遺伝性難聴

出典: meddic

hereditary hearing loss



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新生児聴覚スクリーニングで "pass" と評価されたGJB2遺伝性難聴児13症例の検討
  • 南 修司郎,松永 達雄,仲野 敦子,有本 友季子,泰地 秀信,守本 倫子,坂田 英明,安達 のどか,浅沼 聡,増田 佐和子,阪本 浩一,加我 君孝
  • Audiology Japan 55(5), 409-410, 2012-09-30
  • NAID 10031061360
  • 多能性幹細胞を用いた遺伝性難聴に対する内耳細胞治療法の開発 (特集 幹細胞治療 : 基礎研究の進歩と臨床応用) -- (臨床応用の進歩)
  • 神谷 和作,池田 勝久
  • 日本臨床 69(12), 2215-2219, 2011-12-00
  • NAID 40019080236
  • 常染色体優性遺伝性難聴DFNA5の日本人2家系
  • 西尾 綾子,野口 佳裕,高木 明,喜多村 健
  • Audiology Japan 54(5), 589-590, 2011-09-30
  • NAID 10029742043

関連リンク

遺伝性難聴(いでんせいなんちょう)は遺伝子の異常によって引き起こされる難聴である 。 教育上配慮を要する程度の難聴は、1000の出生に1の頻度であり、そのうちの約 半数が遺伝性のものだとされている。
【難聴 遺伝性難聴(家族性)】 遺伝性難聴の場合、たとえ家族に難聴者がいても極めて 判断が難しいと言われています。 ですが難聴が純音聴力検査で似た聴力の落ち方の パターンを示すこととか後やはり家系図、これも出来るだけ大勢の親族の純音聴力検査 を ...

関連画像

遺伝性難聴の概略と治療の光明8.遺伝性難聴の病態遺伝性難聴の病態を解明順天堂大と理研ら 遺伝性難聴  遺伝性難聴に※ 京大研究遺伝性難聴 の病態を解明


★リンクテーブル★
国試過去問095G010
リンク元inherited hearing loss」「遺伝性聴覚欠損」「先天聾」「hereditary deafness
関連記事難聴」「遺伝」「遺伝性

095G010」

  [★]

  • 12歳の女児。突然の両側の難聴を主訴に来院した。昨日学校で友人とクラブ活動のことで意見の相違があり激論となった。純音聴力検査では両耳とも水平型のオージオグラムで平均聴力は右45dB、左60dB。聴性脳幹反応(ABR)の闇値は左右とも10 dBである。考えられる疾患はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095G009]←[国試_095]→[095G011

inherited hearing loss」

  [★]

遺伝性難聴遺伝性聴覚欠損

hereditary deafness

遺伝性聴覚欠損」

  [★]

inherited hearing loss
遺伝性難聴

先天聾」

  [★]

congenital deafness
遺伝性難聴


hereditary deafness」

  [★]

遺伝性難聴

inherited hearing loss

難聴」

  [★]

hearing loss
聴覚


分類

鑑別疾患

ISBN 978-4931400559 p.184より引用
  • 伝音性難聴
  • 急性:悪性外耳道炎、中耳炎
  • 慢性:上咽頭腫瘍
  • 感音性難聴


遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。


遺伝性」

  [★]

inheritable characterinheritedhereditaryheritableinheritable
遺伝遺伝的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡