超音波白内障手術

出典: meddic

ultrasonic phacoemulsification
超音波水晶体乳化吸引術 phacoemulsification and aspiration, PEA
白内障手術


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 超音波白内障手術の長期経過観察ができたぶどう膜炎併発強皮症の1例 (特集 第66回日本臨床眼科学会講演集(8))
  • 落屑緑内障に対する線維柱帯切開術手術での超音波白内障手術の併用の効果
  • 中西 正典,西村 宗作,藤井 友起子 [他]
  • 眼科臨床紀要 5(12), 1099-1103, 2012-12
  • NAID 40019527100
  • 患者満足度の高い超音波白内障手術
  • 須藤 史子
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E1), E23-E29, 2012-01-31
  • … 患者満足度の高い超音波白内障手術を施行するためには、二つの重要なキーポイントがあるので解説する.一つは術後屈折誤差対策である.術前の聞き取り調査をもとに、患者の希望屈折度に仕上げるためには、光学式眼軸長測定装置を使用した術前生体計測と適切なIOL度数計算式を選択することが重要である.もうひとつは急増する糖尿病患者への個々の病態に応じたテーラーメイド的な治療戦略である.術前の網膜症の …
  • NAID 110008767949

関連リンク

手術は点眼麻酔で行いますので麻酔の注射は行いません。これは局部麻酔ですので、手術中も周囲の声は聞こえます。手術中に痛みはありませんが、顕微鏡の光のまぶしさや、器具のさわる感じはわかります。眼球運動は制限されて ...
水晶体前嚢の切開 黒目と白目のさかいを3-5mmくらい切開した後、水晶体の前の膜を直径約5mmの円形に取ります。 水晶体の中身の乳化吸引 超音波白内障乳化吸引装置を用いて、水晶体の中身を乳化し吸い出します。

関連画像

超音波白内障手術装置  超音波白内障手術装置を用いて超音波白内障手術装置超音波白内障手術装置現在、白内障の手術は主に 超音波白内障手術装置


★リンクテーブル★
先読みPEA」「phacoemulsification and aspiration
リンク元超音波水晶体乳化吸引術
関連記事手術」「白内障」「白内障手術」「超音波」「

PEA」

  [★]


phacoemulsification and aspiration」

  [★] 超音波水晶体乳化吸引術 PEA

超音波水晶体乳化吸引術」

  [★]

phacoemulsification and aspiration, PEA
超音波白内障手術


手術」

  [★]

operationsurgeryoperate
機能外科外科学作動操作オペ外科術運用操縦外科手術施行


脳外科


心臓外科

  • ロス手術 Ross手術:小児、若年者の大動脈弁疾患。肺動脈弁で大動脈弁を置換する。


  • ブラロック・タウシグ手術 Blalock-Taussig手術:肺動脈弁閉鎖症など肺動脈流が少なくチアノーゼをきたす疾患において施行される。鎖骨下動脈と肺動脈を吻合して肺動脈血流を確保する手術。動脈血酸素飽和度の改善が期待できる。

消化器

食道


直腸

  • 直腸癌

耳鼻科

婦人科

子宮奇形

産科

  • 頚管縫縮術:頚管無力症に対して



白内障」

  [★]

cataract
cataracta
しろそこひうみそこひ
白内障手術
  • glactosemia
  • 水晶体が混濁した状態の総称。

分類

原因

先天性白内障 遺伝性
胎児感染症(風疹、水痘、サイトメガロウイルス)
加齢白内障/老人性白内障  
外傷性白内障 穿孔性外傷
非穿孔性外傷(眼球打撲)
併発白内障 ぶどう膜炎、網膜剥離
全身疾患にともなうもの 糖尿病、ガラクトース血症、低カルシウム血症、Fabry病、Werver病、Wilson病、Lowe病、甲状腺機能低下症、筋緊張性ジストロフィー、アトピー性皮膚炎、Down症
薬物・中毒 ステロイド、フェノチアジン
物理化学障害 放射線、紫外線、赤外線
後発白内障  

SOP.65

SOP.65
  • 遺伝性(染色体異常、頭蓋顔面骨症候群、骨格異常、中枢神経異常、筋疾患、皮膚疾患)
  • 発達異常(第1次硝子体過形成遺残、水晶体後部線維増殖、ハラーマン・シュトライフ症候群)
  • 胎内感染(風疹、水痘、サイトメガロウイルス)
  • 内分泌、代謝障害(ガラクトース血症、ホモシスチン尿症)
  • 皮膚、前疾患に伴う(アトピー皮膚炎)
  • 薬物、中毒性(フェノチアジン、副腎皮質ステロイド)
  • 併発症(眼内炎、網膜芽細胞腫、ぶどう膜炎)
  • 未熟児
  • 欠乏症(栄養失調、ビタミンA欠乏症)
  • 物理化学的障害(放射線、紫外線、赤外線、電撃)
  • 外傷性
  • 加齢性
  • 後発白内障

部位

皮質白内障
核白内障
後嚢下白内障

治療

術後合併症

((1) p.78)
  • 眼内炎
  • 失明につながる重篤な合併症は5,000-10,000例に1例
  • 予防:術前抗菌薬点眼、術中抗菌薬の眼内灌流液への添加、術前のポビドンヨードでの術野消毒
  • 後嚢破嚢、水晶体核の水晶体内落下、虹彩損傷、駆逐性眼内出血

参考

(1) 標準眼科学 第10版 医学書院




白内障手術」

  [★]

cataract operation, cataract surgery
白内障摘出術 cataract extraction
超音波白内障乳化吸引法


超音波」

  [★]

ultrasound US, high frequency sound
high frequency sound
心エコーピエゾ電気効果


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡