酵素免疫測定法

出典: meddic

enzyme immunoassay EIA
酵素免疫測定エンザイムイムノアッセイ酵素免疫抗体法, enzyme-linked immunosorbent assay, ELISA


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗ペプチド抗体を用いた小麦α-アミラーゼインヒビターの消化酵素分解物の分析
  • 老田 茂,清水 恒
  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 58(9), 451-453, 2011-09-15
  • … 対する抗ペプチド抗体を作製した.本抗体は,CM16に対して高い特異性を示した.本抗体を用いて,小麦粉とペプシンおよびパンクレアチンの反応液中におけるCM16の分解を,イムノブロッテイングおよび酵素免疫測定法により調べた.その結果,CM16は人工胃液だけでは部分分解に留まったが,さらに人工腸液を作用させたところ,CM16のエピトープを含む部位も分解された.また,単量体および二量体の小麦α-AIも,人工 …
  • NAID 10029722714
  • フィブリノゲンの細胞内生成・分泌におけるBβ鎖D領域454-458残基の重要性
  • 寺澤 文子,竹澤 由夏,廣田(川戸洞) 雅子 [他]
  • 臨床病理 59(8), 741-748, 2011-08
  • NAID 40018978042

関連リンク

酵素免疫測定法 (Enzyme-Linked Immunosorbent Assay: ELISA). 原理. 抗原抗体 反応を利用した抗原(タンパク質など)の濃度測定法である。マイクロプレートのウェル中 で抗原抗体反応を進行させ、最終的に酵素反応により可視化させる。濃度既知の抗原を ...
ELISAは特異性の高い抗原抗体反応を利用し、酵素反応に基づく発色・発光をシグナル に用いることで上記の条件をクリアしている。ELISAは、同様の原理に基づく放射免疫 測定(ラジオイムノアッセイ、RIA)と比べて、放射性物質を用いないため安全性が高く、 ...

関連画像

図2 . 非競合型免疫測定法  法(化学発光酵素免疫測定法役に立つ薬の情報~専門薬学 Enzyme-Linked Immunosorbent Assay: ELISA)酵素免疫測定法を用いた  仕組み-1(酵素免疫測定法


★リンクテーブル★
リンク元酵素結合免疫測定法」「enzyme-linked immunoassay」「EIA」「酵素免疫測定」「enzyme immunometric assay
関連記事免疫」「酵素」「測定」「測定法」「

酵素結合免疫測定法」

  [★]

enzyme-linked immunosorbent assayenzyme-linked immunoassayELISA
酵素結合免疫吸着検定法酵素免疫測定法酵素結合免疫吸着測定法酵素結合性免疫吸着検定法ELISA法酵素結合免疫測定酵素結合免疫吸着測定


enzyme-linked immunoassay」

  [★]

EIAELISAenzyme immunoassayenzyme immunometric assayenzyme immunosorbent assayenzyme-linked immunosorbent assay

EIA」

  [★]


酵素免疫測定」

  [★]

enzyme immunoassayenzyme immunosorbent assayenzyme immunometric assay
エンザイムイムノアッセイ酵素免疫測定法


enzyme immunometric assay」

  [★]

EIAenzyme immunoassayenzyme immunosorbent assayenzyme-linked immunoassay

免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





測定」

  [★]

measurementmeasuredetermineestimate、(水深を)fathom
基準計測決定、処置、推定程度定量判定評価見込み見積見積もる予算特定測定値尺度確定ファゾム


測定法」

  [★]

methodmethod for measurementassay、metry
アッセイ検定検定法、試験法、測定方法定量手順分析分析法方法定量法アッセイ法手法方式


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡