と網


★リンクテーブル★
関連記事生成」「巨核球」「巨核」「髄外

生成」

  [★]

productionelaborationproduce
合成作成産生生じる作る同化同化作用生産製作作製


巨核球」

  [★]

megakaryocyte megakaryocytes MgK MK
骨髄巨核球巨核細胞トロンボブラスト thromboblast
巨細胞




巨核」

  [★]

macronucleusmacronucleivegetative nucleusmacronuclear
栄養核大核


髄外」

  [★]

extramedullary
骨髄外




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡