血漿フィブリノゲン

出典: meddic

plasma fibrinogen
血漿フィブリノーゲン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-25-3 当院で作成した,産科DICに対する輸血プロトコールの有効性 : PT%と血漿フィブリノゲン値に基づいた乾燥ヒトフィブリノゲンおよびFFP投与法(Group 77 産科出血1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第65回学術講演会)
  • 瀬戸 さち恵,岡垣 竜吾,鈴木 元晴,菊地 真理子,三木 明徳,板倉 敦夫,石原 理
  • 日本産科婦人科學會雜誌 65(2), 763, 2013-02-01
  • NAID 110009639028
  • 痔核根治手術後の創部組織血流量の変動より見た創傷治癒過程とその意義
  • 宇都宮 高賢,柴田 興彦,山邉 素子,菊田 信一,堀地 義広
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 61(8), 481-488, 2008
  • … 後1∼5日までは変化はみられなかった(炎症期).6日目から12日までは増加を示し(増殖期),13日より24日まではプラトーとなり(組織再構築期),25日以降は低下した(成熟期).炎症期と増殖期前半に血漿フィブリノゲンと血管内皮細胞増殖因子が相関を持って増加した.この間,組織型,ウロキナーゼ型プラスミノゲン·アクチベータの活性の増加も認めた.炎症期より組織再構築期の中盤まで血小板由来増殖因子は …
  • NAID 130000104921
  • ビタミンE固定化ダイアライザーCL-EEが血液透析患者の血液粘性と酸化ストレスに及ぼす影響
  • 小池 勤,供田 文宏,絹野 裕之 [他],杉森 弘子,鍵谷 聡志,井上 博,林 省一郎,中村 國雄,林 健志,平田 仁,松本 三千夫
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 40(6), 507-512, 2007-06-28
  • 血液透析患者において, ビタミンE固定化ダイアライザー (CL-EE) が血液粘性に及ぼす影響を酸化ストレスの面から検討した. 14例でCL-EEによる血液透析を1年間行い, その前後で血液粘性, 血漿粘性, ヘマトクリット, 血漿フィブリノーゲンおよび酸化ストレスの指標として血中酸化LDLを測定した. CL-EE使用前, 血液粘性は透析後に上昇した. 1年間のCL-EEによる透析後, 血液粘性は …
  • NAID 10019966904

関連リンク

肝臓で合成され、血漿中に溶解している糖タンパク質である前駆体、フィブリノーゲン ( fibrinogen) からフィブリン・モノマーが作られる。血液の液体成分である血漿に占める フィブリノーゲンの割合は 0.2% から 0.4% である。フィブリノーゲンは、3種類、合計6本 の ...
アメリカでは、「アメリカ食品医薬品局」(FDA) が、プール血漿由来のフィブリノゲン製剤 がB型肝炎ウイルスに汚染される可能性が高いことと効果が疑わしいこと及び フィブリノゲン製剤の代わりとなる製剤として、濃縮凝固因子(クリオプレシピテート)が 利用可能で ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問098D035」「105F005」「107E013
リンク元plasma fibrinogen」「血漿フィブリノーゲン
関連記事フィブリノゲン」「血漿

098D035」

  [★]

  • 生後5日の新生児。
  • 在胎39週4日、出生体重は3,210gで、仮死はなかった。出生時から後頭部に腫瘤が認められている。生後3日から時々少量の鼻出血に気付かれている。
  • 家族歴に特記すべきことはない。
  • 血液所見:赤血球320万、Hb9.8g/dl、白血球9,200、血小板2.2万。プロトロンビン時間(PT)16秒(基準対照11.3)、AFIT73秒(基準対照32.2)。
  • 血清生化学所見:総ビリルビン8.1mg/dl、AST48単位(基準40以下)、ALT32単位(基準35以下)、LDH450単位(基準170~580)。後頚部腫瘤の写真を以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。
  • a. 血清FDPは正常である。
  • b. Coombs試験は陽性である。
  • c. ビタミンKの欠乏がみられる。
  • d. 骨髄での血球産生は抑制されている。
  • e. 血漿フィブリノゲンは低下している。


[正答]
※国試ナビ4※ 098D034]←[国試_098]→[098D036

105F005」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105F004]←[国試_105]→[105F006

107E013」

  [★]

  • 妊娠によって母体で低下するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E012]←[国試_107]→[107E014

plasma fibrinogen」

  [★]

血漿フィブリノーゲン」

  [★]

plasma fibrinogen
血漿フィブリノゲン

フィブリノゲン」

  [★]

fibrinogen, Fbg Fib
凝固第I因子 第I因子 factor Iフィブリノーゲン線維素原
フィブリノゲンHT
フィブリン血液凝固因子血液凝固
  • トロンビンより分解を受け、フィブリンモノマーを生じる。
  • 肝臓で産生さて、血漿中に存在
  • 340kDa
  • 血中半減期:3-4日

機能

分解されるまでの過程

  • フィブリンやフィブリノゲンはプラスミンにより分解されフィブリン/フィブリノゲン分解産物(FDP)となり、網内系で処理される。

フィブリノゲンの量に影響を与える要素

減少

  • 産生の低下
  • 出血に対する止血による消費
  • プラスミンによる分解な

増加

  • (急性相反応性物質)炎症(感染症など)、悪性腫瘍
  • 妊娠

フィブリノゲンの解釈

低値

  • 先天性疾患(先天性の低フィブリノゲン血症、フィブリノゲン異常症、無フィブリノゲン血症)
  • 後天性疾患(重症肝臓疾患:産生低下、播種性血管内凝固(DIC):消費亢進)

高値

  • 妊娠?



血漿」

  [★]

血漿
plasma (HIS,SP), plasm (Z,PT), blood plasma
血液血清新鮮凍結血漿
  • 血液の約55%を占める
  • 血液から血球を除去したもの
血球(赤血球白血球血小板)

色調

  • 淡黄色

比重

  • 1.024-1.029 (LAB.1793)





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡