菱脳

出典: meddic

rhombencephalon (KL), hindbrain
一次脳胞, 脳胞



発生学

前脳 prosencephalon
forebrain
終脳 telencephalon 大脳半球 cerebral hemisphere
間脳 diencephalon 間脳 diencephalon
中脳 mesencephalon
midbrain
中脳 mesencephalon 中脳 midbrain
菱脳 rhombencephalon
hindbrain
後脳 metencephalon pons
小脳 cerebellum
髄脳 myelencephalon 延髄 medulla oblongata


和文文献

  • 菱脳に特異的に発現する新規転写因子群
  • 松本 健,竹内 純,小柴-竹内 和子,高橋 直樹,小椋 利彦
  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 660, 1998-12-01
  • NAID 10002920344
  • ラット胚菱脳・脊髄におけるNotchシグナリングと介在神経細胞分化
  • 高嶋 記子,井上 高良,中村 俊,大隅 典子
  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 660, 1998-12-01
  • NAID 10002920342
  • レチノイン酸,Hox,Shh:菱脳,肢芽形成過程における役割 (特集 発生を制御するシグナル伝達)
  • 人胎児の中,菱脳の発生学的研究

関連リンク

菱脳 りょうのう rhombencephalon 脊椎動物の発生の際,神経管が中枢神経系の原基として形成されてくるが,その先端部に肥厚肥大部が現れ,前後方向に3つのくびれが生じてくる。端脳,中脳,菱脳がそれで,最後部の菱脳を後脳 (広義 ...
りょうのう【菱脳】とは。意味や解説、類語。脳の発生の過程でできる脳胞の最も後方のふくらみ。内腔に第四脳室があり、やがて前部が後脳に、後部が髄脳に分化する。 - goo国語辞書は27万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど ...
菱脳 - Rhombencephalon Quick Links 画像 ‹ › 説明 The hind-brain or rhombencephalon occupies the posterior fossa of the cranial cavity and lies below a fold of dura mater, the tentorium cerebelli. It consists of the myelencephalon , ...

関連画像

後半 から 中脳 と 菱 脳 が anatomy16b-3.jpg (23762 バイト)図2.神経管の領域化菱脳峡(J(I)sthmus rhombencephali 06月05日 詳細 3 神経系の基礎  見る人間としての脳・神経機能rabbit blog the brainヒトの脳の外側面。小脳は図の


★リンクテーブル★
先読みhindbrain」「脳胞
リンク元小脳」「大脳」「前脳」「後脳」「頚屈
拡張検索菱脳節
関連記事

hindbrain」

  [★]

後脳

hind brainmetencephalonrhombencephalon

WordNet   license wordnet

「the posterior portion of the brain including cerebellum and brainstem」
rhombencephalon

脳胞」

  [★]

cerebral vesicle, cerebral vesicles, cephalic vesicles
vesiculae encephalicae
一次脳胞


小脳」

  [★]

cerebellum
  • SP. 392,393
  • PT.105

発生

解剖

血管

機能概要

  • 運動のタイミング決定と一つの運動から次の運動への急速な切り替え

機能

  • ①運動開始に関与
  • ②運動学習に関与
  • ③多関節にわたる運動に関与
  • ④フィードバックモード、フィードフォワードモードに関与
  • フィードバックモード~
熟練した運動で、早く動かさないとき
  • フィードフォワードモード~
素早い運動を行うとき。学習を行うとき

入力経路

  • 3)視覚、聴覚入力
  • 5)運動の誤差情報の入力 

障害 (KAPLAN USMLE STEP 1 QBOOK p.54)

障害

  • 小脳性運動失調
  • 平衡障害、筋緊張異常、運動障害に分けられる
  • 平衡障害
  • 体幹失調=姿勢の制御不良
  • 失調性歩行
  • 注視方向への眼振(注意方向性眼振=注視眼振)
  • Tomberg兆候(-)(両側をそろえて開眼して立つ、その後閉眼しても倒れない)
  • 体幹筋失調による歩行障害(体幹歩行失調, 失調性歩行)
  • 酩酊様歩行
  • 開脚歩行
  • 継ぎ足歩行
  • 四肢の運動失調(協調運動障害)
  • ①推尺障害
  • ②変換運動障害
  • ③運動解離
  • ④共同運動不能
  • ⑤失調性構音障害

臨床関連




大脳」

  [★]

cerebrum
ブロードマン野



ブロードマン野

感覚野、運動野

  • 身体各部局在 →

発生学

前脳 prosencephalon
forebrain
終脳 telencephalon 大脳半球 cerebral hemisphere
間脳 diencephalon 間脳 diencephalon
中脳 mesencephalon
midbrain
中脳 mesencephalon 中脳 midbrain
菱脳 rhombencephalon
hindbrain
後脳 metencephalon pons
小脳 cerebellum
髄脳 myelencephalon 延髄 medulla oblongata

機能障害

  優位半球 劣位半球
側頭葉 感覚性失語、Wernicke失語、同名性上1/4半盲
頭頂葉 対側の感覚
ゲルストマン症候群(手指失認、左右識別障害、失算、失書) 半側空間無視、病態失認、自己身体失認など
前頭葉 対側の運動麻痺、眼球運動(対側への追視)障害、運動性失語、知的及び精神的高次機能障害など
後頭葉 対側の同名半盲、両側後頭葉の障害ではアントン症候群
小脳 筋共同運動障害、運動・平衡障害に関係し、運動失調を呈する。測定異常、反復拮抗運動障害、筋緊張低下、運動過多、歩行異常、異常姿勢、発語障害、眼振など


前脳」

  [★]

pros 前方に
forebrain, prosencephalon
前脳胞
一次脳胞


発生学

前脳 prosencephalon
forebrain
終脳 telencephalon 大脳半球 cerebral hemisphere
間脳 diencephalon 間脳 diencephalon
中脳 mesencephalon
midbrain
中脳 mesencephalon 中脳 midbrain
菱脳 rhombencephalon
hindbrain
後脳 metencephalon pons
小脳 cerebellum
髄脳 myelencephalon 延髄 medulla oblongata


後脳」

  [★]

(pref.)met, meta 後続、後位
metencephalon, hind brain
一次脳胞,



頚屈」

  [★]

cervical flexure
flexura cervicalis
頸屈曲頸屈
  • 一次脳胞が形成される頃に形成される L.394-396
  • 菱脳脊髄の間で頭端部神経管が屈曲する L.394-396



菱脳節」

  [★]

rhombomererhombomeric
ロンボメア


脳」

  [★]

brain
encephalon
大脳ブロードマン野

発生学

前脳 prosencephalon
forebrain
終脳 telencephalon 大脳半球 cerebral hemisphere
間脳 diencephalon 間脳 diencephalon
中脳 mesencephalon
midbrain
中脳 mesencephalon 中脳 midbrain
菱脳 rhombencephalon
hindbrain
後脳 metencephalon pons
小脳 cerebellum
髄脳 myelencephalon 延髄 medulla oblongata

解剖

  • 重量:成人の場合体重の2.2%。2-3%ともいわれる。
新生児:約400g、成人:男性約1,350g、女性:約1,250g

脳幹に着目した分類

  • 大脳、小脳、脳幹(中脳・橋・延髄)

発生学

  • 外胚葉

生理学

  • 脳血流量:心拍出量の15% (心拍出量が5Lとしたら、毎分750ml灌流している事になる)
  • 脳の酸素消費量:全身の消費量の20%
  • 脳のグルコース消費量:全身の消費量の25%。1日100-150g(SCN.3)
  • 血流限界:3分 ⇔心臓は10分(see:窒息)

神経内科プリント

  脳での需要量 割合
血液 700~900 ml/分 心拍出量の 約15%
酸素 40~46 ml/分 全身需要量の 約20%
グルコース 310 μmol/分 全身需要量の 約25%







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡