蛋白細胞乖離

出典: meddic

蛋白細胞解離

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 前駆症状として自律神経症候を合併したGuillain-Barré症候群の1例
  • 浜田 陸三,音瀬 広章
  • 日本内科学会雑誌 78(3), 422-423, 1989
  • … 症例は69才,女性.血圧変動等の自律神経症候を主な前駆症状として発症した.血圧が安定した後,顔面,四肢の弛緩性麻痺,脳脊髄液の蛋白細胞乖離が明らかとなりGuillain-Barré症候群(GBS)の臨床像が完成した.過去の報告例ではGBSの極期に自律神経症候が出現しているが,本症例では麻痺に先行して出現した点で特異的である.自律神経症候のみを呈する症例に関してもGBSを鑑別疾患の一つとして考慮する必要がある. …
  • NAID 130000900980

関連リンク

脳脊髄液中に蛋白が増加しているが、細胞の増加は認めない(蛋白細胞解離)。解離の 程度は臨床症状の程度に平行して増強し、病初期ははっきり ... 髄液内に細胞浸潤は 認められないものの、組織障害が起こり蛋白の上昇が起こっていると考えられている。 ...

関連画像

神経伝達物質とは、なんじゃ 蛋白細胞解離図:Ⅰ型(IFN-α/β)およびⅡ型 Reproductive-Fitness.com: The Leading


★リンクテーブル★
関連記事細胞

細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡