薬物受容体複合体

出典: meddic

drug-receptor complexDR complex
薬物レセプター複合体

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

結合する と考えられる特別な部位を Cーark は受容体と呼び〟 さ らに薬物と受容体. と の結合は質量作用の法則ーaw 。f mass acti。nに従う と考えた. すなわち,. ここでA, R, AR は薬物, 受容体, 薬物受容体複合体を) [A]' [R], [AR]. はそれぞれの濃度を, KDは ...
受容体(じゅようたい、receptor)とは、生物の体にあって、外界や体内からの何らかの 刺激を受け取り、情報として利用できるように変換する仕組みを持った構造のこと。 ... 外界や体内からの刺激を受けとる分子やその複合体のこと。 ... これらに結合する薬物 の中から医薬品の候補が見付かる可能性があるとして創薬の面からも注目されている。

関連画像

薬物の受容体結合の解析薬】物理系薬学分析科学分野 アゴニストをA、薬物受容体をR  (ネルフィナビル)の複合体構造クラスターI: ステロイド合成


★リンクテーブル★
リンク元drug-receptor complex」「薬物レセプター複合体」「DR complex
関連記事受容体」「薬物」「複合体」「受容」「

drug-receptor complex」

  [★]

DR complex


薬物レセプター複合体」

  [★]

drug-receptor complex
薬物受容体複合体


DR complex」

  [★]

  • 薬物受容体複合体
drug-receptor complex


受容体」

  [★]

receptor
レセプターリセプター
  • 図:GOO.27

種類

First Aid FOR THE USMLE STEP 1 2006 p.199

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
アドレナリン
ノルアドレナリン
α1 Gq 血管平滑筋収縮
α2 Gi 中枢交感神経抑制、インスリン放出抑制
β1 Gs 心拍数増加、収縮力増加、レニン放出、脂肪分解
β2 骨格筋筋弛緩、内臓平滑筋弛緩、気道平滑筋弛緩、グリコーゲン放出
β3 肥満細胞脂質分解亢進
アセチルコリン M1 Gq 中枢神経
M2 Gi 心拍数低下
M3 Gq 外分泌腺分泌亢進
ドーパミン D1 Gs 腎臓平滑筋弛緩
D2 Gi 神経伝達物質放出を調節
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
バソプレシン V1 Gq 血管平滑筋収縮
V2 Gs 腎集合管で水の透過性亢進

チャネルの型による分類(SP. 154改変)

イオンチャネル連結型受容体

Gタンパク質共役型受容体

受容体とシグナル伝達系

リガンド、受容体、細胞内情報伝達系

PKA,PKC

癌細胞における

薬物」

  [★]

drug, medication, medicament
薬物中毒薬物依存薬物濫用
処方ドラッグ麻薬薬剤薬剤負荷薬物療法薬物適用薬品


複合体」

  [★]

complexcomplexescomposite
合成物錯体多層複合性複合物複雑コンプレックス複合


受容」

  [★]

accept, acceptance
受け取る承認受諾認容認める受け入れる



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡