頻度依存性ブロック

出典: meddic

frequency-dependent block
使用依存性ブロック use-dependent block



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗真菌薬D0870を投与したイヌに認められた逆頻度依存性QT延長
  • 松永 敏之,原田 拓真,平田 善三,三井 雄史,村野 弘行,澁谷 靖義
  • The journal of veterinary medical science 62(5), 491-497, 2000-02-25
  • … 活動(triggered activity)により惹起された可能性を示唆している.一方, 徐脈依存性・非持続性TdPは典型的な"short-long-short"パターンを示しているので, 早期後脱分極から惹起されたのかもしれない.さらに, in vitroの実験結果から, D0870投与によるQT延長はin vivoの結果と同様に逆頻度依存性ブロック(reverse use-dependent block)を示し, さらに, D0870は早い遅延整流K電流(Ik_r)のみならず, L型Ca電流(I_<Ca-L>をも抑制することが示唆された.) …
  • NAID 110003920349
  • TTXのヒト単一心筋細胞の頻度依存性ブロック : 日本循環器学会第90回東海地方会
  • 榊原 有作,佐伯 知昭,矢島 和裕,鈴木 賢治,山田 彰,神野 靖也,早野 順一郎,奥田 宣明,藤浪 隆夫,Singer DH
  • Japanese Circulation Journal 58(SupplementIII), 872, 1994-09-20
  • NAID 20006569844

関連リンク

学位論文審査の要旨 学位論文題名 ´ふ筋Naチャネルのフイルター領域はイオン選択性と ともに抗不整脈薬の薬物動態もコントロールする ―特発性心室細動変異チャネルを用いた解析― 膜電位依存性Naチャネルは静止、活性化およぴ ...
13 (不整脈薬物治療に関するガイドライン、JCS2004より) 心房筋、心室筋どちらにも 作用あり。活動電位の短い心房筋には 効かない。14 ①状態依存性チャネル遮断 ・薬物効果は、fast drugではすぐに定常状態となるが、slow drugでは時間 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みuse-dependent block
リンク元使用依存性ブロック」「frequency-dependent block
関連記事依存」「頻度」「依存性」「ブロック」「

use-dependent block」

  [★] 使用依存性ブロック


使用依存性ブロック」

  [★] 頻度依存性ブロック


frequency-dependent block」

  [★] 頻度依存性ブロック


依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


頻度」

  [★]

frequencyincidence
回数出現率振動数発生率周波数度数発生頻度


依存性」

  [★]

dependencydependent
依存依存的依存型依存度


ブロック」

  [★]

block, Bloch
遮断阻止封鎖


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3