透明中隔

出典: meddic

septum pellucidum (N,KH)
中隔野梁下野



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大脳皮質形成障害(多小脳回,異所性灰白質)と透明中隔欠損を認めた症候性部分てんかんの1例
  • 蒲谷 洋平,西田 拓司,仲神 龍一 [他]
  • 精神医学 53(4), 323-328, 2011-04
  • NAID 40018738761
  • 神経内視鏡を用いた小児脳神経外科の新たな治療戦略(<特集>小児脳神経外科における新しい治療)
  • 宮嶋 雅一,中島 円,菅野 秀宣,尾原 裕康,石井 尚登,中西 肇,新井 一,小室 裕造
  • 脳神経外科ジャーナル 19(4), 304-310, 2010-04-20
  • … においても,minimally-preferential managementが優先されるにつれて,神経内視鏡による組織診断とその後の集学的治療が行われている.神経内視鏡を用いた小児脳神経外科の新たな治療戦略として,(1)未熟児脳室内出血後水頭症,(2)水頭症を伴ったChiari1型奇形,(3)矢状縫合早期癒合症を代表的疾患として取り上げ概説する.また,透明中隔嚢胞を有する患児での,第三脳室への新たなアプローチとしてtranscavum interforniceal approachを紹介する. …
  • NAID 110007621780

関連リンク

前角は前頭葉の中にある。背側から吻側にかけて脳梁がかぶさっている。腹側から外側 にかけては尾状核が面し、前角は丸みのある尾状核を内側背側から抱き込む覆いの ような形になっている。内側は透明中隔を隔てて左右の側脳室が隣り合っている。 ...

関連画像

 。これが透明中隔腔ですまずは、正常の脳室の画像です Verga腔、透明中隔腔、脳室間腔 透明中隔腔の画像所見脳室間腔と呼ばれる後方にある  透明中隔嚢胞と繋がっています


★リンクテーブル★
先読み中隔野」「梁下野
リンク元側脳室」「中隔核」「transparent septum
拡張検索透明中隔腔
関連記事透明」「中隔

中隔野」

  [★]

septal region, septal area
septumseptum of brain


梁下野」

  [★]

()
subcallosal area
subcallosalarea


側脳室」

  [★]

lateral ventricle (B,KL)
ventriculus lateralis
脳室第3脳室第4脳室脳室系


解剖


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連

側脳室壁の病変

  • 結節性硬化症:頭部単純CT:側脳室壁や基底核での結節状石灰沈着、脳室拡大 (NDE.345)。脳室壁に沿った石灰化(candle guttering / brain stone)


中隔核」

  [★]

septal nucleus, septal nuclei
nuclei septi
中隔野大脳辺縁系マイネルト基底核bed nucleus of stria terminalislateral septal nucleusmedial septal nucleusnucleus of stria terminalis




transparent septum」

  [★]

透明中隔

septum pellucidum

透明中隔腔」

  [★]

cave of septum pellucidum (KL)
cavum of septum pellucidum (KA
cavity of septum pellucidum
cavum septi pellucidi
第五脳室 fifth ventricle


透明」

  [★]

transparentlucentdiaphanouspellucidtransparentlypellucida
透明部光り輝いた

中隔」

  [★]

septumseptalseptate
隔壁中隔野



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡