静的立位時運動失調

出典: meddic

static ataxia, major ataxia
平衡障害体幹運動失調



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

10名,平均年齢21.1歳を対象に,静的立位時の 重心動揺と頭部体幹の動揺範囲を重心計と3次 北海道大学医療技術短期大学部理学療法学科 *ボバース記念病院リハビリテーション科 **札幌市立病院理学診療科 ...
416. 小脳性運動失調患者の静的立位バランスについての一考察 沢近 房和 住之江病院理学療法科 池本 秀治 住之江病院理学療法科 米田 稔彦 大阪大学医学部附属病院理学療法部 淵岡 聡 大阪大学医学部附属病院理学療法部 林 義孝

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み平衡障害
リンク元体幹運動失調
関連記事運動失調」「立位」「失調」「静的

平衡障害」

  [★]

equilibrium disturbance, dysequilibrium
前庭機能障害 vestibular dysfunction



体幹運動失調」

  [★]

truncal ataxia
運動失調協調不能協調障害感覚性運動失調四肢失調協調不全運動失調症
体軸筋協働収縮不能静的立位時運動失調平衡障害

定義

  • 体幹部の運動失調



運動失調」

  [★]

ataxia
協調運動障害 incoordination
[[]]

定義

  • 筋の麻痺などがないにもかかわらず、協調運動が障害されるために運動がうまく行えないこと

分類

部位

  • 1. 深部感覚障害(脊髄後索型、脊髄後索性)(脊髄性失調)
  • 深部感覚の伝導路の障害
  • 2. 小脳性運動失調(小脳失調)
  • 小脳、および小脳への入力系および出力系の障害による協調運動障害。
ex. dentatorubrothalamic tract
  • 3. 前庭迷路系の障害(前庭性失調)
  • 起立や歩行に対する平衡障害が中心で、四肢の運動は障害されない。
  • 4. 前頭葉性失調

情報の伝達方向

  • 1. 小脳の求心路(末梢神経から脊髄後索、前庭迷路系)
  • 2. 小脳
  • 3. 小脳からの遠心路

小脳性運動失調と脊髄性運動失調の鑑別

  小脳性運動失調 脊髄性運動失調
深部感覚障害
Romberg徴候
ジスメトリー 最後には目標物に達する  
振戦 企図振戦 粗大振戦
歩行 酩酊様歩行 踵打歩行
言語障害 構音障害
眼振



立位」

  [★]

standing position, erect position


立位と臨床検査

  • 立位になると、下肢の毛細血管圧が上昇し、血管外に移動できる物質が移動し、血管外に移動できない物質の見かけの濃度が上昇する。直径4nm以上の物質は血管から細胞内に移行できない(参考2)とされている。
  • 立位で濃度が上昇する検査項目にはLDHALP総蛋白総コレステロール中性脂肪ヘモグロビン好中球血小板がある。(参考1)

参考

  • 1.
[display]http://www.kitano-hp.or.jp/section/kensa/cl_comedfaq.html
  • 2.
[display]http://shinryomatrix.net/ReferenceData/yuragi.aspx

失調」

  [★]

ataxia
運動失調失禁 incontinenceincontinent失調症

概念

  • loss of coordination of the muscles
  • 円滑に行われるべき運動行為が円滑に行えない状態



静的」

  [★]

staticstatically




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡