針刺し事故

出典: meddic

needle-stick injury, needle stick injury, needle stick accident


針刺し事故の対処

  • 1.共通処理
  • 針刺しをした場合はすぐに大量の流水で血を絞り出すようにして傷口をよく洗い流し、つぎに消毒薬で消毒する。創傷面はポビドンヨードで消毒する。
  • 2. 既往歴・ワクチン歴の問診
  • 3. ワクチンの接種、γグロブリン製剤・抗ウイルス薬の投与

針さし・切創対策

  • 院内マニュアル的なもの
病原体 感染率(1) 感染率(2) 感染率(3)
HBV 20-40% 30% 約30%
HCV 1.2-10% <5% 3.5~5.0%
HIV 0.1~0.4% 0.3% 0.3~0.4%
1:院内感染予防対策ハンドブック--厚生省保健医療局監修
2:不明
3:SUB12.304

病原体別

B型肝炎ウイルス

  • 事故者の抗原、抗体(HBs抗体(-))が陰性の場合、48時間以内の早い時期に抗HBsヒト免疫グロブリンを接種する。そしてHBワクチンを接種する。

C型肝炎ウイルス

  • 肝機能のモニタリングを継続し、発症した段階で治療を行う。

HIV

  • 事故後、なるべく早期(2時間以内)に抗HIV薬の予防内服を開始。4週間予防内服する。

参考

  • 1. 針刺し事故の予防と対策 飯野四郎 日医雑誌第127巻・第3号/平成14(2002)年2月1日
[display]http://www.med.or.jp/anzen/innai/harisasi.pdf
  • 2. 針刺し事故対応マニュアル
[display]http://www.city.hiroshima.med.or.jp/hma/archive/needle.pdf


国試


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 医療機関内におけるHBV感染・汚染事故とその予防対策 (新時代のウイルス性肝炎学--基礎・臨床研究の進歩) -- (B型肝炎ウイルス感染とその予防対策)
  • 奥瀬 千晃,四柳 宏
  • 日本臨床 69(-) (999), 402-407, 2011-05
  • NAID 40018838507
  • 医療機関内・その他の感染によるHCV感染とその予防対策 (新時代のウイルス性肝炎学--基礎・臨床研究の進歩) -- (C型肝炎ウイルス感染とその予防対策)
  • 荒川 泰雄,林 順平,森山 光彦
  • 日本臨床 69(-) (999), 128-133, 2011-05
  • NAID 40018838454
  • 斯業界から研究発表2題 ビルメンテナンス業からみた病院内での針刺し事故の防止対策
  • 能登 寿欣,中元 正二,藤井 典
  • ビルメンテナンス 46(5), 56-58, 2011-05
  • NAID 40018827774
  • 注射法(皮内注射・皮下注射・筋肉注射・静脈注射) (特集 内科医に必要な基本的診療手技のノウハウ)
  • 後藤 慶,新庄 貴文,蒲地 正幸
  • 診断と治療 99(4), 611-616, 2011-04
  • NAID 40018792187

関連リンク

日本で針刺し事故によって感染した医療従事者の訴訟例はありますか? 日本で針刺し事故によって感染した医療従事者の訴訟例はありますか? はい。 最終的には和解が成立しましたが、1999年3月針刺し損傷によってHCV感染したのは ...
針刺し・切創・粘膜曝露への対応 針刺しが起きたら 患者が特定できる 患者の承諾 患者が特定できない 医師がいないとき 職員以外の事故 学生針刺し曝露時のフローチャート ウインドウピリオド 患者検査陽性時の説明 ...
1. 針刺し事故とは 針刺し事故とは、医療従事者が他者の血液などで汚染された器具で外傷を受けることをさしますが、傷そのものより、血液などを介した感染が大きな問題となります。 血液などを介して感染する代表的な疾患 ...

関連画像

における 針刺し 切創 事故 針刺し事故対応マニュアル針刺し事故対応マニュアル日記 の 最新 記事 針刺し事故 | Seesaa 検索.現在は針刺し事故や覚醒剤注射 針刺し事故 小生は秋田出身で  針刺し 事故 と は 針刺し 事故


★リンクテーブル★
国試過去問103F011
リンク元needle-stick injury」「needlestick injury」「針事故
関連記事事故

103F011」

  [★]

  • 針刺し事故を起こした医療従事者に事故後48時間以内に抗HBsヒト免疫グロブリン投与を行うべき組合せはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 103F010]←[国試_103]→[103F012

needle-stick injury」

  [★]

needle-stickneedlestickneedlestick injury

needlestick injury」

  [★]

  • 針刺し事故
needle-stickneedle-stick injuryneedlestick

針事故」

  [★]

needle-stick injury
針刺し事故


事故」

  [★]

accident、(疾患)event
アクシデントイベント過失偶然現象出来事発症場合




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡