補因子

出典: meddic

[[]]
cofactor
[[]]



cofactor

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/23 03:41:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 硫黄・セレン供給酵素群による含硫・含セレンバイオファクターの生成機構
  • 三原 久明
  • バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry 69(6), 471-475, 2011-11-01
  • NAID 10029790056
  • 2P022 Pseudomonas sp. B-0831由来3α-hydroxysteroid dehydrogenaseの補因子および基質との複合体構造に関する理論的研究(蛋白質-構造,第48回日本生物物理学会年会)
  • Sugimoto Noboru,Oda Masayuki,Fukunishi Yoshifumi,Lintuluoto Masami
  • 生物物理 50(SUPPLEMENT_2), S85, 2010-08-15
  • NAID 110008102606
  • 2P-023 2種類の3α-hydroxysteroid dehydrogenaseのヌクレオチド補因子特異性の相違(蛋白質-構造機能相関,第47回日本生物物理学会年会)
  • Takagi Yuichiro,Ueda Shigeru,Oda Masayuki
  • 生物物理 49(SUPPLEMENT_1), S109-S110, 2009-09-20
  • NAID 110008101599

関連リンク

生化学の分野において、補因子(ほいんし cofactor)は、酵素の触媒活性に必要な タンパク質以外の化学物質である。 補因子は「補助分子、またはイオン」であると考え られ、生化学的な変化を助けている。ただし、水や豊富に存在するイオンなどは補因子と は ...
補因子に関するカテゴリ。 カテゴリ「補因子」にあるページ. このカテゴリには 20 ページ が含まれており、そのうち以下の 20 ページを表示し ... 「http://ja.wikipedia.org/w/ index.php?title=Category:補因子&oldid=47443135」から取得. カテゴリ: 酵素 · 生体 物質 ...

関連画像

第VIII因子の機能を代替する 生体防御の基本的な仕組み :説明図 酵素と補因子.png補因子結合型タンパク質の合成 生体防御の基本的な仕組み発明 の 背景 補 体 因子 h cfh は


★リンクテーブル★
先読みcofactor
リンク元補助因子」「共同因子」「コファクター
拡張検索ヘパリン補因子II」「FeMo補因子」「酵素補因子
関連記事」「因子

cofactor」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a substance (as a coenzyme) that must join with another to produce a given result」

補助因子」

  [★]

cofactor
共同因子コファクター補因子


共同因子」

  [★]

cofactor
コファクター補因子補助因子

コファクター」

  [★]

cofactor
共同因子補因子補助因子

ヘパリン補因子II」

  [★]

heparin cofactor II
ヘパリンコファクターII


FeMo補因子」

  [★]

[[]]
FeMo cofactor
[[]]
FeMo cofactor


酵素補因子」

  [★]

enzyme cofactor
コエンザイム

子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用

因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡