血液検査

出典: meddic

blood analysis, blood diagnosis, blood examination, blood test, hematologic diagnosis, hematological analysis, hematology analysis(J-Global)
blood test, hematologic test, blood chemical analysis(LSD)
blood exam, blood investigation, blood study, blood test, blood testing, blood examination, blood screening, blood work-up, examination of the blood, hematological examination(space alc)
血液分析, 血液検査, 血液診断, 血液試験(J-Global)


  • 血算
  • 血栓・凝固
  • 生化学

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/11 19:42:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 保健センターだより 第58号
  • 保健センターだより 58, 2012-04-01
  • … ドック受診状況及び成績/平成22年度教職員胸部レントゲン撮影受検状況(人間ドック含む)/平成22年度教職員定期健診心電図検査受検状況(人間ドック含む)/平成23年度学生定期健康診断受検者数及び結果/平成23年度血液検査成績(学部・一回生及び編入生)/平成23年度血液検査成績(非常勤職員含む教職員)/平成24年度保健センター事業予定表/保健センターへようこそ/それでは一言。 …
  • NAID 120004107991
  • 運動実施の支援による体力の向上とメタボリックシンドロームの予防・改善の関係
  • 百々瀬 いづみ,森谷 [キヨシ],清水 真理,伊藤 和枝,木谷 信子,原 美智子,牧田 章,斉藤 昌之,松下 真美,渡辺 久美子,佐々木 正子,金子 裕子,中川 幸恵,松田 清美,佐藤 あゆみ,関谷 千尋
  • 天使大学紀要 12, 53-67, 2012-03-30
  • … 対象は、クリニックを受講し修了した58名(男性22 名、女性36 名)であり、運動行動変容段階、自己効力感(SE)や、ソーシャルサポート(SS)、体力、身体組成、血液検査値、栄養摂取量等を測定した。 …
  • NAID 110009326834
  • 臓器別専門外来でのReview of systems聴取の重要性が示唆されたAmelanotic melanomaの1剖検例
  • 石井 彰,菅原 斉,渡辺 珠美,松本 充也,松林 洋志,出光 俊郎,兵頭 隆史,山田 茂樹,川上 正舒
  • 自治医科大学紀要 34, 129-134, 2012-03-01
  • … 身体所見上,左下腹部に1cm大の弾性硬で可動性不良の皮下結節があり,血液検査で肝胆道系酵素の上昇が認められた。 …
  • NAID 110008922666

関連リンク

血液検査から得られる情報は非常に多く、血液検査の項目の意味と基準値を知ることで、さまざまな病気の予防、早期発見ができます。自覚症状を表すことなく忍びよる生活習慣病の予防、早期発見のためにも、定期的な ...
血液検査を詳しく知りたい方へ。多数の血液検査項目・検査結果の見方・正常値がわかる。血液は全身を隅々まで巡っているため、さまざまな情報を私たちに教えてくれる貴重な情報源です。血液検査で多くの病気はわかって ...
検査項目 参考 高値を示す疾患 低値を示す疾患 TP 総 タンパク 基準値: (6.5~8.3)g/dl 血液濃縮 脱水 ・悪性腫瘍 ・吸収不良症候群 ・慢性肝疾患 ・ネフローゼ ・出血 ・蛋白漏出性胃腸症 ・大量の補液 ・ヤケド 血清総タンパクは ...

関連画像

血液検査結果一覧 更新 血液検査(2007.10.11)血液検査 2396261血液検査フルコース 如何です 血液検査 2506776血液検査』の画像を検索 血液検査血液検査の結果は特に異常ない


★リンクテーブル★
国試過去問101D033」「107C028」「108B043」「096F007」「100D006
リンク元100Cases 58」「血液生化学検査」「blood test」「hematologic test
関連記事血液」「検査

101D033」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 25歳の男性。意識消失発作を主訴に来院した。
  • 現病歴:受診日の早朝、車を運転中に便意を自覚した。排便したかったが、我慢をして運転を続けた。ガソリンスタンドに車を止めて、車外に一歩踏み出したところで、発汗を認めた。そして頭から血が引いてゆく感じがして気が遠くなり、その場にゆっくりと倒れ込んだ。数秒後に意識は戻り、怪我はなく、歩行することができた。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現症:身長170cm、体重65kg。体温36.5℃。呼吸数14/分。脈拍80/分、整。血圧100/80mmHg。眼瞼結膜に貧血はない。心音と呼吸音とに異常を認めない。神経学的に異常所見を認めない。
  • この患者の診断に最も有用なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D032]←[国試_101]→[101D034

107C028」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 84歳の男性。尿閉下腹部痛とを主訴に来院した。
  • 現病歴:以前から尿意を催しても排尿に時間がかかることを自覚していた。2、3日前から鼻水と咳とがあり、昨日の朝から市販の総合感冒薬を服用した。その後さらに尿が出にくくなった。今朝はほとんど尿が出ず、下腹部痛も自覚したため受診した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を60年間。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。体温36.4℃。脈拍76/分、整。血圧158/78mmHg。呼吸数14/分。SpO2 97%(room air)。頭頸部と胸部とに異常を認めない。腹部は下腹部が膨隆しており、やや硬い。軽度の圧痛がある
  • 現時点で実施する必要がないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107C027]←[国試_107]→[107C029

108B043」

  [★]

  • 67歳の女性。腹痛を主訴に来院した。本日、自宅近くの診療所で大腸の内視鏡的ポリープ切除術を受けた。帰宅後、深夜に突然左下腹部痛が出現し、 2時間ほどしても軽快しないため救急外来を受診した。意識は清明。体温 36.2 ℃。脈拍 72/分、整。血圧 112/70 mmHg。呼吸数 14/分。腹部は平坦で、左下腹部に圧痛を認める。筋性防御と反跳痛とは認めない。
  • 血液検査に加え、まず行うべきなのはどれか。
  • a 腹部MRI
  • b 注腸造影
  • c 試験開腹
  • d 胸腹部エックス線撮影
  • e 下部消化管内視鏡検査


[正答]


※国試ナビ4※ 108B042]←[国試_108]→[108B044

096F007」

  [★]

  • 67歳の男性。腹部のしこりを主訴として来院した。2年前から腹部のしこりに気付いていた。最近これが大きくなり、腹部膨満感も出現した。触診上腫瘤は拍動性である。腹部の写真を以下に示す。この患者の診断に有用なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 096F006]←[国試_096]→[096F008

100D006」

  [★]

  • 67歳の男性。腹部のしこりを主訴に来院した。2年前から腹部のしこりに気付いていたが、最近急に大きくなってきた。触診上腫瘤は拍動性である。腹部の写真を以下に示す。この患者の診断に有用なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 100D005]←[国試_100]→[100D007

100Cases 58」

  [★]

63歳 女性
主訴口渇頻尿
来院のきっかけ:(GPから)多尿精査のために泌尿器科医に紹介された。
症状
 (主訴にまつわる症状)
 ・多尿:(発症時期)4週間前。(発症様式)突然。(頻度)一晩に5回排尿
 (主訴以外の症状)
 ・全身倦怠感:3ヶ月間体中調子悪い。
背部痛
 ・体重減少:3ヶ月前から3kg体重減少
 ・頭痛悪心:朝に悪心持続する前頭部頭痛。(増悪因子)臥床咳嗽
既往症:8年前、乳癌のために乳房切断術放射線照射をうけた。
職業歴:市に公務員に勤めていたが、現在退職している。
嗜好歴:喫煙歴無し。飲酒は10 units/week
服薬歴:なし
身体所見 examination
全身:やせている。筋肉萎縮(muscles are wasted)。
循環器系脈拍 72 /分、血圧 120/84 mmHg頚静脈怒張なし。I, II音に亢進減弱無く、過剰心音雑音を認めない。
四肢浮腫なし
呼吸器系腹部神経系に異常所見なし。
眼:眼底乳頭浮腫を認める。
検査所見 investigations
高値Ca(軽度高値)、アルカリホスファターゼ
尿検査蛋白(-)、血尿(-)
frequency n.頻尿
pass urine 排尿する
servant n. 公務員
mastectomy 乳房切断術
乳癌が脳に転移し、視床下部浸潤圧迫尿崩症を来している。頭痛悪心頭蓋内圧によるもので、眼底の乳頭浮腫はこれを指示している。また、朝の頭痛頭蓋内圧亢進症に特徴的らしい。また、咳や体位により増悪するのも頭蓋内圧亢進によるものということを支持している。背部痛があるので、胸椎から腰椎骨転移しており、骨破壊によりCa, AlP上昇を来していると理解される。
尿崩症尿比重血液検査
頭蓋内圧亢進症:頭部MRI。利尿剤によって頭痛が軽快するか検査
骨転移胸部or腰部MRI。ガリウムシンチグラフィーで全身転移巣を精査


血液生化学検査」

  [★]

biochemical test, biochemical examination of blood, blood chemical analysis, biochemical blood test, blood biochemical examination, blood biochemical test, blood biochemical values, blood chemical examination, blood chemistry, serum biochemistry, serum chemistry
生化学検査生化学的検査血液検査

意義

生化学検査で知りうることは、血清タンパク、アミノ酸、窒素化合物、血清酵素、電解質、脂質など多岐にわたる。それぞれの項目には、反映する生体内の反応がある。生体内の反応の変化を知ることは生体の現在おかれている状態を理解する手助けとなる。生体内でおこっていることを基本的診察のみで100%知り得ることはできない。したがって生化学検査によって生体におこっている状況をとらえ、より確かな病態の把握をおこなうことが可能になる。

方法

患者から静脈血を採血し、血清用スピッツに注入し遠心により血清だけ分離し、血清を各項目に対応した試薬によって各検査項目に特異的な反応をおこし吸光度を求め定量する。

注意

生化学検査のみを行うことは少なく、同時に血算や凝固の検査もおこなうことが多いと考えられる。凝固や血算のスピッツには凝固反応を起こさせないように、EDTAやクエン酸Naなどがスピッツ内にあらかじめ入れてある。生化学検査のスピッツを血算や凝固のスピッツより後に採血すると、生化学検査のスピッツにEDTAやクエン酸が混入する可能性がある。もし混入すると陽イオンがキレートされ生化学検査の電解質の結果が狂ってくる。また、スピッツを力一杯混和すると、溶血をきたし赤血球内容物が溶出しLDH、AST、Kの値が増加する。


blood test」

  [★]

  • 血液検査
hematologic test


hematologic test」

  [★]

  • 血液検査
blood test


血液」

  [★]

blood (PT,Z)
sanguis
全血球計算値循環血液量血球血液量

概念

  • 血液は45%の細胞成分と55%の血漿成分から構成される。
  • 弱アルカリ性(pH7.4)でやや粘稠の鮮紅色から暗赤色の体液 (HIS.189)
  • 成人の血液量は約5L (HIS.189)
  • 体重の1/13 (SP.484),体重の約7% (HIS.189), 体重の約8% (2007年度前期解剖学授業)
  • 全血液量の約1/3が失われると死亡する

構成

血液の量

091208II 麻酔
  新生児 乳児 幼児以降 高齢者
循環血液量(ml/kg) 90 80 70 60
体重に対する血液量(%) 9 8 7 6

血液に関する標準値

SP.484
  男性 女性 単位など
ヘマトクリット 45 40 %
血液量 75 65 ml/kg
比重 1.057 1.053 (血漿1.027)
浸透圧 275-290 mOsm/Kg・H2O

基準値

  • 赤血球 (2007前期解剖学プリント)
♂:4.95±0.75 x 10^6 (/μl)
♀:4.65±0.85 x 10^6 (/μl)
  • 白血球 (2007前期解剖学プリント)
  • 血小板 (2007前期解剖学プリント)
  • ヘマトクリット
♂:40-50 (%) 45%
♀:35-45 (%) 40%

LAB.1790

項目名   性別/
種類
 
赤血球   414~563 x10^4/ul
373~495
ヘモグロビン Hb 12.9~17.4 g/dl
10.7~51.3
ヘマトクリット Ht 38.6~50.9 %
33.6~45.1
平均赤血球容量 MCV 84.3~99.2 fl
80.4~101.0
平均赤血球血色素量 MCH 28.2~33.8 pg
25.5~34.6
平均赤血球血色素濃度 MCHC 32.2~35.5 %
30.8~35.4
網赤血球   0.5~1.8 %
0.4~1.6
血小板 Plt 14.3~33.3 x10^4/ul
13.7~37.8
白血球 WBC 2970~9130 /ul
3040~8720
好中球桿状核 0~9 %
好中球分葉核 28~68 %
好酸球 0~10 %
好塩基球 0~2 %
リンパ球 17~57 %
単球 0~10 %





検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡