舌唇喉頭麻痺

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

きゅうまひ。 延髄にある運動神経の障害による麻痺。舌、口唇、口蓋、咽頭、喉頭を支配する神経や筋肉が進行性の萎縮を起こし、嚥下障害や咀嚼障害、構音障害などをきたす。 球麻痺の原因として代表的な疾患には、
構音障害 構音障害: 頭では言語が構成されているが、口唇、舌、咽頭、喉頭などの菌や支配神経の異常によりうまく話せない状態。 大脳皮質 → 呼吸器 → 喉頭 → 構音器官(声帯・口蓋・舌・歯・口唇など) ↑ここが麻痺

関連画像

嚥下障害とはツボの位置】ワケワカラン!??Cafe ”唯我独尊”


★リンクテーブル★
関連記事喉頭」「麻痺」「喉頭麻痺

喉頭」

  [★]

larynx (KL,K)
咽頭

解剖

  • 第4~6頚椎の高さにある。約5cm (KL.612) <→ C3-C6椎体の高さにある(M.571)

組織

呼吸器の上皮の移行

リンパ

  • 声帯上:
  • 上喉頭動静脈に沿って舌骨甲状膜を貫通 → 上内頚静脈リンパ節中内頚静脈リンパ節
  • 喉頭粘膜のリンパ網は、仮声帯、喉頭入口部でよく発達。喉頭蓋基部の小孔を通じて喉頭蓋前間隙のリンパ組織に連絡し、さらに内深頚リンパ節につらなっている。このため声帯上部癌のリンパ節転移率は喉頭癌のうち最も高率(SOTO. 560)
  • 声帯下:
  • 下喉頭動静脈に沿って喉頭前リンパ節・気管リンパ節 → 下内頚静脈リンパ節
  • 喉頭前リンパ節、気管周囲リンパ節につながっている(SOTO. 560)

機能

  • 発声
  • 嚥下の際の気道保護

喉頭の固有筋→喉頭筋

臨床関連

  • 喉頭先天性疾患
  • 喉頭外傷
  • 喉頭異物
  • 喉頭炎症
  • 喉頭非腫瘍性病変
  • 喉頭ポリープ(声帯ポリープ):声帯縁にに好発する広基性、有茎性の浮腫性腫瘤。声帯前1/3に好発。一側性が多い。表面平滑、色調は声帯と異なる。種々の嗄声を示す。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • 声帯結節:声帯の前1/3に好発。両側性が多い。女性に多く、声を酷使する職業に多い。幼児・学童では男性に多い。表面の色調は声帯と変わらない。嗄声をしめし、気息性嗄声が主。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • ポリープ様声帯
  • 喉頭肉芽腫
  • 喉頭嚢胞
  • 喉頭角化症/喉頭白色病変/喉頭白色病変/喉頭白板症
  • 喉頭癌




麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis



喉頭麻痺」

  [★]

laryngeal paralysis, laryngoplegia
喉頭運動麻痺
反回神経麻痺





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡