騒音性難聴

出典: meddic

noise-induced hearing loss, noise induced deafness
音響外傷騒音、職業性難聴
  • 80-90db以上の騒音に長時間暴露されることによりコルチ器の外有毛細胞が障害される。
  • 純音聴力検査にて4,000Hzに限局した聴力低下(C5ディップ, c5-dip)が特徴的である。





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/01/06 19:13:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • インタビュー 振動障害・騒音性難聴の海外調査に取り組む建交労書記次長の神田豊和さん
  • 神田 豊和,村上 剛志
  • 労働と医学 (108), 1-3, 2011-01-31
  • NAID 40018272715
  • 各地の便り 群馬 日系ブラジル人の騒音性難聴に言葉の壁

関連リンク

騒音性難聴。騒音性難聴とはどんな病気か 騒音の下で長時間就業することにより起こる難聴であり、勤務年数の増加とともに難聴も進行します。職業性難聴とも呼ばれます。原因は何か 異なる周波数の音が混じった騒音の下で就業し ...
騒音性難聴の病態、症状、治療(手術)について紹介しています。 ... 病態 騒音下での職業など、長期間騒音に暴露され徐々に進行する難聴を騒音性難聴といいます。爆発音やロックコンサートなど強大音のために急性に起こる難聴を ...
騒音性難聴の概要。騒音の下で長時間就業することにより起こる難聴であり、勤務年数の増加とともに難聴も進行します。職業性難聴とも呼ばれます。 異なる周波数の音が混じった騒音の下で就業した人を比較すると、病気の初期には ...

関連画像

 騒音性難聴とも呼ばれます騒音性難聴の対策騒音性難聴が心配ですので、耳  騒音性難聴になる可能性があるにおける 騒音 性 難聴 老人性難聴者、騒音性難聴者に


★リンクテーブル★
国試過去問100I004」「102I040」「106B009」「098H079」「108I018」「099E079」「107H014」「105G025
リンク元感音性難聴」「外有毛細胞」「音響外傷」「c5ディップ
関連記事難聴」「騒音」「騒音性

100I004」

  [★]

  • 56歳の男性。耳鳴りを主訴に来院した。30年以上大型貨物船の機関員として勤務していた。結核と中耳炎との既往はない。脈拍76/分、整。血圧134/86mmHg。鼓膜は左右とも異常を認めず眼振はない。神経学的にも異常はない。血液所見、血清生化学所見および心電図に異常はない。オージオグラムを以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100I003]←[国試_100]→[100I005

102I040」

  [★]

  • 騒音性難聴について正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 伝音難聴である。
  • b. 前庭機能障害はみられない。
  • c. 低周波音暴露で発生しやすい。
  • d. 高音域の聴力低下が特徴である。
  • e. 騒音曝露を中止すると改善する。
[正答]


※国試ナビ4※ 102I039]←[国試_102]→[102I041

106B009」

  [★]

  • 工場労働者の騒音性難聴について正しいのはどれか。
  • a 伝音性である。
  • b 両側性に生じる。
  • c 聴力は回復する。
  • d 1,000Hz中心の聴力低下が生じる。
  • e 発症早期に日常会話の中で気付かれることが多い。


[正答]


※国試ナビ4※ 106B008]←[国試_106]→[106B010

098H079」

  [★]

  • 騒音性難聴について正しいのはどれか。
  • a. 伝音性である。
  • b. 1,000Hz付近の聴力低下で始まる。
  • c. 騒音職場からの配置転換で軽快する。
  • d. 補充現象が認められる。
  • e. 騒音職場では1年に1回の聴力検査を行う。
[正答]


※国試ナビ4※ 098H078]←[国試_098]→[098H080

108I018」

  [★]

  • 騒音性難聴の特徴はどれか。
  • a 混合性難聴である。
  • b 補充現象は陰性である。
  • c 短時間曝露では発生しない。
  • d 曝露を中止すると回復する。
  • e 高周波数騒音で発生しやすい。


[正答]


※国試ナビ4※ 108I017]←[国試_108]→[108I019

099E079」

  [★]

  • 騒音性難聴で正しいのはどれか。
  • a. 伝音系聴力障害である。
  • b. 聴力低下は不可逆性である。
  • c. 中耳の機械的損傷で発症する。
  • d. 低音域聴力障害からはじまる。
  • e. 会話音域の障害は発生しない。
[正答]
※国試ナビ4※ 099E078]←[国試_099]→[099E080

107H014」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107H013]←[国試_107]→[107H015

105G025」

  [★]

  • 補聴器の装用効果が最も大きいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G024]←[国試_105]→[105G026

感音性難聴」

  [★]

sensorineural hearing loss (SOTO), SNHL, sensori-neural hearing loss
感音難聴
難聴
[show details]

分類

内耳性難聴と後迷路性障害の鑑別

  • 閾値上聴力検査 → recruitment現象陽性の時は有毛細胞の病変を推定。

原因

一側性 両側性
メニエール病
突発性難聴
流行性耳下腺炎
ラムゼイ・ハント症候群
聴神経腫瘍
外リンパ瘻
内耳梅毒
風疹
騒音性難聴
耳毒性薬物
加齢性難聴
サイトメガロウイルス感染症


外有毛細胞」

  [★]

outer hair cell
有毛細胞
[show details]



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連

  • 騒音性難聴


音響外傷」

  [★]

acoustic trauma
騒音性難聴音響性外傷難聴



c5ディップ」

  [★]

c5 dip
純音聴力検査、騒音性難聴



難聴」

  [★]

hearing loss
聴覚


分類

鑑別疾患

ISBN 978-4931400559 p.184より引用
  • 伝音性難聴
  • 急性:悪性外耳道炎、中耳炎
  • 慢性:上咽頭腫瘍
  • 感音性難聴



騒音」

  [★]

noise
雑音騒音性ノイズ環境基準、職業性難聴



騒音性」

  [★]

noise
雑音騒音ノイズ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡