自立

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/27 16:58:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新しい働き方 対談 働き方を変えよう! 多くの日本企業も変化へ 個人は"自立"が求められる 東京糸井重里事務所CFO 篠田真貴子×サイボウズ社長 青野慶久 (特集 2016総予測 : 再加速か停滞か) -- (働き方)
  • 若者への伴走型支援で高齢者も地域も元気に : 新潟県 特定非営利活動法人 にいがた若者自立支援ネットワーク・伴走舎 (人と人をつなぐ実践)

関連リンク

デジタル大辞泉 自立の用語解説 - [名](スル)他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。「精神的に―する」
自立度100%の人とは、何者にも左右されない確固たる信念と、独自の世界を持つ人です。思いやりにあふれ、全てのものを限りなく認められる包容力にあふれた人です。そして、夢と想像力を持ち続け、常に前進する人のことを ...

関連画像

図解!依存・ 自立 ・相互依存 若者自立サポーターは、県が 自立支援法Ⅰ 「障害者自立 内容については、「 自立


★リンクテーブル★
国試過去問106G057
拡張検索障害者自立支援法施行規則」「障害者自立支援法施行令」「自立支援給付」「機能的自立」「機能的自立度評価法

106G057」

  [★]

  • 90歳の女性。夫との2人暮らしで、年金で生活している。認知機能は正常である。日中はベッド上での生活が主であるが、座位は保つことができ、車椅子には介助で移乗できる。
  • 要介護認定を受ける際、障害高齢者日常生活自立度(寝たきり度)の判定に必要な因子はどれか。 2つ選べ。
  • a 座位の可否
  • b 同居者の人数
  • c 認知症の重症度
  • d 世帯における収入
  • e 車椅子移乗の可否


[正答]


※国試ナビ4※ 106G056]←[国試_106]→[106G058

障害者自立支援法施行規則」

  [★]

障害者自立支援法法令

(令第一条第一号に規定する厚生労働省令で定める身体障害)

第6条の十三

  •  障害者自立支援法施行令(平成十八年政令第十号。以下「令」という。)第一条第一号に規定する厚生労働省令で定める身体障害は、次に掲げるものであって、これらの障害に係る医療を行わないときは、将来において身体障害者福祉法(昭和二十四年法律第二百八十三号)別表に掲げる障害と同程度の障害を残すと認められ、及び確実な治療の効果が期待できる状態のもの(内臓の機能の障害によるものについては、手術により、将来、生活能力を維持できる状態のものに限る。)とする。
  • 一 視覚障害
  • 二 聴覚又は平衡機能の障害
  • 三 音声機能、言語機能又はそしゃく機能の障害
  • 四 肢体不自由
  • 五 心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう若しくは直腸、小腸又は肝臓の機能の障害
  • 六 先天性の内臓の機能の障害(前号に掲げるものを除く。)
  • 七 ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害

(令第一条第二号に規定する厚生労働省令で定める身体障害)

第6条の十四

  •  令第一条第二号に規定する厚生労働省令で定める身体障害は、次に掲げるものであって、確実な治療の効果が期待できる状態のもの(内臓の機能の障害によるものについては、手術により障害が補われ、又は障害の程度が軽減することが見込まれる状態のものに限る。)とする。
  • 一 視覚障害
  • 二 聴覚又は平衡機能の障害
  • 三 音声機能、言語機能又はそしゃく機能の障害
  • 四 肢体不自由
  • 五 心臓、腎臓、小腸又は肝臓の機能の障害(日常生活が著しい制限を受ける程度であると認められるものに限る。)
  • 六 ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害(日常生活が著しい制限を受ける程度であると認められるものに限る。)

(令第一条第三号に規定する厚生労働省令で定める精神障害)

第6条の十五

  •  令第一条第三号に規定する厚生労働省令で定める精神障害は、通院による治療を継続的に必要とする程度の状態の精神障害(てんかんを含む。)とする。

法令

  • 障害者自立支援法施行規則(平成十八年二月二十八日厚生労働省令第十九号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H18/H18F19001000019.html

障害者自立支援法施行令」

  [★]

障害者自立支援法法令

 第一章 総則

自立支援医療の種類)

第1条

  •  障害者自立支援法 (以下「法」という。)第五条第十九項 の政令で定める医療は、次に掲げるものとする。
  • 一 障害児のうち厚生労働省令で定める身体障害のある者の健全な育成を図るため、当該障害児に対し行われる生活の能力を得るために必要な医療(以下「育成医療」という。)
  • 二 身体障害者福祉法 (昭和二十四年法律第二百八十三号)第四条 に規定する身体障害者のうち厚生労働省令で定める身体障害のある者の自立と社会経済活動への参加の促進を図るため、当該身体障害者に対し行われるその更生のために必要な医療(第四十一条において「更生医療」という。)
  • 三 精神障害の適正な医療の普及を図るため、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 (昭和二十五年法律第百二十三号)第五条 に規定する精神障害者(附則第三条において「精神障害者」という。)のうち厚生労働省令で定める精神障害のある者に対し、当該精神障害者が病院又は診療所へ入院することなく行われる精神障害の医療(以下「精神通院医療」という。)

法令

  • 障害者自立支援法(平成十七年十一月七日法律第百二十三号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17HO123.html

自立支援給付」

  [★]

障害者自立支援法

自立支援給付


機能的自立」

  [★]

functional independence
国際生活機能分類


機能的自立度評価法」

  [★]

functional independence measurement (FIM)




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡