適時破水

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 正常分娩の生理と臨床経過 (ナーシングプロセス 正常妊娠・分娩の褥婦に対する看護)
  • 竹田 善治,坂井 昌人
  • クリニカルスタディ 23(8), 13-18, 2002-07
  • NAID 40004332480
  • 196 不適時破水発生のメカニズムに関する卵膜の組織形態学的考察
  • 後藤 高志,桑原 麻美,平岡 友良,野村 雪光
  • 日本産科婦人科學會雜誌 40(Supplement), "S-191", 1988-02-20
  • NAID 110002227567

関連リンク

適時破水(陣痛が始まって子宮口が前開した後の破水)があります。 ・ 前期破水(ぜんきはすい) 前期破水が起こると、細菌が膣から子宮内に入り込んで、胎児が感染 する恐れがあります。 また、羊水が一度に出過ぎると、子宮 が ...
... 破水」といいます。 普通は子宮頚管が全開するころに、自然に破水しますが、これを「適時破水」といいます。 前期破水とは? 羊水が流出する時期が早すぎるといろいろと問題が起こってきます。 分娩が開始する前(陣痛発来前 ...

関連画像

問題73前期破水の原因と対処法3つ妊娠中期の破水原因って一体何 破水/『Baby-mo』読者ママの破水 36歳で妊娠!気になる高齢出産 適時に破水すると、羊水で産道


★リンクテーブル★
国試過去問098B004
関連記事破水

098B004」

  [★]

  • 28歳の初産婦。妊娠経過は順調であった。妊娠39週5日に陣痛発来のため入院した。身長160cm、体重63kg。妊娠中の体重増加は11kgである。子宮底長34cm、腹囲90cm。内診所見:児頭は骨盤入口部固定、子宮口3cm開大、頚管の硬度は軟。入院後、陣痛は増強し、子宮口10cm開大、SP+2cmで自然破水した。矢状縫合は横径に一致し、先進する小泉門は母体の左側に触れた。破水後、陣痛はさらに増強したが、4時間経過しても分娩の進行はみられなかった。再び内診したところ、児頭の所見は不変であった。胎児心拍数陣痛図で、早発一過性徐脈がみられる。
  • 診断はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 098B003]←[国試_098]→[098B005

破水」

  [★]

rupture of membrane, amniorrhexis, rupture of bag of waters
ruptura bursae aquarum
胎胞破裂 rupture of bag





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡