針反応

出典: meddic

needle reaction
ベーチェット病



  • 皮膚を針で刺すと膿疱ができる。皮膚の被刺激性、好中球機能過剰による。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 消化器症状を契機に3D-CTアンギオグラフィにより診断確定した腎梗塞合併古典的結節性多発動脈炎の一男児例
  • 佐野 史絵,宮前 多佳子,中岸 保夫,木下 順平,小澤 礼美,今川 智之,森 雅亮,朝山 雅子,横田 俊平
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 31(5), 415-421, 2008-10-31
  • … けて多発性の深掘型潰瘍の所見を得て腸管ベーチェットが疑われた.しかし,その病理組織所見は非特異的で,口内アフタ性潰瘍や外陰部潰瘍の既往はなく,結節性紅斑,関節炎などもなく,ブドウ膜炎,針反応も認めないため,ベーチェット病の診断には至らなかった.検査所見ではCRPの上昇,赤沈値の亢進,FDP-Eとフィブリンモノマーの軽度上昇を認め血管炎を想定したが確診には至らず,炎症部位を特定するた …
  • NAID 10024961486
  • 症例報告 骨髄異形成症候群経過中にカテーテル刺入部に初発したneutrophilic dermatosisの1例
  • 端本 宇志,高山 かおる,佐藤 貴浩 [他]
  • 臨床皮膚科 62(2), 139-142, 2008-02
  • NAID 40015847693
  • 針反応陽性であった Sweet 病の1例
  • 内野 ゆり,神田 彰,児浦 純義 生
  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 63(5), 505-508, 2001-10-01
  • NAID 10019144548

関連リンク

身体的な検査では、無菌の針を皮膚に刺すとそこに発赤が生じときに膿がたまってくる「針反応」がおき、比較的ベーチェット病に特異的な所見です。通常、外来ではあえてこの検査を行わず採血のあとの針をさした後の状態を観察 ...
また、ベーチェット病の患者さんでは「針反応」が陽性になります。 *針反応試験の実施法:注射針を前腕屈側面の皮膚および皮下組織に刺して、48時間後、穿刺部位に紅斑性丘疹または膿疱(直径>2mm)を認めれば陽性と判定 ...
針反応とは皮膚に針を刺すと48時間後には発赤が出現する現象のことです。症状が著しい場合には中央に膿などを伴うことがあります。ベーチェット病の約40パーセントの人がこの針反応を起こすことからベーチェット病の診断によく ...

関連画像

anonymous 05 25 13 sat 23 15 no 10939898 US PROBE MINES 米軍 地雷探針 放出 maxresdefault.jpg着てるのに女の子からの反応 サシは上下に針を掛けて半分こ4


★リンクテーブル★
国試過去問095G025」「110C024」「104B042」「108E013」「109B023」「105I020」「103I040」「095A086」「097B049
リンク元ベーチェット病
関連記事反応

095G025」

  [★]

  • 18歳の女子。肛門部痛を主訴に来院した。6か月前から37℃前後の発熱が時折出現するようになり近医を受診したが原因不明であった。2週前から口内炎、肘関節痛および肛門部痛が出現し、体重も2kg減少した。来院時、体温37.6℃。右下腹部に圧痛を伴う腫瘤を触知する。肛門周囲に瘻孔と腫脹とが存在し、圧迫で排膿を認める。血液所見:赤沈48mm/1時間、赤血球310万、Hb 9.1g/dl、白血球9,800、血小板51万。CRP6.8mg/dl(基準0.3以下)。
  • 診断確定に有用な検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095G024]←[国試_095]→[095G026

110C024」

  [★]

  • 52歳の女性。頭皮と両耳介の皮疹とを主訴に来院した。数日前に染毛剤を使用した。同時期にシャンプーも変更したという。頭皮と両耳介とに痒みを伴う皮疹を認める。耳介部の写真(別冊No. 3)を別に示す。
  • この皮疹の原因検索に有用な検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 110C023]←[国試_110]→[110C025

104B042」

  [★]

  • 26歳の女性。看護師。両側頭部の皮疹を主訴に受診した。1年前から両側頭部に痒みを伴う帯状の紅色の皮疹が出現した。休暇中は軽快したが、仕事を再開すると再燃した。左側頚部の写真(別冊No.4)を別に示す。
  • 診断に最も有用なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104B041]←[国試_104]→[104B043

108E013」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108E012]←[国試_108]→[108E014

109B023」

  [★]

  • 皮膚検査の陽性所見の写真(別冊No. 1)を別に示す。この検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109B022]←[国試_109]→[109B024

105I020」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105I019]←[国試_105]→[105I021

103I040」

  [★]

  • 足底に生じた黒色斑の診断に有用なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I039]←[国試_103]→[103I041

095A086」

  [★]

  • アレルゲン検索に用いられないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A085]←[国試_095]→[095A087

097B049」

  [★]

  • 紫斑の診断に用いる検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097B048]←[国試_097]→[097B050

ベーチェット病」

  [★]

Behçet disease, Behcet disease, Behcet's disease
ベーチェット症候群 Behcet syndrome, (国試)Behcet病

概念

  • 難病であり、特定疾患治療研究事業の対象疾患である。
  • 急性の炎症が反復し、増悪と寛解を繰り返す慢性疾患であり、繰り返す口内アフタが特徴的である。その他、性器潰瘍、皮膚病変、眼病変、神経病変、血管病変、消化管病変、関節病変を伴う。全身の血管(動静脈)にそのサイズに関係なく炎症を起こすのが特徴的である(参考2)。

病因

  • 遺伝要因(HLA-B51)と環境要因が発症に関与。

疫学

  • 20歳代に初発。中年男性では多発する。日本人に多い。(NDE.145)

症状

特殊型は予後が悪い。

主症状:4主徴

  • 1. 口腔内アフタ性潰瘍:ほぼ全例に出現。初発症状で最多。口腔粘膜、舌。有痛性。再発性。
  • 2. 陰部潰瘍:70-80%に出現。有痛性の深い潰瘍。男性は陰嚢、女性は大小陰唇。
  • 3. 皮膚症状:下腿に好発する結節性紅斑。毛嚢炎様皮疹。血栓性静脈炎(高頻度らしい(NDE.145))など。  皮膚症状の出現頻度は90%(QB.F-147)
  • 4. 眼症状:40-50%。男性に多い。網膜ぶどう膜炎虹彩毛様体炎(前眼房蓄膿)。霧視羞明、眼痛。

副症状

  • 5. 関節症状:関節炎症状(腫脹、疼痛)。大関節に多く、骨の破壊や変形は起きない傾向。
  • 6. 精巣上体炎:10%以下。腫脹と疼痛。

特殊型

  • 7. 消化器症状:回盲部潰瘍。回盲部を中心とした腹痛、下痢、黒色便など。腸Behcet病
  • 難治性のことが多い。
  • 8. 血管炎症状:大血管の動脈瘤や閉塞。脈拍や血圧の左右差。脳、腎などの循環障害症状。無症状の場合もありうる。血管Behcet病
  • 9. 中枢神経症状:髄膜炎症状から、四肢麻痺、痙攣、運動失調、精神症状の出現など。神経Behcet病

ベーチェット病による血管疾患

参考1
  • 728名のベーチェット病患者における血管疾患
疾患名 患者数
静脈疾患 深部静脈血栓症 221
皮下血栓性静脈炎 205
上大静脈閉塞 122
下大静脈閉塞 93
脳静脈洞血栓症 30
バッド・キアリ症候群 17
その他の静脈閉塞 24
動脈疾患 肺動脈閉塞/肺動脈瘤 36
動脈瘤 17
四肢動脈閉塞/四肢動脈瘤 45
その他の動脈閉塞/動脈瘤 42
右室血栓症 2

検査

  • 針反応:皮膚を針で刺すと膿疱ができる。皮膚の被刺激性、好中球機能過剰による

診断

治療

  • 眼症状
  • 前部ぶどう膜炎:ステロイド点眼、散瞳薬
  • 後部ぶどう膜炎:ステロイド結膜下注射/テノン嚢下注射
  • 眼炎症予防:コルヒチン、炎症が起きればNSAIDを用いる。
  • 難治例ではシクロスポリンを投与、インフリキシマブ投与


症例

  • 35歳男性。発熱、関節痛を認める。今までに皮膚に結節性潰瘍、陰部潰瘍が繰り返し出現し、最近、右眼の霧視が出現したため来院。

参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations and diagnosis of Behçet’s disease - uptodate [1]
  • 2. [charged] Pathogenesis of Behçet’s disease - uptodate [2]
  • 3. [charged] Treatment of Behçet’s disease - uptodate [3]
  • 4. ベーチェット病 - 難病情報センター
http://www.nanbyou.or.jp/entry/330




反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9下壁梗塞8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12エストロゲン インスリン グリコーゲン7
13鶏卵大+大きさ7
14Frequency of Manual Blowdown mail7
15brom+tech+心臓6
16+白衣を着る理由 看護師 原著6
17セリンプロテイナーゼ6
18プロステーシス+整形外科6
19体幹ギプス固定 画像6
20十二指腸係蹄とは5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1先天性肛門狭窄2
2Suen Zhang suenzhang@gmail.com mail2
3Peliosis+hepatitis+肝臓紫斑病2
4ジャテーン手術2
5皮髄境界不明瞭2
6ピーエヌツイン+ 配合変化++2
7無鉤条虫+頭部2
8ナボット卵2
9CATTLE BLEEDING LINE mail2
10CATTLE SKIN DEHIDER mail2
11線維腫症+fibromatosis2
12施行規則+学校教育法2
13部分交換輸血とは2
14wannsinnkeisou+2
15閉鎖へるにあ2
16肝細胞逸脱酵素2
17cheese cutter machine manufactures Co. ltd@email address mail2
18ボルグスケール+看護1
19ムコイド 肺炎球菌 中耳炎1
20グルカゴン負荷1