過敏性膀胱

出典: meddic

neurogenic bladderneurogenic urinary bladder
過敏膀胱神経因性膀胱膀胱過敏

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 9.AD/HDを疑う過敏性膀胱の患者に逆説的な指示による行動療法が奏効した1症例(一般演題,第44回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
  • 蓮尾 英明,福永 幹彦,中井 吉英
  • 心身医学 49(9), 1027, 2009-09-01
  • NAID 110007359870
  • 間質性膀胱炎とは何か--過敏性膀胱の提案 (特集 間質性膀胱炎を診る)

関連リンク

過活動膀胱は、尿の病気です。多くの高齢者が悩まれています。早めに治療をうけると 直る可能性が高いです。
例えば膀胱炎を起こすと、少量の尿が膀胱内に溜まっただけでも、炎症を起こしている 膀胱粘膜の知覚が過敏になり、 排尿刺激が起こって頻尿となってしまいます。 このよう に、下部尿路器官などに疾患があると、膀胱が不安定(不安定膀胱、過活動膀胱)に ...

関連画像

かぼちゃの種には、過敏性膀胱 活動 性 膀胱 過敏 性 大腸炎 膀胱が過敏で不安定になった  病気が「過敏性膀胱」 です


★リンクテーブル★
先読み神経因性膀胱
リンク元neurogenic urinary bladder」「過敏膀胱」「膀胱過敏
関連記事膀胱」「過敏性」「過敏

神経因性膀胱」

  [★]

neurogenic bladder
vesica neurogena
神経原性膀胱、神経障害膀胱 neuropathic bladder
排尿筋neurogenic urinary bladder

概念

神経系に生じた障害により生じる蓄尿・排尿障害

分類

神経因性膀胱

IMD SURO.164
橋排尿中枢より上位の障害 脳血管障害(脳出血、脳梗塞)、パーキンソン病、認知症、脳外傷、脳腫瘍 [橋排尿中枢への抑制が失わる]蓄尿による求心性知覚線維(Aδ)の興奮→(中枢より抑制を受けず)PMCによる排尿指令→仙髄副交感神経中枢による排尿指令→排尿筋収縮 蓄尿障害(排尿筋不随意収縮、切迫尿失禁、頻尿)
核上脊髄障害 脊髄損傷、多発性硬化症、損傷部位に依存して後縦靭帯骨化症、二分脊椎、HAMでも起こる [異常な排尿回路の形成]蓄尿による求心性知覚線維(C)の興奮→(C線維による2つの異常な回路が形成され、求心性知覚情報はここに入力)(1)仙髄副交感神経中枢による排尿指令、(2)オヌフ核による外尿道筋収縮→排尿筋収縮+外尿道筋収縮 蓄尿障害(反射性尿失禁)、排尿障害(排尿筋括約筋協調不全)
仙髄より下位の神経障害 下位脊髄損傷、仙髄以下馬尾神経の障害をきたす二分脊椎、脊髄稽留症候群、腰部脊柱管狭窄症、下位の損傷を起こすような後縦人口骨化症、シャイ・ドレガー症候群、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、脊髄癆、HAM   排尿障害、残尿、尿閉



neurogenic urinary bladder」

  [★]

神経因性膀胱膀胱過敏過敏性膀胱過敏膀胱

neurogenic bladderneuropathic bladder


過敏膀胱」

  [★]

neurogenic bladderneurogenic urinary bladder
神経因性膀胱膀胱過敏過敏性膀胱


膀胱過敏」

  [★]

neurogenic urinary bladder
過敏膀胱神経因性膀胱過敏性膀胱


膀胱」

  [★]

urinary bladder (M,N), bladder (Z)
vesica urinaria
膀胱容量
  • 図:N.353

組織

  • 粘膜には多くのヒダが存在し、膀胱が伸展すると消える (HIS.388)
  • 被蓋細胞+移行上皮細胞 (HIS.388)
女性 上部 移行上皮
下部 非角化重層扁平上皮
男性 前立腺部 移行上皮
隔膜部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
海綿体部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
非角化重層扁平上皮

血管(M.210)

  • 図:N.327,328
  男性 女性
膀胱の前上部 上膀胱動脈 上膀胱動脈
膀胱底、膀胱頚 下膀胱動脈 膣動脈






過敏性」

  [★]

hypersensitivityhyperreactivityoveractivityhypersensitiveoveractive
アレルギー過感受性過感受的活動亢進過敏症高感受性知覚過敏反応亢進反応性亢進


過敏」

  [★]

supersensitivityirritationsupersensitiveirritable
過感受性過感受的刺激作用被刺激性易刺激的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡