親油性

出典: meddic

lipophilicitylipophilic
脂溶性

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/04 20:18:26」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ORAC
  • 小西出 三上 一保
  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 58(9), 470, 2011-09-15
  • … づくラジカル連鎖反応のモデルとなる方法であり,DPPH (1,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl)法を含むSET (Single Electron Transfer電子供与)機構による評価法に比べ,より生体関連性が高いと考えられていること,3)親水性,親油性どちらのサンプルも分析可能であること,4)血清サンプルをはじめとする生体試料の評価が可能であること,5)水系における生理的pHでの反応であることがあげられる.<BR>これらの点から,抗酸化成 …
  • NAID 10029722762
  • S28 : 「親油性リガンド輸送蛋白質の比較生理・生化学」に参加して
  • 松尾 隆嗣
  • 比較生理生化学 28(2), 202-203, 2011-07-30
  • NAID 10029409298

関連リンク

親油性(しんゆせい)とは、化合物などが、油や非極性溶媒に溶けやすい性質のことで ある。 親油性の高い物質は人体や繊維などが持つ親油性の部分になじみやすく、水と の親和性は低い。 そのため親油性の高い物質は水で洗い流すことが困難である。
脂肪や油に溶けやすいこと。分子中の炭化水素基と油などの炭化水素骨格とが親和力 をもつことによって生ずる性質。親油性の物質は一般に疎水性である。 (C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・  ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みlipophilic
リンク元脂溶性」「lipophilicity」「疎水性
関連記事油性」「

lipophilic」

  [★]

  • 親油性の、脂溶性の
fat-solublelipid solubilitylipid-solublelipophilicityliposoluble

WordNet   license wordnet

「having an affinity for lipids」
lipotropic


脂溶性」

  [★]

lipophilicitylipid solubilitylipophiliclipid-solublefat-solubleliposoluble
親油性


lipophilicity」

  [★]

fat-solublelipid solubilitylipid-solublelipophilicliposoluble

疎水性」

  [★]

hydrophobicity
親油性疎水結合


油性」

  [★]

oilyoleaginous
脂っこい油状

性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡