運動強度

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/23 00:25:07」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 背臥位での運動強度の異なる動的運動前後の血行動態の変化
  • 有人宇宙飛行と体力医学研究 : 全身持久性体力の低下を予防する運動プログラム (特集 宇宙医学とリハビリテーション)

関連リンク

年齢と心拍数を入れて下さい。運動強度が計算できます。 ... 心拍数を測るセンサー、伝送器(トランスミッター)および電源となる電池を付けた、素肌の胸に巻く帯。女性はブラジャーの下の胸に巻く。
有酸素運動の運動強度の指標としては、「脈拍数(心拍数)」と「RPE(自覚的運動強度)」が用いられています。心拍数の場合、最大心拍数は体力のありなしに関わらず、(220-年齢)で求めることができ、その何%にあたる心拍数で ...

関連画像

運動強度運動強度 - JapaneseClass.jp表 6 各種 運動 の 運動 強度運動強度の画像 - 原寸画像検索


★リンクテーブル★
拡張検索自覚的運動強度
関連記事強度」「

自覚的運動強度」

  [★]

rating of perceived exertion
主観的作業強度


強度」

  [★]

intensitystrength
インテンシティ輝度強弱


度」

  [★]

degree
温度




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡