角膜の混濁

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • (4GlcAβ1-3GalNAc (6S) β1)_n (コンドロイチン-6-硫酸)
  • 栃澤 馨
  • 有機合成化学協会誌 61(3), 246-248, 2003-03-01
  • … 6-硫酸の構成糖であるGlcAの2, もしくは3位にも硫酸基が結合している, 通称コンドロイチン硫酸D3, 図2) <BR>コンドロイチン硫酸は関節の弾性・円滑性保持, 皮膚への保湿性付与, 骨成長, 老化による眼球・角膜の混濁防止等多岐に及ぶ生理作用を持ち, 頭痛, 神経痛, 関節痛, 五十肩, 眼疾患など様々な病気に効果があると言われている.コンドロイチン硫酸は本来, 生体内で合成される物質であるが, 老化とともにその合成 …
  • NAID 10011905334
  • ライソゾーム酸性β-ガラクトシダーゼ欠損の柴犬における臨床症状および臨床病理学的特徴 : ヒトGMlガングリオシドーシスのイヌモデル
  • 大和 修,増岡 由希子,米村 まどか,畑山 文乃,佐藤 裕之,小林 あそぎ,中山 正成,浅野 友哉,庄田 徹,山崎 真大,落合 謙爾,梅村 孝司,前出 吉光
  • The journal of veterinary medical science 65(2), 213-217, 2003-02-25
  • … 9-12ヶ月齢には,角膜の混濁,視覚障害, 全身の筋緊張性硬直,情動障害および嗜眠傾向が観察された。 …
  • NAID 110003886175

関連リンク

角膜とは「くろめ」にあたる部分で、透明であれば虹彩と瞳孔が明瞭に観察され黒く見え ます。ここが混濁すると白く濁ったようになり、目のかすみを感じるようになります。また、 視力が低下し、充血、異物感を伴うこともあります。点眼薬の副作用や使いすぎ、ある種 ...
角膜混濁とは、炎症,変性,沈着物などにより、角膜の透明性が失われます。 当院では 、点眼治療を行なっております。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事角膜」「」「混濁

角膜」

  [★]

cornea
眼球

発生 (L.378)

  • 発生第5週末に眼の原基は間葉に取り囲まれる
  • 水晶体の前方に空胞が形成され前眼房を形成する。これにより、前方は角膜、後方は虹彩瞳孔膜が位置することになる
  • 前方では表層外胚葉が陥入、くびきとられて角膜の上皮を形成する。
  • これにより角膜が次の3層から構成されることになる
1. 上皮細胞層:体表外胚葉由来
2. 角膜固有層:強膜と連続。おそらく中胚葉由来
3. 上皮層  :前眼房と接する。おそらく中胚葉由来


組織

角膜上皮    
Bowman膜 基底膜 コラーゲン細線維
角膜実質   コラーゲン+ムコ多糖
Descemet膜 基底膜  
角膜内膜    





膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン


混濁」

  [★]

opacity
乳白度不透明




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡