術後胃

出典: meddic


-残胃癌


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Roux stasis syndromeの長期保存的加療に経胃瘻的空腸カテーテルを用いた1例
  • 大岩 雅彦,香川 俊輔,重安 邦俊,金谷 信彦,宇野 太,岸本 浩行,西崎 正彦,藤原 俊義
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 55(5), 1650-1654, 2013
  • 74歳男性.胃癌に対する幽門側胃切除,Roux-en-Y再建術後,胃空腸吻合部通過障害を生じた.再吻合を施行したが,通過障害は遷延し,Roux stasis syndrome(RSS)と診断した.<BR>胃減圧と長期栄養管理のため,経皮内視鏡的胃瘻造設術,percutaneous endoscopic gastrostomy(PEG)を施行し,経胃瘻的に空腸カテーテル(PEG-J)を留 …
  • NAID 130003375297
  • 手術手技 腹腔鏡補助下幽門保存胃切除術(LAPPG)の手技とcine-MRIを用いた術後胃運動機能評価
  • 肥田 圭介,藤原 久貴,馬場 誠朗 [他]
  • 手術 66(11), 1633-1637, 2012-10
  • NAID 40019456813
  • 胃瘻造設術と術後胃食道逆流との関係について
  • 毛利 純子,飯尾 賢治,加藤 純爾 [他],新美 教弘,田中 修一
  • 日本小児外科学会雑誌 48(2), 187-192, 2012-04-20
  • 【目的】近年,嚥下困難に対して胃瘻造設を施行する症例が小児領域においても増加している.患児の多くは重症心身障がい児であり,これらの症例は嚥下障害に加え胃食道逆流症(gastroesophageal reflux disease;以下GERD)を発症することが多い.今回,われわれは胃瘻造設術がもたらす胃食道逆流の変化について24時間下部食道pHモニタリングを用いて検討した.【方法】2006年1月から …
  • NAID 110009437103

関連リンク

家庭医学館 胃手術後障害(胃手術後遺症)の用語解説 - ◎胃手術後障害とは 胃の 手術の後遺症を胃手術後障害(Postgastrectomy Disturbances)、または胃手術 後遺症といい、おもに以下にあげるようなものがあります。 後遺症のおこりにくい術式を 選ぶ ...
2012年1月12日 ... 胃がんの手術後は、基本的に何を食べても問題はありません。しかし、手術後は胃が 小さくなったり、なくなったりするため、一度にたくさんの量を食べたり、食べ方が速かっ たりすると、ダンピング症候群、小胃症状、逆流性食道炎などの合併症 ...

関連画像

胃がんの治療と手術|高野病院胃癌の手術 イラストでみる胃 胃バイパス術 : 『減量手術』で 胃がんと腹腔鏡手術について 胃癌術式と胃術後障害|【送料 胃の病気-胃癌、胃炎、胃潰瘍


★リンクテーブル★
関連記事」「術後

胃」

  [★]

stomach (Z)
gaster, ventriculus
消化器系#上皮の移行
  • 図:KL.346(動脈)

解剖

  • 胃は以下の間膜によって連結されている。
    • 横隔膜の下面との間は胃横隔間膜
    • 脾臓との間は胃脾間膜

胃の位置

  • 噴門口:第7肋軟骨の胸骨付着部より約2cm左(T11の高さ) (KL.342)
  • 胃底:胃底の上端は左第5肋骨の高さ (KL.342)
  • 幽門:L1の高さ (KL.342)

胃の動脈


生理

胃腺の分布

2007年後期生理学授業プリント

粘膜上皮細胞 主細胞 壁細胞 副細胞
(頚粘液細胞)
腸クロム親和様細胞 D細胞 G細胞
噴門腺            
固有胃腺  
幽門腺          

HIS

部位 胃小窩 胃表面上皮細胞 主細胞 頚粘液細胞
(副細胞)
壁細胞 幹細胞 内分泌細胞
噴門部 噴門腺 浅い  
胃体部 固有胃腺 中間
幽門部 幽門腺 深い  

胃腺の移動

  • 胃底腺幽門腺の境界は移動する。
  • 年齢に伴って上昇する?らしく、これにともない胃酸の分泌が低下する。

胃液のホルモンによる分泌調節

消化管ホルモン 分泌細胞 分泌調節(+) 分泌調節(-) 作用
ヒスタミン 腸クロム親和様細胞 アセチルコリン
ガストリン
  胃酸分泌
ソマトスタチン D細胞     胃酸分泌抑制
ガストリン G細胞   胃pH低下 胃酸分泌

生理

神経支配

  • 内在神経系
  • 1.粘膜下神経叢
  • 2.筋層間神経叢
  • 外来神経系
  • 1.交感神経系
T6,7の側柱→大内臓神経(節前線維)→腹腔神経叢(節後線維)→内在神経叢内でシナプス前抑制、一部直接作用
  • 2.副交感神経系
迷走神経(節前線維)→内在神経系(アセチルコリン作動性ニューロン(興奮性)、VIP,NO作動性ニューロン(抑制性))

役割

  • 1. タンパク質の消化
  • 2. 食物の貯蔵
  • 3. 殺菌

機能

  • 1. 食物貯蔵
受け入れ弛緩(胃近位部弛緩)
  • 2. 食物混和
蠕動運動、逆移送
  • 3. 糜粥排出

受け入れ弛緩

  • 迷走神経反射。胃近位部伸展受容器→迷走神経→脳幹→迷走神経

臨床関連





術後」

  [★]

postoperativepostprocedure
手術後





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡