軽躁病

出典: meddic

hypomania
軽躁
気分障害


ICD-10

  • F30.0 Hypomania
  • A. The mood is elevated or irritable to a degree that is definitely abnormal for the individual concerned and sustained for at least 4 consecutive days.
  • B. At least three of the following signs must be present, leading to some interference with personal functioning in daily living:
(1) increased activity or physical restlessness;
(2) increased talkativeness;
(3) distractibility or difficulty in concentration;
(4) decreased need for sleep;
(5) increased sexual energy;
(6) mild over-spending, or other types of reckless or irresponsible behaviour;
(7) increased sociability or over-familiarity.
  • C. The episode does not meet the criteria for mania (F30.1 and F30.2), bipolar affective disorder (F31.?), depressive episode (F32.?), cyclothymia (F34.0), or anorexia nervosa (F50.0).
  • D. Most commonly used exclusion clause. The episode is not attributable to psychoactive substance use (F10?F19) or to any organic mental disorder (in the sense of FOO?F09).

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Duloxetine投与後に躁/軽躁病エピソードをきたした症例
  • 大沼 禎史,福本 健太郎,吉岡 靖史 [他]
  • 精神科 20(6), 683-687, 2012-06
  • NAID 40019315703
  • 10.慢性疲労症候群(CFS)として治療中10年目に軽躁病エピソードを生じた双極II型障害の1例(一般演題,第62回日本心身医学会中部地方会演題抄録)
  • 双極性障害の早期診断と治療(シンポジウム:うつ病の診断・治療上の問題点とコツ,2008年,第49回日本心身医学会総会(札幌))
  • 田中 輝明,小山 司
  • 心身医学 49(9), 979-985, 2009-09-01
  • 単極性うつ病と双極性うつ病では治療アプローチが異なるため,「うつ病」診療においては早期診断が重要な鍵となる.抑うつ症状のみで鑑別することは困難であるが,双極性うつ病では非定型症状や躁成分の混入が診断の手掛かりとなることもある.双極性障害の診断には(軽)躁病エピソードの存在が必須であるが,患者の認識は乏しく,周囲からも注意深く(軽)躁症状の有無を聴取する必要がある.双極性障害のスクリーニングには自記 …
  • NAID 110007359895
  • 気分安定薬と双極スペクトラム--双極性障害治療の分岐点 (特集 気分安定薬の現状と課題)
  • 田中 輝明,小山 司
  • 臨床精神医学 37(7), 913-918, 2008-07
  • NAID 40016166343

関連リンク

2007年5月10日 ... 俺、“軽躁病(けいそうびょう)”の傾向があるって、知り合いの臨床心理カウンセラーの弁 。 と言っても、正式に診断を ... 一夜明けて今日になって、軽躁病なるものがどんなも のか気になったからインターネットで調べてみたよ。 以下はその説明文 ...
双極Ⅱ型障害は,少なくとも1回の大うつ病エピソードと少なくとも1回の軽躁病 エピソードの病歴により定義される。うつ病エピソードは ... 一部の患者では,軽躁病期 はエネルギーが高まり,自信が生まれ,通常以上の社会的能力が生じるため,適応 可能である。

関連画像

うつ病エピソードは、前に解説 躁病、軽躁病又は混合性 躁病、軽躁病又は混合性 軽 躁病 エピソード の 捉え 方 軽躁病ほかに、「軽躁状態(軽躁病 軽躁病エピソードの診断基準軽 躁病 エピソード の 捉え 方


★リンクテーブル★
先読み気分障害
拡張検索軽躁病エピソード
関連記事躁病」「」「軽躁

気分障害」

  [★]

mood disorder, mood disorders
感情障害、(旧定義)情動障害 affective disorders



  • ICD-10
F30 Manic episode 躁病エピソード
F31 Bipolar affective disorder 双極性感情障害
F32 Depressive episode うつ病エピソード
F33 Recurrent depressive disorder 反復性うつ病性障害
F34 Persistent mood [affective] disorders 持続性気分障害
F38 Other mood [affective] disorders
F39 Unspecified mood [affective] dis


軽躁病エピソード」

  [★]

hypomanic episode
軽躁状態


躁病」

  [★]

mania
マニア
抗躁薬気分障害


  • 躁病ではエピソードは少なくとも1週間続く

ICD-10

  • F30.1 Mania without psychotic symptoms
  • F30.2 Mania with psychotic symptoms
  • F30.8 Other manic episodes
  • F30.9 Manic episode, unspecified


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患

軽躁」

  [★]

hypomania
軽躁病




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡