菌交代症

出典: meddic

microbial substitution
superinfection
交代菌症重感染
菌交代


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/15 09:51:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 活動性肺結核の治療中に死亡した症例の臨床的検討
  • 小橋 吉博,松島 敏春,沖本 二郎,原 義人
  • 結核 77(12), 771-775, 2002-12-15
  • … 両側性が30例, 病型は皿型が22例, 病変の拡がりは2が24例と最も多くみられた.死因に関しては, 結核死17例に対し非結核死23例で, そのうち肺炎を主とした感染症死が15例と最も多かった.抗結核薬に対する耐性化があまりみられず, 結核菌陰性化が得られた後, 菌交代症で結核菌以外の一般細菌, 特にMRSAを中心とした肺炎合併などの感染症による非結核死が多くみられたことから, これらに対する治療法の重要性が示唆された. …
  • NAID 10010593289
  • 消化器外科術後腸炎57例の検討-周術期使用抗菌薬の影響-
  • 花谷 勇治,小平 進,浅越 辰男,宜保 淳一,戸枝 弘之,川上 小夜子
  • 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 48(5), 347-352, 2000-05-25
  • NAID 10005860695
  • 抗菌薬療法による弱毒菌の菌交代症

関連リンク

百科事典マイペディア 菌交代症の用語解説 - 抗生物質を含む化学療法剤の服用によって,これに感受性をもつ人体内の細菌が減少し,それらの細菌のために増殖をおさえられていた不感受性菌・耐性菌が異常に増殖して起こる症状。
菌交代症 菌交代症とは、抗生物質の投与によって小腸や大腸などに常時存在していた正常細菌の数が少なくなり、細菌のバランスが崩れてしまった状態のことです。 体内には多くの菌が住み着いており、それぞれの菌はお互いに抑制し ...
菌交代症の意味は?goo辞書は無料で使える日本最大級の辞書サービスです。国語辞典、英和辞典、和英辞典、類語辞典、中国語辞典、百科事典などを提供しています。 ... きんこうたい‐しょう【菌交代症】 抗生物質を用いて治療した際 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みsuperinfection
リンク元耐性菌」「クレブシエラ属」「βラクタム系抗菌薬」「偽膜性大腸炎」「重感染
関連記事」「菌交代

superinfection」

  [★]


WordNet   license wordnet

「infection that occurs while you are being treated for another infection」

耐性菌」

  [★]

resistant bacterium
薬剤耐性菌 drug resistance bacterium drug resistant bacterium
菌交代症R因子


医療系の雑誌より(日経カデット11月?)

表1抗菌薬投与後に出現する可能性か高い耐性菌

系統 前投与抗菌薬 抗菌薬投与後に高頻度に検出される細菌
自然耐性菌 獲得耐性菌
ペニシリン系 アンピシリン Klebsiella pneumoniae 大腸菌黄色ブドウ球菌(MSSAMRSA)
ピベラシリン 緑膿菌
セフエム系(第1・2世代) セフアゾリン、セフォチアム 緑膿菌腸球菌 黄色ブドウ球菌(MRSA)、大腸菌
セフエム系(第3世代) セフ卜リアキソン 腸球菌 黄色ブドウ球菌(MRSA)、緑膿菌大腸菌
セフタジジム
セフエビム
カルバペネム系 メロペネム Stenotrophomonas maltophilia 黄色ブドウ球菌(MRSA)、緑膿菌
イミペネム
アミノグリコシド系 アミカシン 腸球菌嫌気性菌 緑膿菌, Serratia marcescens
トブラマイシン レンサ球菌肺炎球菌
マクロライド系 クラリスロマイシン 腸内細菌科 黄色ブドウ球菌肺炎球菌化膿性レンサ球菌
アジスロマシン
テトラサイクリン系 ミノサイクリン Proteus mirabilis 黄色ブドウ球菌(MRSA)、Brukholderia cepacia、 Acinetobacter baumannii
Morganella morganii
Providencia rettgeri
キノロン系 レポフロキサシン レンサ球菌 黄色ブドウ球菌(MRSA大腸菌緑膿菌

表2主な耐性菌と治療薬

主な耐性菌 治療薬
緑膿菌 アズトレオナム+ブラマイシン、シプロフロキサシン(感性株)、(コリスチン)
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) バンコマイシン、テイコプラ二ン、アルベカシンリネゾリド、(ST合剤リファンピシン)
ESBLs産生大腸菌 ドリペネムメロペネムイミペネムアミカシンST合剤
グルコース非発酵性グラム陰性桿菌 ミノサイクリン、ピベラシリン、アンピシリン+スルバクタムクロラムフェニコールST合剤、(コリスチン)
バンコマイシン耐性腸球菌 テイコプラ二ン(VanB型)、リネゾリドキヌプリスチン/ダルホプリスチン
()は多分保険適用かないか、日本では未発売



クレブシエラ属」

  [★]

Klebsiella
肺炎桿菌属Klebsiella属クレブシエラ
細菌莢膜


概念

  • グラム陰性桿菌
  • 腸内細菌科
  • 通性嫌気性
  • 厚い莢膜を有する
  • 腸内常在菌。気道、消化管、泌尿生殖器などにも生息。
  • 鞭毛を持たず、線毛を持つ → 運動能なし(腸内細菌群の中で運動能を持たないのは、原則クレブシエラ属とシゲラ属のみ) (SMB.179)
  • βラクタマーゼを有し、セファロスポリン、アミノグリコシド、テトラサイクリンなどに耐性を獲得しやすい。
  • 全てのKebsiellaはアミノベンジルペニシリンに抵抗性を有する → 菌交代症が起こりやすい。Klebsiella oxytocaはアミノベンジルペニシリンやアモキシシリンの投与後に菌交代症による下痢を起こす

クレブシエラ属

  • Klebsiella pneumoniae subspecies
  • Klebsiella pneumoniae:肺炎。日和見感染菌。院内感染を起こしやすい。Streptococcus pneumoniaeより劇症。ペニシリン系抗菌薬に自然耐性。
  • Klebsiella rhinoscleromatis鼻硬化症
  • Klebsiella ozaenae臭鼻症を起こす。
-Klebsiella


βラクタム系抗菌薬」

  [★]

β-lactam antibiotics, beta-lactam antibiotic
β-ラクタム化合物 β-lactam compound
抗菌薬


種類

特徴

  • 抗菌力が強い
  • 抗菌スペクトルが広い
  • 副作用が少ない

構造

  • β-lactam環を有する

副作用

  • アレルギー(過敏症)
  • 菌交代症(偽膜性大腸菌)
  • 腎障害
  • 肝障害
  • アンタビューズ様作用、ビタミンK代謝障害



偽膜性大腸炎」

  [★]

pseudomembranous colitis
Clostridium difficile-associated disease偽膜性腸炎大腸炎
  • first aid step1 2006 p.139,141,167,170,207
  • 抗菌薬使用による菌交代症により生じる
メトロニダゾールも?(Kaplan Q book)


重感染」

  [★]

superinfectioncoinfectioncombined infectionsuperinfect
同時感染重複感染複合感染共感染菌交代症再感染


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


菌交代」

  [★]

microbial substitutionreplacement of bacteria
菌交代症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡