非ステロイド系抗炎症薬

出典: meddic

非ステロイド性抗炎症薬

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/02 23:48:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 牛の疼痛管理
  • 小久江 栄一
  • 家畜診療 = Journal of livestock medicine 59(10), 579-585, 2012-10-00
  • NAID 40019456281
  • 非ステロイド系抗炎症薬の新しい薬理効果とその分子機構

関連リンク

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs) Non-Steroidal Anti-Inhlammatory Drugs 末梢(痛みの発生部位)に発生した炎症を抑えたり、中枢(脳の視床下部)に働いて熱を下げる作用のある薬です。 ...
非ステロイド外用薬・その他 非ステロイド系抗炎症剤、保湿剤、基剤などの種類がありますが、いずれもステロイドや抗アレルギー薬以前のコントロールとして用います。(プロトピックは別格です) ステロイドがあまりに注目され ...

関連画像

非ステロイド性抗炎症薬 (非ステロイド系抗炎症薬ステロイド系抗炎症薬の画像 p1 非ステロイド系抗炎症薬 ステロイド系抗炎症薬の画像 p1 ステロイド系抗炎症薬の画像 p1


★リンクテーブル★
リンク元ケトプロフェン」「非ステロイド抗炎症薬」「非ステロイド系消炎薬」「非ステロイド消炎鎮痛薬」「非ステロイド性消炎鎮痛剤
関連記事炎症」「ステロイド系抗炎症薬」「」「抗炎症」「抗炎症薬

ケトプロフェン」

  [★]

ketoprofen
3-benzoyl hydratropic acid
アネオールエパテックオルヂスカピステンケトタックス ケトプロフェンセクタータッチロンパッペンパテルフレストルミルタックスメジェイドメナミンモーラスモーラステープライラリフェロンレイナノンロマール
非ステロイド系抗炎症薬、プロピオン酸系


  • 貼り薬:経皮吸収性に優れる。光過敏性皮膚炎を起こしやすいので、光が当たる部位への使用を避け、連用を避ける様にする。


非ステロイド抗炎症薬」

  [★]

nonsteroidal antiinflammatory drug
非ステロイド性抗炎症薬非ステロイド消炎鎮痛薬非ステロイド系抗炎症薬非ステロイド系消炎鎮痛薬非ステロイド系消炎薬非ステロイド性消炎鎮痛薬非ステロイド性消炎鎮痛剤


非ステロイド系消炎薬」

  [★]

nonsteroidal antiinflammatory drug
非ステロイド性抗炎症薬非ステロイド消炎鎮痛薬非ステロイド系抗炎症薬非ステロイド抗炎症薬非ステロイド系消炎鎮痛薬非ステロイド性消炎鎮痛薬非ステロイド性消炎鎮痛剤


非ステロイド消炎鎮痛薬」

  [★]

nonsteroidal antiinflammatory drug
非ステロイド性抗炎症薬非ステロイド系抗炎症薬非ステロイド抗炎症薬非ステロイド系消炎鎮痛薬非ステロイド系消炎薬非ステロイド性消炎鎮痛薬非ステロイド性消炎鎮痛剤


非ステロイド性消炎鎮痛剤」

  [★]

nonsteroidal antiinflammatory drug
非ステロイド性抗炎症薬非ステロイド消炎鎮痛薬非ステロイド系抗炎症薬非ステロイド抗炎症薬非ステロイド系消炎鎮痛薬非ステロイド系消炎薬非ステロイド性消炎鎮痛薬


炎症」

  [★]

inflammation
炎症反応 inflammatory reaction
  • 急性炎症による有害な刺激物が除去され組織が修復されるが、障害が続けば慢性炎症となる。

主徴 (BPT.32)

原因

  • 病原微生物の感染
ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、原虫、寄生虫
  • 外傷
  • 物理的刺激
日光、放射線物質、電気的刺激、摩擦
  • 化学的刺激
酸・アルカリ
  • 壊死物
  • 異物
  • 免疫学的な刺激(アレルギー、自己免疫疾患)

分類

  • 急性 acute
比較的短期間で終了し滲出と好中球浸潤が主体
  • 亜急性 subacute
  • 慢性 chronic
長時間持続し、組織増殖とリンパ球・組織球浸潤が主体
  急性炎症 慢性炎症
概要 滲出性病変が主体 増殖性変化が主体
経過 急性・一過性 遷延性・潜行性
血管 血管透過性亢進 血管新生
間質組織 充血・浮腫 線維芽細胞・血管・間質結合組織の増生
浸潤細胞 好中球→マクロファージ→リンパ球

急性炎症 (BPT.33)

  • vascular change
vasolilation
increased vascular permeability
  • cellular events
cellular recruitment and activation

慢性炎症

ステロイド系抗炎症薬」

  [★]

steroidal anti-inflammatory drugsteroidal antiinflammatory drug
ステロイド薬ステロイド系消炎薬ステロイド剤ステロイド系抗炎症剤ステロイド系消炎剤


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



抗炎症」

  [★]

antiinflammationanti-inflammatoryantiinflammatory
抗炎症性抗炎症薬消炎消炎性


抗炎症薬」

  [★]

anti inflammatory drug, anti-inflammatory drugs
anti phlogistica
消炎薬 antiphlogistics





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡