過緊張性発声障害

出典: meddic

hyperfunctional dysphonia

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Laryngopharyngeal Reflux Disease に関連する咽喉頭所見を伴う過緊張性発声障害症例に対する酸分泌抑制剤投与および音声治療の併用の治療効果の検討
  • 痙攣性発声障害 (spasmodic dysphonia, SD) との鑑別(特別発言)
  • 小林 武夫
  • 音声言語医学 = The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 48(4), 359-360, 2007-10-20
  • … 攣性発声障害では, 正確な診断が必要である.電話で声を聴いただけでも見当はつくが, 診察して, 病歴を聴取し, 音声所見と喉頭所見から診断を下す.本疾患は疑ってかかることが大切で, 安易に精神科医などに紹介してはならない.一番多い内転型痙攣性発声障害の鑑別疾患としては, 外転型痙攣性発声障害, 音声振戦, 心因性失声症, 機能性仮声帯発声, 吃音, 頭頸部ジストニアの分症, 過緊張性発声障害, 音声衰弱症がある. …
  • NAID 10019830437

関連リンク

痙攣性発声障害(SD) Ⅰ 当サロンを含め、長年にわたる一色クリニックの外喉頭専門 外来、米国メイヨークリニック喉頭機能外科教室での研究や喉頭解剖実験、東京医科 大学付属病院のSD手術見学等から、独自の観点に基づいて攻究考察した 〔SDと外 喉頭 ...
痙攣性発声障害(以下、SDと略)は、のどが締め付けられるような声になったり、震え たりする音声障害です。 リラックスした場面では比較的楽に声が出せて、緊張した場面 では逆に、極端に声が出しにくくなるというのもSDの特徴の一つです。 SDをもつ人の 多く ...

関連画像

過 緊張 性 発声 障害 性発声障害、音声振戦、過緊張 性発声障害・過緊張性発声障害発声障害 | 2009-04-11 15:07 | 発声能力向上左は吸気時、右は発声時です


★リンクテーブル★
関連記事障害」「緊張」「発声障害」「」「緊張性

障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


緊張」

  [★]

stressstrain、(生理)tonetonus
応力強調菌株緊張度系統ストレストーン歪み捻挫トーヌス緊張活動力点筋挫傷

発声障害」

  [★]

dysphonia (KL)
音声障害 voice disorder
  • 迷走神経の枝である反回神経の損傷、麻痺により起こる。


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する

緊張性」

  [★]

toniccatatonictonically
強精強直強直性緊張病持続性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡