良性単クローン性免疫グロブリン血症

出典: meddic

benign monoclonal gammopathy BMG

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脾臓摘出後5年目の特発性血小板減少性紫斑病患者に発症した脳膿瘍
  • 高橋 徹,吉本 満,川人 由美子,森 康喜,斎藤 定三,千賀 孝治,金子 貞男,今井 浩三
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 24(1), 43-47, 2001-02-28
  • 脾臓摘出後にともなう易感染性は良く知られている.今回我々は,特発性血小板減少性紫斑病(ITP)にて脾臓摘出術を受けた5年後に発症した脳膿瘍の1症例を経験したので報告する.症例は65歳,女性.発熱,見当識障害,にて1999年8月に入院した.患者は1988年より2型糖尿病で通院していた. 1992年にITPと診断され, 1994年に脾臓摘出術を受けた. 1999年2月にはIgG, λ型の良性単クローン …
  • NAID 10007685177
  • 単クローン性形質細胞増多症とその周辺疾患 : 特発性(良性)単クローン性免疫グロブリン血症
  • 戸川 敦,小阪 昌明
  • 日本臨床免疫学会会誌 12(5), 472-478, 1989
  • NAID 130000851054

関連リンク

意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症は,多発性骨髄腫の他の典型的な症候が認められない,非癌性の形質細胞によるM蛋白の産生である。 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症(MGUS)の発生率は,25歳の人の1%から ...
25歳で1%、70歳では5%超とも言われる「意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症」の罹患者。いったい何の病気!?と思われたと思われた方がほとんどだと思います。 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症【monoclonal ...

関連画像

大きく変わりつつある多発性

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
先読みbenign monoclonal gammopathy
リンク元BMG
関連記事免疫」「グロブリン」「リン」「クローン」「

benign monoclonal gammopathy」

  [★]

良性M蛋白血症良性単クローン性γグロブリン異常症


BMG」

  [★]


免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





クローン」

  [★]

clone
クローン選択説
  • クローンは、同一の起源を持ち、尚かつ均一な遺伝情報を持つ核酸、細胞、個体の集団。

参考

  • wikipedia -クローン
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡