顔面神経核

出典: meddic

facial nucleus (N)
nucleus nervi facialis
顔面神経




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 片側顔面痙攣の顔面神経核の興奮性亢進 : 顔面筋F波による解析
  • 石川 眞実,篠田 宗次,渡辺 英寿
  • 脳神経外科ジャーナル 19(1), 50-56, 2010-01-20
  • … れている.また,顔面神経下顎縁枝を刺激して生じた逆行性インパルスが顔面神経核から戻ってくるF波を,その支配筋であるオトガイ筋から記録すると,片側顔面痙攣では亢進している.F波のさまざまな記録解析より,片側顔面痙攣では,顔面神経核の閾値が低下し興奮性が亢進していることがわかる.この顔面神経核の興奮性亢進という概念は,片側顔面痙攣の臨床経過を,手術所見と併せ …
  • NAID 110007505138
  • 哺乳類の顔面神経核における組織形態学的比較検討(解剖学)
  • 古谷 累,杉田 昭栄
  • The journal of veterinary medical science 70(4), 367-372, 2008-04-25
  • 顔面神経核の組織形態において, 8種の哺乳類(ラット,ウサギ,フェレット,ニホンザル,ブタ,ウマ,ハナゴンドウ,ハンドウイルカ)において, Nissl, Kluver-Barrera染色ならびに渡銀染色を行い,顔面神経核を構成する亜核の分類,各亜核を構成する神経細胞の形態について比較検討を行った.内側核は全ての種で観察されたが,鯨類では発達が悪く,まばらな小型細胞で構築されていた.一方,陸棲種の内側核は非常に発 …
  • NAID 110006676854

関連リンク

顔面神経というのは狭義の顔面神経と中間神経とからなる。顔面筋の運動を司る顔面 神経核は橋の被蓋と延髄の網様体にあり、ここから起こって菱形窩の顔面神経弓へ 向かい、内膝をつくり、急に方向を変えて、橋と延髄の境に於いて、その外側縁から脳を ...
赤核からの下行性遠心路は腹側被蓋交叉で交叉し、①小脳の中位核、②三叉神経主 知覚核および脊髄路核、③顔面神経核の一 ... 脳神経核としては、三叉神経核(主感覚 核・脊髄路核・中脳路核・運動核)・顔面神経核・内耳神経核(蝸牛神経核と前庭神経核 ) ...

関連画像

 顔面神経核、前庭神経核などを顔面神経の経路と分枝Reha☆Holic ~365×24~facial2.gif (91623 バイト)運動核, 外転神経核, 顔面神経 350px-Horizontal_section_of_mibrain


★リンクテーブル★
リンク元モノアミン作動性ニューロン」「唾液核」「瞬目反射」「アブミ骨筋反射
関連記事顔面神経」「神経」「神経核」「」「顔面

モノアミン作動性ニューロン」

  [★]

monoaminergic neuron
モノアミン含有ニューロンモノアミン系ニューロン
ニューロン

脳幹のモノアミン作動性ニューロン (B.29 SP.422 SP.423(下行性入力))

  伝達物質 局在
A15 ドーパミン 嗅球糸球体周囲細胞
A14 視床下部前部
A13 不確帯
A12 弓状核(漏斗核)
A11 視床下部後部
A10 中脳腹側被蓋野
A9 黒質緻密部
A8 赤核後核
A7 ノルアドレナリン 網様体外側部
A6 青斑核
A5 顔面神経核上オリーブ核周囲。の下橋網様核(SP.423)
A4 第四脳室の直下で上小脳脚近傍
A3 下オリーブ核背側
A2 孤束核の周辺
A1 外側網様体核周辺
B9 セロトニン 内側毛帯近傍
B8 内中心角
B7 背側縫線核
B6 上中心角
B5 橋縫線核の中
B4 舌下神経前位核の背側
B3 大縫線核
B2 不確縫線核
B1 淡蒼縫線核
C3 アドレナリン 下オリーブ核外側網様体の間
C2 孤束核とその周辺
C1 背側縫線核延髄網様体腹外側領域(SP.423)


唾液核」

  [★]

salivatory nucleus
nucleus salivatorius
唾液顔面神経舌咽神経


  • 延髄網様体吻側部に散在する境界不鮮明な細胞集団。唾液や涙腺を支配する副交感神経の節前線維を出す。

唾液核


瞬目反射」

  [★]

blink reflex, blinking reflex
reflexus nictitanis
まばたき反射眼瞼反射 palpebral reflex眼輪筋反射 orbicularis oculi reflex閉瞼反応 lid closure reaction

概念

  • 角膜や目の周辺にものが触れると眼瞼が閉じる反射

反射弓?


アブミ骨筋反射」

  [★]

アブミ骨筋反射検査アブミ骨

反射弓


顔面神経」

  [★]

facial nerve
nervus facialis
第VII脳神経, 第七脳神経, 第7脳神経, CN VII, cranial nerve VII, seventh cranial nerve
中間神経脳神経
  • 図:N.117(全体) N.108,111,112(脳幹から出るところ)
  • 特殊感覚性と臓性運動性の線維は中間神経として顔面神経から分かれて脳幹から出ている (KL.648)
一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞 ○-< 節後ニューロン 分布と機能
中枢神経外 中脳 延髄 脊髄
          膝神経節           外耳道皮膚の感覚
          膝神経節           の2/3,口腔底、口蓋味覚
                  翼口神経節、顎下神経節 副交感神経顎下腺舌下腺涙腺、鼻と口蓋の腺
                    支配筋:顔の表情筋中耳アブミ骨茎突舌骨筋、顎二腹筋の後腹、広頚筋

由来

支配

走行

枝 (KL.649, N.117)

頭蓋からの出口

臨床関連



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


神経核」

  [★]

nucleus
nerve nucleus
神経節大脳基底核



核」

  [★]

nucleus, nuclei
細胞核
細胞



顔面」

  [★]

face




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3