連鎖球菌性扁桃炎

出典: meddic

streptococcal tonsillitis
レンサ球菌性扁桃炎

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

2. 咽頭扁桃炎(特に滲出性扁桃炎)の鑑別診断 滲出性扁桃炎の原因は、細菌よりウイルスが原因のことが多い。滲出性扁桃炎の中で、 GABHS が原因の滲出性扁桃炎は約10%であり、GABHS による咽頭扁桃炎の中で滲出性扁桃炎
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎とは A群溶血性レンサ球菌は、上気道炎や化膿性皮膚感染症などの原因菌としてよくみられるグラム陽性菌で、菌の侵入部位や組織によって多彩な臨床症状 を引き起こす。 日常よくみられる疾患として ...

関連画像

群溶血性レンサ球菌咽頭炎Vol.5 溶連菌感染症について 群レンサ球菌感染症の重症化 連鎖球菌とは | カラダの教科書β溶血レンサ球菌 - 藤元 レンサ球菌感染症


★リンクテーブル★
リンク元レンサ球菌性扁桃炎
関連記事扁桃」「連鎖」「扁桃炎」「」「球菌

レンサ球菌性扁桃炎」

  [★]

streptococcal tonsillitis
連鎖球菌性扁桃炎


扁桃」

  [★]

tonsil
tonsilla
リンパ小節リンパ器官リンパ組織

概念

  • 口蓋、咽頭、舌にあるリンパ小節の集塊で一部は皮膜で覆われている。咽頭の入口における防御気管で外来の抗原に対して免疫反応を行う。(HIS.254)

リンパ節との違い

扁桃

扁桃 表面 深部 特徴
咽頭扁桃 多列線毛上皮
非角化重層扁平上皮
薄い皮膜で境界 重層するヒダを有し、基部に混合線が開口
口蓋扁桃  
非角化重層扁平上皮
被膜で境界 上皮が10-12個陥入して陰窩を形成
舌扁桃  
非角化重層扁平上皮
被膜で境界 個々の扁桃は1個の陰窩を有する

成長と発達

  • 口蓋扁桃や咽頭扁桃は5-6歳で生理的に肥大するが、学童期以降消退傾向となり思春期までにはほとんど消退する。


参考

  • 1.
[display]http://image2.kmu.ac.jp/histologydb/prc/dijest2/04.html
  • 2.
[display]http://square.umin.ac.jp/atlas/094/index.html


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

連鎖」

  [★]

linkagelink、(化学)catenationlinked
関連結合結びつける連関連結連接リンク連鎖性連鎖的関連づけるカテネーション
遺伝子対立遺伝子


扁桃炎」

  [★]

tonsillitis
扁桃腺炎
扁桃



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


球菌」

  [★]

coccus
細菌




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡