血管形成肉腫

出典: meddic

sarcoma angioplasticum
管形成肉腫血管肉腫 angiosarcoma

関連リンク

下といわれる2)。血管肉腫の初期の臨床像は紫. 斑のみで,皮膚科専門医でなければ 臨床診断は. 困難である。まして,患者本人や家族がその時. 点で皮膚悪性腫瘍を疑う ことはない。しかし,. その後急速に病変は拡大し,結節・潰瘍を形成. し,出血し始める。
vascular channelを形成し増殖しており肝血管肉腫と. 診断された (Fig.5b). 考 察. 肝 血管肉腫の発生頻度としては1977年から1986年ま. での10年間の統計で5,162例の 音」検に 1例 の割合で認. め,肝 原発悪性腫瘍の0.26%めと極めてまれな疾患と. いえる。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みangiosarcoma
リンク元血管肉腫
関連記事血管」「肉腫」「形成」「血管形成」「

angiosarcoma」

  [★] 血管肉腫

WordNet   license wordnet

「a rare malignant neoplasm arising from vascular tissue; usually occurs in the breast and skin and is believed to originate from the endothelial cells of blood vessels」

血管肉腫」

  [★]

angiosarcoma, hemangiosarcoma
悪性血管内皮腫 malignant hemangioendothelioma
血管形成肉腫

概念

  • 肉腫
  • 高齢者の頭皮、顔面、に発症。
  • 軟部腫瘍の1-2%のまれな腫瘍
  • 血管あるいはリンパ管の内皮細胞の増殖による悪性腫瘍。
  • 血行性に肺に転移しやすく、予後はきわめて不良。

鑑別


国試



血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



肉腫」

  [★]

sarcoma
癌腫 carcinoma悪性非上皮性腫瘍


特徴 癌腫
carcinoma
肉腫
sarcoma
由来 上皮 間葉系組織
良悪性 悪性 悪性
発生頻度 比較的多い
転移形式 多くがリンパ行性 多くが血行性
in situ時期
上皮内癌
粘膜内癌
有り 無し
年齢 老人・中年(50歳以上) 若年・壮年(50歳以下)


形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


血管形成」

  [★]

angiogenesisvasculogenesisangioplasty
血管形成術血管形成誘導血管原性血管新生血行性脈管形成


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡