靭帯

出典: meddic

ligaments, ligament
ligamenta, ligamentum
[show details]


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/07 13:30:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 下血を契機に発見された潰瘍を伴う多発小腸憩室症の1例
  • 横田 恭之,橋本 真一,柴田 大明,播磨 郷子,坂井田 功
  • 山口医学 62(1), 39-42, 2013-02-01
  • … た.腹部骨盤造影CT検査では消化管内への造影剤の漏出はなく,空腸に憩室が認められたため,精査目的にて経口的シングルバルーン小腸内視鏡検査が施行された.胃十二指腸および空腸に多発する潰瘍と空腸Treiz靭帯近位に憩室内潰瘍が認められた.ジクロフェナクを常用されており,NSAIDs関連腸管粘膜障害が考えられた.憩室内には腸管内容物が貯留しやすく,高濃度のNSAIDsが憩室内に停滞したことが,憩室内に粗大な潰瘍を形 …
  • NAID 120005246295
  • 空腸憩室穿孔による汎発性腹膜炎の1例
  • 辻 孝,地引 政晃,久野 博[他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 87(4), 304-308, 2012-12-25
  • … トライツ靭帯より30cmの空腸腸間膜側に膿瘍形成を認め、同部が穿孔して汎発性腹膜炎を生じていた。 …
  • NAID 110009555672

関連リンク

靭帯(じんたい)は、強靭な結合組織の短い束で、骨と骨を繋ぎ関節を形作る。主成分は 長い ... 関節包靭帯は関節包の一部となって関節を包み、機械的な強度を増すのに 役立っている。関節包外靭帯は骨と骨の剥離を防ぎ、関節を安定させる役割を持って いる。
靭帯損傷(じんたいそんしょう)は靭帯が外力などにより、損傷を受けた状態である。代表 的なものとして、膝関節の十字靭帯断裂(じゅうじじんたいだんれつ、英:rupture of cruciate ligament、独:Rupture der Kreuzbänder)がある。これは、膝関節にある前 十字 ...

関連画像

前 十字 靭 帯 と は 膝 の 中 に 膝前十字靭帯(ACL)再建術 腸脛靭帯2膝の 構造図 。つの足関節外側靭帯ために必要な主要4つの靭


★リンクテーブル★
先読みligament
国試過去問107C014
リンク元坐骨棘」「橈骨輪状靭帯」「小指外転筋」「足底靭帯」「副靭帯
拡張検索前距腓靭帯」「仙棘靭帯」「関節上腕靭帯」「内側弓状靭帯
関連記事

ligament」

  [★]

WordNet   license wordnet

「any connection or unifying bond」

WordNet   license wordnet

「a sheet or band of tough fibrous tissue connecting bones or cartilages or supporting muscles or organs」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「靱帯(じんたい)(骨と骨を結びつてけ関節の動きを調節する)」


107C014」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107C013]←[国試_107]→[107C015

坐骨棘」

  [★]

ischial spine, ischiadic spine
spina ischiadica, ossis ischii
尾骨筋梨状筋大坐骨孔仙棘靭帯仙結節靭帯寛骨


付着する筋・靭帯

臨床関連

  • 産科:分娩の進行を見るために用いる。児頭の固定(-2~-1)から児頭の嵌入(0~+3)に至まで(~第2回旋の進行中。濶部)は触れることができるが、坐骨棘を触れなくなるころにはSP +3~+4となり児頭最大通過面は濶部から峡部にある。SP+4では坐骨棘が触れなくなり、児頭最大通過面は峡部に達し、矢状縫合は骨盤前後径に一致し、第2回旋は終了する。(G10M.214)


橈骨輪状靭帯」

  [★]

anular ligament of radius (M,N,K), annular ligament (KH), anular ligament (M,KL)
橈骨
  • 図:M.448
  • 橈骨頭をぐるっと取り巻くように輪走する靭帯

機能


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


小指外転筋」

  [★]

abductor digiti minimi (KL, K) ADM, abductor digiti minimi muscle of hand
手の筋小趾外転筋小指球筋

起始

停止

神経

機能

足底靭帯」

  [★]

planter ligament
  • 図:M.368


副靭帯」

  [★]

accessory ligament
靭帯

前距腓靭帯」

  [★]

anterior talofibular ligament
踵腓靭帯距骨腓骨

概念

臨床関連

  • 内反位での激しい捻挫により、外側靭帯が切れることがある。外側靭帯のうち切れやすいのは前距腓靭帯踵腓靭帯である。 (M.363)

外側靭帯

  • 外側靭帯


仙棘靭帯」

  [★]

sacrospinous ligament (M,K)
ligamentum sacrospinale
陰部神経管仙骨坐骨棘


関節上腕靭帯」

  [★]

glenohumeral ligaments (K)
glenohumeral ligament
glenohumeral ligament
glenohumeral ligament


内側弓状靭帯」

  [★]

medial arcuate ligament (K)


帯」

  [★]

bandzone
cingulumzonazonae
ゾーン帯域帯状疱疹バンドバンド形成地帯




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡