随意排尿

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 球海綿体反射を用いた横紋筋性尿道括約筋の筋電図学的研究 : 正常随意排尿と不随意括約筋弛緩の検討
  • 海法 康裕,浪間 孝重,内 啓一郎,中川 晴夫,相沢 正孝,折笠 精一
  • 日本泌尿器科學會雜誌 90(12), 893-900, 1999-12-20
  • … 空虚時と随意排尿時のそれぞれに,陰茎背神経を電気刺激し,尿道周囲横紋筋から導出したBCR-EPを測定した.つぎに,不随意の括約筋弛緩(IVSR:involuntary sphincter relaxation)を伴う神経因性膀胱男性3例について,IVSRによる尿失禁時と排尿意図下の尿排出時にBCR-EPを測定し,随意と不随意の括約筋弛緩時の仙髄反射活性の違いについて検討した.(結果)正常例では膀胱空虚時に安定したBCR-EPを認め,随意排尿時に消失 …
  • NAID 110003089139
  • 排尿筋の筋電図に関する研究 : 膀胱内圧曲線と筋電図の同時記録による検討
  • 高岩 正至,深谷 保男,野口 雅継,伊東 賢二,小林 正人,白岩 康夫
  • 日本泌尿器科學會雜誌 75(3), 496-502, 1984
  • … 次に、膀胱内圧曲線の、(a)努責時の膀胱内圧の上昇程度、(b)膀胱壁complianceの大小、(c)不随意排尿の有無、に基づき個々の対象を正常群と異常群の2群に、又は正常群、異常群と中間群の3群にグルーブ分けした。 …
  • NAID 110003082299

関連リンク

28試薬会誌 Vol.38 October.2012 3. 小児の蓄尿/排尿障害 大半の小児は3~4歳で排尿調節が完成してト イレでの随意排尿が可能になる。10歳を過ぎて も尿失禁/便失禁が存続する患児には排尿機能 を調べるためのUDSが必要になる。
(目的)球海綿体反射の誘発電位反応(BCR-EP:evoked potential of bulbocavernosus reflex)を用いて,尿排出時(横紋筋性尿道括約筋の弛緩時)の仙髄反射活性の検討を試みた.(対象と方法)正常男性17例を対象にして,膀胱空虚時と随意排尿時の ...

関連画像

Ⅱ 水は命を守る、限りある 脊髓马尾受累应该做什么检查 おしっこを我慢するときは陰部 孩子老尿床是遗尿症吗?我该


★リンクテーブル★
関連記事尿」「随意」「排尿

尿」

  [★]

urine
urina
尿浸透圧尿量


臨床関連

尿中への代謝物質の異常排出

尿の色

決定する要素:ウロビリノゲンヘモグロビンミオグロビンなど


随意」

  [★]

facultativevolitionaloptionalelective
偶発性、選挙、選択通性任意オプション待期的

排尿」

  [★]

micturition, urination, miction
排尿機構排尿筋





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡