非脱分極性遮断薬

出典: meddic

非脱分極性筋弛緩薬

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

臭化ベクロニウム、臭化パンクロニウム: 神経筋接合部 (NMJ) におけるアセチルコリン 受容体を遮断する、非脱分極性筋弛緩薬。 A型ボツリヌス毒素: 神経筋接合部において 、神経末端からのアセチルコリン放出を遮断する。眼瞼痙攣や ...
2007年7月31日、麻酔用筋弛緩薬のロクロニウム臭化物(商品名:エスラックス静注1 %)が製造承認を取得した。薬価収載後に発売される見込みである。適応は「麻酔時の 筋弛緩、気管挿管時の筋弛緩」である。 筋弛緩薬には、「中枢性筋弛緩薬」と「末梢性筋 ...

関連画像

アロステリック酵素や


★リンクテーブル★
リンク元非脱分極性筋弛緩薬」「神経筋接合部遮断薬」「脱分極性遮断薬
関連記事」「遮断」「脱分極」「遮断薬」「非脱分極性

非脱分極性筋弛緩薬」

  [★]

nondepolarizing muscle relaxant non-depolarizing muscle relaxant
競合的神経筋遮断薬 competitive neuromuscular blocker競合的筋弛緩薬 competitive muscle relaxant非脱分極性神経筋遮断薬 non-depolarizing neuromuscular blocker非脱分極性遮断薬 nondepolarizing blocking drugsクラーレ様作用薬 curarimimeticクラーレ様物質
脱分極性筋弛緩薬筋弛緩薬、Train of four monitor、脱分極性遮断薬神経筋接合部遮断薬
[show details]


  • ニコチン性アセチルコリン受容体にアセチルコリンと競合的に結合することで、アセチルコリンの受容体結合を阻害
  • 脱分極させることなく、アセチルコリンと競合してアセチルコリン結合部位への結合を妨げる。
  • 重症筋無力症の場合、(競合してAch受容体を奪うため)少量の非脱分極性筋弛緩薬でも筋弛緩が出現 (SPC.169)

拮抗薬


神経筋接合部遮断薬」

  [★]

neuromuscular junction blocker
脱分極性筋弛緩薬筋弛緩薬
アセチルコリンと競合的にアセチルコリン受容体に結合することで阻害する。
受容体と結合して脱分極してこれが持続、さらに筋弛緩剤を作用させることで再分極後も筋弛緩が継続

脱分極性遮断薬」

  [★]

depolarizing blocking drugs
非脱分極性遮断薬神経筋接合部遮断薬
効きが早く、持続時間が長い
  • 1-2分程度の筋攣縮がおき、Na+チャネルが不活化される (第I相遮断)


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


遮断」

  [★]

blockblockadeturn offblock
阻害阻止封鎖ブロックオフにする

脱分極」

  [★]

depolarization
再分極閾膜電位過分極






遮断薬」

  [★]

blocker, blockers
アンタゴニスト


非脱分極性」

  [★]

nondepolarizingantidepolarizing



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡