間脳下垂体系

出典: meddic

和文文献

  • 間脳下垂体腫瘍術後のホルモン補充療法(<特集>間脳下垂体腫瘍の治療)
  • 東條 克能
  • 脳神経外科ジャーナル 19(9), 672-680, 2010-09-20
  • 間脳下垂体系は内分泌系の司令塔であり,生体の内部環境の恒常性の維持にきわめて重要な役割を担っている.間脳下垂体腫瘍の術後には,部分的下垂体機能低下症から汎下垂体機能低下症まで,多彩なホルモン欠落症状が出現し,各種ホルモンの補充を必要とする.ホルモンの補充療法は,GHやゴナドトロピンを除き,原則として標的内分泌腺のホルモンの補充を行うが,特に副腎皮質ステロイドホルモンと甲状腺ホルモンの補充 …
  • NAID 110007686946
  • 間脳下垂体系 : b. 下垂体後葉
  • 田原 重志,石井 雄道,寺本 明
  • ホルモンと臨牀 55, 10-17, 2007-05-10
  • NAID 10019499329

関連リンク

下垂体は、脳とともに、硬膜に包まれており、脳の腹側に接している。視交叉の後方、間 脳の視床下部に接する位置にある。下側は、頭蓋骨の蝶形骨に接する。ヒトなどの蝶形 骨には、下垂体がちょうどはまり込むようなくぼみがあり、これはトルコ鞍と呼ばれる。
間脳下垂体系 [英]diencephalohypophyseal system [独]Zwischenhirn-Hypophysen -System [仏]systeme diencephalo-hypophysaire 川村光毅のホームページへ. “精神 医学事典”、加藤正明、保崎秀夫ほか編集、1975,弘文堂 より(その後1993に新版) ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事間脳」「下垂体」「」「体系

間脳」

  [★]

di 分離、二の、二重の
interbrain
diencephalon (KH)

発生過程

間脳より発生する構造

  • thalamus, hypothalamus, epithalamus, subthalamus, posterior lobe of the pituitary, and neural retina (KAPLAN STEP 1 Q BOOK p.54)

解剖学

--視床下溝--


下垂体」

  [★]

pituitary gland (Z), hypophysis (Z)
glandula pituitaria
脳下垂体
  • 図譜では矢状断のものしか載っていないが、前頭断で見ると意外に横に長い、みたい。

発生学(L.413)

  • 胎生第4週に下垂体前葉と下垂体後葉が接する。Rathke嚢の細胞は、活発に分裂して前葉を形成し、内腔は殆ど閉鎖する。成人ではコロイドを満たした小嚢胞として前葉と後葉の間に認められる。


画像

  • MRI T1:(高信号)下垂体後葉 > 下垂体前葉   ←  脂肪濃度を反映しているのですかね?軸索が多いでしょ?




系」

  [★]

一連菌株緊張系統系列シリーズ歪み連続システム体系体制方式筋挫傷

体系」

  [★]

system
システム体制方式




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡