血小板由来成長因子受容体

出典: meddic

platelet-derived growth factor receptorPDGF receptor
PDGF受容体血小板由来成長因子レセプターPDGFレセプター血小板由来増殖因子レセプター血小板由来増殖因子受容体

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P496 血管平滑筋細胞における血小板由来成長因子受容体-β遺伝子発現調節
  • 大蔵 隆文,北見 裕,福岡 富和,間口 元文,伊賀瀬 道也,小原 克彦,日和田 邦男
  • Japanese circulation journal 61(SupplementI), 510, 1997-03-05
  • NAID 110002624318
  • 新しい血小板由来成長因子受容体の機能および発現調節機構の解析 (助成研究報告)
  • 松井 利充
  • 神戸大学医学部神緑会学術誌 8, 128-130, 1992-06
  • NAID 120005472438
  • 新しい血小板由来成長因子受容体の機能および発現調節機構の解析 (助成研究報告)
  • 松井 利充
  • 神戸大学医学部神緑会学術誌 8, 128-130, 1992-06
  • NAID 110006688347

関連リンク

チロシンキナーゼ関連型受容体の一種であるPDGFRには構造的に類似した2種類のサブタイプが存在し、それぞれPDGFRαおよびβと呼ばれており、ヒトの染色体では4q11-12、5q31-32に位置する。PDGFRAおよびPDGFRB遺伝子は互いに ...
PDGFはチロシンキナーゼ関連型であるPDGF受容体(PDGFR )を介してその生理作用を発現することが知られている。 目次 1 発見の経緯 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元血小板由来成長因子レセプター」「血小板由来増殖因子レセプター」「platelet-derived growth factor receptor」「PDGF受容体」「PDGF receptor
関連記事血小板」「受容体」「成長」「成長因子」「由来

血小板由来成長因子レセプター」

  [★]

platelet-derived growth factor receptorPDGF receptor
PDGF受容体PDGFレセプター血小板由来成長因子受容体血小板由来増殖因子レセプター血小板由来増殖因子受容体


血小板由来増殖因子レセプター」

  [★]

platelet-derived growth factor receptor
PDGF受容体血小板由来成長因子レセプター血小板由来成長因子受容体血小板由来増殖因子受容体


platelet-derived growth factor receptor」

  [★]

PDGF receptor

PDGF受容体」

  [★]

PDGF receptor
血小板由来成長因子レセプターPDGFレセプター血小板由来成長因子受容体血小板由来増殖因子レセプター

PDGF receptor」

  [★]

platelet-derived growth factor receptor


血小板」

  [★]

platelet (Z), blood platelet (Z), PLT
栓球 thrombocyte
血小板血栓血小板数 platelet count PLC


  • GOO. 1468(血小板凝集 platelet aggregation)
  • 半減期:1週間(異常値の出るメカニズム第2版)。4日 (SP.505)。
  • 寿命:10日
  • 体積:5-10 fl
  • 直径:2-5μm。
  • 無核。

基準値

  • 15万 - 40万 /μl (2007前期解剖学授業プリント, SP.505)
  • 15万 - 35万 /μl (2007前期生理学授業プリント, PT.233)

新生児

  • 10-28万/mm3 (SPE.74)

パニック値

出典不明
  • ≦3万 /μl、≧100万 /ul

産生組織

トロンボポエチンにより巨核球の細胞質がちぎれて血流に放出される (SP.505)

貯蔵組織

  • 約1/3が脾臓に存在

組織学

  • α顆粒 α-granule
P-セレクチンを膜上に持つ
フィブリノーゲンフィブロネクチン第V因子第VIII因子platelet factor 4PDGFTGF-α (BPT.89)
  • 濃染顆粒 dense body
ADPATP、Ca2+、ヒスタミンセロトニンエピネフリン (BPT.89)

機能 (SAN.236-237)

1.一次止血

  • (1) 内皮が剥離した部位にvWFが結合
  • (2) 血小板のGpIb/GpIXを介してvWFに結合
  • (3) GpIIb/IpIIIa複合体を膜状に発現。血小板が変形し顆粒を放出(ADP, TXA2,セロトニン)
TXA2,セロトニンは血管収縮作用
ADP, TXA2,セロトニンは血小板凝集

2.血液凝固の促進

  • 血小板表面のリン脂質がIX因子X因子を結合し活性化する

3.毛細血管機能の維持

  • 毛細血管内皮細胞に融合し血管内皮を補強している → 血小板減少により点状出血を来すことになる。

膜タンパク

ファミリー 慣用名 CD分類 リガンド 機能 欠損症
インテグリン GpIIb CD41 フィブリノゲン 凝集 Glanzmann血小板無力症(GT)
GpIIIa CD61
LRG GpIb CD42bc vWF 粘着 ベルナール・スリエ症候群(BSS)
GpIX CD42a
GpV CD42d

血小板減少による症状

  • 5-10万 :症状なし-やや止血しにくい程度
  • 2-3万  :下肢に点状出血 (→皮下出血)
  • 1万以下 :粘膜出血→臓器出血の危険あり

検査

  • 抗凝固剤としてEDTAを用いた場合、EDTA依存性偽血小板減少をきたすことがある。

臨床関連

数の異常

機能の異常

  • ストレージプール病の一つ。α顆粒の欠如




受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

成長」

  [★]

growthoutgrowthgrowoutgrowdevelopment
発育伸長増殖伸びる発達生育
二次性徴

身長体重頭囲胸囲

  身長(cm) 体重(kg) 頭囲(cm) 胸囲(cm)
生下時 50   3 (x2) 33 32
3ヶ月 60   6      
6ヶ月 70   8      
1歳 75 (x1.5) 9 (x3) 45 45
2歳       (x4)    
3歳 94   14   49 50
4歳   (x2)   (x5)    
5歳       (x6)    

ホルモン

検査値

  • 抗体価
  • 1歳でIgMは成人と同程度
  • MAGE → IgM, IgA, IgG, IgEの順に成人値と同じレベルとなる。



成長因子」

  [★]

成長因子 growth factor
成長促進因子 growth-promoting substance、発育因子増殖因子
[show details]


血管新生

angiogenic factor

angiostasis



由来」

  [★]

derivestemcome fromdescendborne
基部生じる引き出す本幹下降起こる派生媒介性



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡