駆出率

出典: meddic

ejection fraction, EF
心不全左室内径短縮率


左室:左室駆出率 = SV / LVEDV x 100 = ( LVEDV - LVESV ) / LVEDV x 100


正常値

ICU.222

  • 右室EF:0.50-0.55
  • 左室EF:0.40-0.50

YN.C-78

  • 60-70%

疾患との関連

  • 拡張期不全:正常
  • 収縮期不全:低下

評価方法

  • 心エコー
  • 左室EF:経胸壁心エコー図検査
  • 右室EF、:経食道心エコー法

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 負荷Tl-201心筋SPECTにおける一過性左室拡大の規定因子:運動負荷とジピリダモール負荷の比較
  • 増渕 充世/近藤 千里/萩原 誠久
  • 東京女子医科大学雑誌 82(1), 23-29, 2012-02-25
  • … QGSより左室拡張末期心室容積EDV(end diastolic volume)、収縮末期心室容積ESV (end systolic volume),駆出率EF(ejection fraction)を測定し、TID ratio (EDVstress/rest)を算出した。 …
  • NAID 110008802811
  • 完全静脈栄養管理中に心不全を呈し,カルニチン・セレン投与にて改善した1例
  • 照井 慶太,小松 秀吾,篠塚 俊介,平本 龍吾
  • 日本小児外科学会雑誌 47(7), 1026-1032, 2011-12-20
  • … 2箇所の腸瘻を造設し,完全静脈栄養で管理した.周術期には47日間の透析を要した.第87病日,心不全(駆出率37%)を認めたが,精査にて明らかな原因を見出せず,微量栄養素欠乏が除外診断として残った.亜セレン酸Na静脈内投与及び,腸瘻間の60cmの空腸を用いてL-カルニチン投与を開始したところ,3週後には駆出率68%と改善を認めた.心不全時,遊離カルニチン・セレン血中濃度は標準値下限をわずかに下回る程 …
  • NAID 110008896723
  • 駆出率の低下していない心不全の治療 (特集 心不全治療の新展開--外科医との共働による新たな治療戦略) -- (心不全診断と治療における新しい概念)

関連リンク

循環器疾患の障害. 左室駆出率. 冠動脈造影検査のとき、左心室の中に造影剤を注入 して得られる画像によって、左心室が収縮と拡張を繰り返す様子を見ることができます。 これが左室造影検査と呼ばれるもので、心機能を調べるもに役立ちます。 心臓が拡張 ...
駆出率(EF) = 1回拍出量(SV) / 拡張終期容量(EDV). 左室:左室駆出率 = SV / LVEDV x 100 ... 第87病日,心不全(駆出率37%)を認めたが,精査にて明らかな原因を 見出せず,微量栄養素欠乏が除外診断として残った.亜セレン酸Na静脈内投与及び,腸 瘻間 ...

関連画像

により、心駆出 TWAと左室駆出率での不整脈 MRI心駆出率解析 :左室駆出率の計測 MRI心臓解析(心駆出率解析


★リンクテーブル★
先読み心不全
国試過去問079B072
リンク元冠動脈バイパス術」「左室内径短縮率」「ejection fraction」「EF」「駆出分画率
拡張検索左室駆出率」「心室駆出率」「右室駆出率」「ピーク駆出率
関連記事」「駆出

心不全」

  [★]

heart failure, HF, cardiac failure CF, cardiac insufficiency

定義

  • 心臓のポンプ能が低下しているために、十分な心拍出量が得られない状態を指す (EPT.115)
  • 心筋の機能が低下し、末梢組織の酸素需要量に見合うだけの血液を駆出できなくなった状態。

分類

病期

原因

場所

病態の分類

病期分類

  • No limitation of physical activity. Ordinary physical activity does not cause undue fatigue, palpitation, or dyspnea (shortness of breath).
  • Class II (Mild)
  • Slight limitation of physical activity. Comfortable at rest, but ordinary physical activity results in fatigue, palpitation, or dyspnea.
  • Class III (Moderate)
  • Marked limitation of physical activity. Comfortable at rest, but less than ordinary activity causes fatigue, palpitation, or dyspnea.
  • Class IV (Severe)
  • Unable to carry out any physical activity without discomfort. Symptoms of cardiac insufficiency at rest. If any physical activity is undertaken, discomfort is increased.

原因

  • 虚血性心疾患、弁膜疾患、高血圧精神疾患、心筋虚血の順に多い。(IMD.790)
  • 誘因としては過労、ストレス、感染、心拍数の異常、不整脈、水分・塩分の過剰摂取がある。

増悪因子

  • ストレス
  • 感染症:頻脈→心筋酸素需要↑
  • 貧血 :心拍出量↑
  • 妊娠 :心拍出量↑、体液量↑
  • 甲状腺機能亢進症:甲状腺ホルモン(心臓のカテコラミン受容体増加)の陽性変力効果、陽性変時効果→心筋酸素需要↑
  • 血圧上昇 :圧負荷
  • 頻脈性不整脈:心筋酸素需要↑

table 9.3. 代償されている心不全において症状を誘発させる要因 PHD.240

  • 代謝的需要の増加 → 心筋が十分に収縮できなくなる
  • 発熱
  • 感染症
  • 貧血
  • 頻脈
  • 甲状腺機能亢進症
  • 妊娠
  • 循環血液量の増加 → 前負荷の増加
  • 過剰の塩分摂取
  • 過剰の水分摂取
  • 腎不全
  • 後負荷を増加させる状態
  • コントロールされていない高血圧 ←左心系
  • 肺塞栓症 ← 右心系
  • 心収縮力を低下させる状態
  • 陰性変力作用を持つ薬物
  • 心筋虚血 or 心筋梗塞
  • アルコールの摂取
  • 心不全の薬の飲み忘れ
  • 極端な徐脈

症状

左心不全 右心不全
労作時呼吸困難 経静脈怒張
発作性夜間呼吸困難 肝肥大
起坐呼吸 下腿浮腫
肺水腫 胸水
肺うっ血 腹水
湿性ラ音  
チェーンストークス呼吸

心不全の身体所見 IMD.791改変

  右心不全 左心不全
後方障害 前方障害 後方障害
自覚症状 体重増加 易疲労感 労作時息切れ
食思不振 食思不振 夜間呼吸困難
浮腫 動悸 浅眠
腹満感 乏尿 動悸
他覚症状 浮腫 頻脈 起座呼吸
肝腫大 冷汗 喘鳴
頚静脈怒張 皮膚蒼白 泡沫痰
腹水 チアノーゼ 血痰
黄疸 乏尿・無尿 チアノーゼ
チアノーゼ 血圧低下 肺野ラ音
  不穏 胸水
意識低下  
心臓の身体所見 心拡大、P2亢進 心拡大S3亢進、奔馬調律、機械的交互脈僧帽弁閉鎖不全症頻脈、脈圧低下
 
急性期症状 慢性期症状
  • 右心不全での胸水:左心不全の後方障害で起こるが、右心不全でも上大静脈圧上昇により奇静脈系が上昇して胸水貯留を認める
  • the pleural veins drain into both the systemic and pulmonary veous beds.(PHD.243)

治療

参考

  • 1. 急性心不全治療ガイドライン
2006年改訂版:[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_maruyama_h.pdf
2011年改訂版:[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_izumi_h.pdf
  • 2. 慢性心不全治療ガイドライン(2010年改訂版)
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_matsuzaki_h.pdf




079B072」

  [★]

  • ラジオアイソトープ・カウを利用するのはどれか

冠動脈バイパス術」

  [★]

coronary artery bypass grafting, CABG
coronary artery bypass CAB, coronary artery bypass graft surgery, coronary artery bypass surgery
A-Cバイパス術 A-C bypass graftingACバイパス術 AC bypass grafting
大動脈冠状動脈バイパス術 coronary aortic bypass graft aortocoronary bypass grafting ACBG
冠動脈バイパス冠動脈バイパス手術冠状動脈バイパス術冠状動脈バイパス手術
[show details]
  • 冠血行再建術
  • 冠状動脈の閉塞、狭窄に対して行われる外科的血行再建術。

適応

  • 冠状動脈に75%以上の狭窄がある場合 → この狭窄で運動すると心筋虚血に陥る
  • 左冠状動脈主幹部(LMT)に50%以上の狭窄が認められる
  • 責任冠状動脈に心筋虚血が認められる。

YN.C-78

  • 1. 左冠状動脈主幹部が50%以上の狭窄例 [show details]
  • 2. 高度な3枝病変や病変の長さが1cm以上等PCI困難例。
  • 3. 冠動脈末梢枝のrun-offが良好(径>1.5mm)であること(狭窄・不整なし)
  • 4. 左心機能として、駆出率(EF)20%以上、LVEDP20mmHg以下であるもの。
  • 5. PCI後の再狭窄。
  • 異型狭心症はCABGの対象ではない
  • DM合併例の多枝病変ではPCIよりもCABGが推奨される。

標準循環器

  • 1. 左冠状動脈主幹部病変
  • 2. 心筋虚血のある3枝病変
  • 3. CCSCのclass III及びIVの狭心症で前下行枝近位部病変を伴った1枝または2枝病変例
  • 4. 内科治療抵抗性の不安定狭心症例
  • 5. 内科治療抵抗性の心原性ショックを伴った急性心筋梗塞例
  • 6. PTCA後の急性冠閉塞により心原性ショックとなった例

ガイドライン1.より引用

  • 冠動脈造影上75%以上の狭窄があり、その灌流域の心筋虚血に対し手術効果が大きく、手術の危険性が少ない場合はよい適応となる。
  • I 適応決定に必要な項目
  • 1. 冠動脈造影による狭窄度、形態評価
  • 2. 心筋虚血の証明:方法として負荷心電図、負荷心筋シンチ、負荷心エコー図、症状などがある。
  • II 罹患枝数による適応
  • 1. 一枝病変
  • 大きな左前下行枝の近位部病変、PTCAの困難な病変形態の場合。PTCA不成功例
  • 2. 二枝病変
  • 左前下行枝近位部病変を含む場合。左前下行枝近位部病変がPTCA困難な病変形態の場合。(特に慢性閉塞性病変)危険にさらされた側副血行路の場合。
  • 3. 三枝病変
  • 原則的にはCABGの適応。
  • 4. 左主幹部病変
  • 原則的にはCABGの適応。
  • 5. その他
  • PTCA後の再狭窄を繰り返すもの。

ガイドライン

  • 1. 冠動脈疾患におけるインターベンション治療の適応ガイドライン(冠動脈バイパス術の適応を含む)―待機的インターベンション―
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2000_fujiwara_h.pdf
  • 2. 虚血性心疾患に対するバイパスグラフトと手術術式の選択ガイドライン
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_kitamura_h.pdf



左室内径短縮率」

  [★]

fractional shortening, FS
駆出率
左室が形態的にどれだけ収縮したかという指標となるので、

定義

%FS = (LVDd - LVDs ) / LVDd
LVDd:左室拡張末期経
LVDs:左室収縮末期経

基準値

LAB.1547
左室内径短縮率:≧ 30%

参考

  • 1.
http://www.jsum.or.jp/committee/diagnostic/pdf/JVM00002.PDF


ejection fraction」

  [★]

EF, 駆出分画
駆出分画, EF
redirect 駆出率
EF
EF


EF」

  [★]


駆出分画率」

  [★]

ejection fraction
駆出率駆出分画


左室駆出率」

  [★]

left ventricular ejection fraction LVEF
左室駆出分画
駆出率

基準範囲

  • ≧60% (LAB.1547)
  • ≧55% (QB.C-13)


心室駆出率」

  [★]

ventricular ejection fraction
心拍出量心室駆出分画心室拡張末期容積


右室駆出率」

  [★]

right ventricular ejection fraction, RVEF
RVEF


ピーク駆出率」

  [★]

peak ejection rate, PER


率」

  [★]

rate
  • 集団における現象発生の頻度を表す指標。全体に対する部分の割合を示す。
  • 値は0~1


駆出」

  [★]

ejectioneject
排出拍出娩出放出




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3