食胞

出典: meddic

food vacuole
ファゴソーム



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/25 10:10:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Parameciumにおけるミトコンドリア分画単離法の確立
  • 谷口 摩依,峠 千尋,槙原 尚美 [他],イシダ マサキ,谷口 摩依,峠 千尋,槙原 尚美,石田 正樹,TANIGUCHI Mai,TOUGE Chihiro,MAKIHARA Naomi,ISHIDA Masaki
  • 奈良教育大学附属自然環境教育センター紀要 (8), 1-8, 2007-03
  • … ここで、単離したミトコンドリアになんらかの不活化処理を施し、同一クローン個体へと顕微手術的に導入することによってParameciumの日食胞の形成を促すことは出来ないだろうかと考えた。 …
  • NAID 120001075474
  • 大理石骨病マウスにおけるエナメル質形成不全の微細構造学的解析
  • 飯塚 宏明
  • 昭和歯学会雑誌 25(4), 239-248, 2005-12-31
  • … メル基質が観察された.エナメル基質の残存は, エナメル質の石灰化不全に相関するものと考えられた.これに対し, 基質減形成の部位のエナメル芽細胞は細胞体の丈が短く, 細胞内に多くのライソゾーム (自家食胞) と空胞が観察され, トームス突起の形態も著しく不規則であった.以上の観察結果から, oc/ocマウスにおけるエナメル芽細胞の細胞学的特徴は能動輸送に関与する膜陥入の形成阻害とその機能抑制, また分泌細 …
  • NAID 10019605396
  • 活性酸素産生系コア蛋白質gp91phoxの高次構造の解析
  • 中村 三千男,勝部 幸輝,濱田 賢作 [他],前川 知之,高橋 慧
  • 長崎大学熱帯医学研究所共同研究報告集 17, 4-8, 2005
  • … 活性型は細胞内NADPHから細胞外(食胞内)酸素分子へ電子を1電子わたしてスーパーオキサイドをつくる。 …
  • NAID 110004716234

関連リンク

百科事典マイペディア 食胞の用語解説 - 原生動物などの固形食物をとる細胞が,食物を取り込み消化するために作る特殊な細胞小器官。食物の細胞内への摂取に伴って形成され,消化・吸収完了後細胞表面から不要物を放出して消滅 ...
膜系細胞小器官(Membranous organelles) 食胞 (food vacuole) 細胞が大きな物質を取り込み消化する過程で生じる袋状の器官である。細胞質が細胞質内に陥没し物質(外液、物体、餌等)たのち外側が閉じて形成される。この ...
ゾウリムシ ゾウリムシ ゾウリムシの食胞 1 ゾウリムシの食胞 2 ゾウリムシの食胞 3 ゾウリムの収縮胞(動画) 収縮胞の収縮回数のグラフ ゾウリムシの食胞 3

関連画像

ゾウリムシの食胞 3された食胞と青く染色された食 ゾウリムシ生細胞の細胞表層の ゾウリムシ 食胞 大きさリソソームによる食胞の消化 RESEARCH:巨大ウイルスから見える


★リンクテーブル★
先読みファゴソーム
リンク元好中球」「食作用胞」「digestive vacuole」「消化胞
拡張検索自食胞」「異食胞

ファゴソーム」

  [★]

phagosome, phagocytic vacuole
食菌空胞貪食空胞



好中球」

  [★]

neutrophil (Z),neutrophile ,neutrophils
血液血球白血球

特徴

  • マクロファージより貪食能が高い
  • 非特異的感染防御に関与
  • 寿命:1週間。(他の資料:1週間以内。血中で6-7時間,活性化時1-2日。)
  • 好中球比率(対白血球):50-60%。文献によっては50-70%
  • ケモカインによって走化能を示し、異物を貪食する
貪食食胞形成→proteolysis (lysosome: 約30種類)

分化・成熟

骨髄芽球:顆粒なし
  ↓
前骨髄球アズール顆粒出現
  ↓
骨髄球:好中球に特異な顆粒(ALPリゾチーム)が出現
  ↓
後骨髄球:核が分葉。細胞分裂(-)
  ↓
桿状核球:末梢血中に現れる�  ↓
  ↓
分葉核球:成熟細胞

顆粒

  • 特殊顆粒 (HIS.194)

成長とリンパ球・好中球数

PED.703
  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。

臨床関連

末梢血好中球数1500/μl以下 、特に500/μl以下 (定義:[1])
末梢血好中球数7500/μ以上
  • 慢性肉芽腫症:NADPH酸化酵素の異常による好中球の活性酸素産生障害をきたす疾患。常染色体劣性遺伝。
  • チェディアック・東症候群:細胞内輸送蛋白(CHS1)の調節の異常により巨大顆粒の形成、殺菌性蛋白・溶菌性酵素の食胞内放出が障害され、また好中球の遊走能が低下する疾患。常染色体劣性遺伝。







食作用胞」

  [★]

phagosomephagosomal
食胞ファゴソーム


digestive vacuole」

  [★]

食胞消化胞

phagosomalphagosome


消化胞」

  [★]

digestive vacuole
食胞


自食胞」

  [★]

autophagosome
オートファゴソーム


異食胞」

  [★]

heterophagosome
ファゴソーム




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡