自律神経系

出典: meddic

automatic nerve system, autonomic nervous system, ANS
植物神経系 vegetative nervous system不随意神経系 involuntary nervous system
  • 図:N.160


  1. 副交感神経系
    1. 頭部副交感神経
      1. 動眼神経
      2. 顔面神経
      3. 舌咽神経
      4. 迷走神経
    2. 仙髄部副交感神経
  2. 内臓求心性線維
  1. ref(autonomic_nerve_note.png,自律神経系)






Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/25 01:56:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 寒冷ストレスに対する水クラスターマイナスイオンの影響
  • セイヨウネズ精油ジュニパーの香りが自律神経系に及ぼす効用の心拍変動解析
  • Aroma research = アロマリサーチ : journal of aroma science technology and safety 17(1), 58-63, 2016
  • NAID 40020750176
  • 特集 人間工学のための計測手法(第4部)生体電気現象その他の計測と解析(5)自律神経系指標の計測と解析
  • 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics 52(1), 6-12, 2016
  • NAID 40020739760
  • 自律神経系の概日リズムとオレキシン (代謝) -- (基礎分野での進歩)

関連リンク

自律神経系(じりつしんけいけい、英: Autonomic nervous system)は、末梢神経系の うち植物性機能を担う神経系であり、 動物性機能を担う体性神経系に対比される。自律 神経系は内臓諸臓器の機能を調節する遠心性機序と内臓からの情報を中枢神経系に ...
心と身体の関係-その2-自律神経系◇ 心と身体をつなぐルートの中でも比較的 馴染みがあると思われる自律神経系について、心身医学の立場から述べたいと思い ます。この自律神経系については生理学的な立場からいろいろな専門的内容があると 思います ...
自律神経失調症』の症状としては、体の一部が痛くなったり具合が悪くなったり精神的に 落ち込んだり・・と人によって様々で、いくつか重なって症状があらわれたり症状が出たり 消えたりする場合もあります。 自律神経系の様々な種類の自覚症状なので症状の ...
【めまい 自律神経系目眩】 自律神経失調症とは?とも重なります。主にめまいについて 書いておきます。 めまいの一種に自律神経性目眩というものがあります。 低血圧の 原因疾患も参考にしてください。 まず自律神経ですがこれには、交感神経と副交感神経 が ...

関連画像

自律神経系 と自律神経系のトラブル.jpg中枢神経:脳、脊髄自律神経系自律神経系の調整交感および副交感神経の同一 自律神経系医学掛図 自律神経系


★リンクテーブル★
先読みinvoluntary nervous system
リンク元100Cases 14」「副交感神経系」「交感神経系」「骨盤内臓神経」「消化と吸収
拡張検索自律神経系疾患
関連記事神経」「」「神経系」「自律神経

involuntary nervous system」

  [★]

Autonomic nervous system


100Cases 14」

  [★]

☆case14 複視
glossary
diplopia n. 複視
筋力低下筋無力筋脱力 muscle weakness, muscular weakness
sunken
vt. sinkのpp.
adj.
沈没した、沈んだ、水中の
沈下した、一段低いところにある
落ち込んだ、くぼんだ
3,4-ジアミノピリジン 3,4-diaminopyridine 3,4-DAP K+チャネル阻害薬;ランバートイートン筋無力治療
症例
43-year-old woman
cheif complaint: diplopia
present history: diplopia and holding her head up ; more marked in the evenings, for the last 3 months. difficulty of chewing. voice has become quieter. weight loss (3kg / 6months). non-smoker. drinks about 15 units/week. no regular medication.
past history: no significant previous medical illnesses.
family history: lives with her husband and three children.
診察 examination
looks well.
organ systems: normal; cardiovascular, respiratory, and abdominal systems.
muscle power; grossly normal. decrease after testing a movement repetitively.
motor function: normal; tone, coordination, reflexes and sensation.
bilateral ptosis. exacerbated by prolonged upward gaze
eye: normal; pupillary reflexes, eye movements, and funduscopy
■答え
diagnosis: myathenia gravis
differential diagnoses:
CASES
上位and/or下位運動ニューロン motor neurone disease 運動ニューロン疾患線維束性攣縮進行例では筋力低下
muscular dystrophy 筋ジストロフィー:ある種の筋肉選択的筋力低下する。家族歴がある。
dystrophia myotonica 強直性筋ジストロフィー咬筋側頭筋胸鎖乳突筋筋萎縮四肢遠位端の筋萎縮顔貌特徴的(前頭部脱毛、無表情、窪んだ頬)。家族歴ある。筋電図診断有用(急降下爆撃音)。
polymyositis 多発筋炎普通皮疹関節痛出現CK上昇筋生検診断有用
myopathy ミオパチー:甲状腺中毒性ミオパチー甲状腺機能低下症によるミオパチークッシング症候群によるミオパチーアルコール性のミオパチー
神経筋接合部non-metastatic associations of malignancy (paraneoplastic syndrome(傍腫瘍性症候群 = 腫瘍随伴症候群)のこと):胸腺腫症例の10%に重症筋無力症がみられる。ランバートイートン筋無力症候群小細胞癌関連がある。
HIM.2674
Treatment with penicillamine (used for scleroderma or rheumatoid arthritis) may result in true autoimmune MG, but the weakness is usually mild, and recovery occurs within weeks or months after discontinuing its use.
 重症筋無力症の誘発ペニシラミン(強皮症関節リウマチ治療に用いられる)。
  mildだし、薬剤中断改善する。
Aminoglycoside antibiotics or procainamide can cause exacerbation of weakness in myasthenic patients; very large doses can cause neuromuscular weakness in normal individuals.
 重症筋無力症の悪化:アミドグリコシド系抗菌薬、プロカインアミド
  MG患者筋脱力悪化する。
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版

副交感神経系」

  [★]

parasympathetic nervous system (KL)
pars parasympathica
自律神経系交感神経系副交感神経
  • 脳幹:CN III, CN VII, CN IX, CN X
  • S2-S4

節後ニューロン



交感神経系」

  [★]

sympathetic nervous system (KL), SNS
pars sympathica
自律神経系副交感神経系
  • 図:KL.33, N.160
  • 交感神経系のニューロンはT1からL3の側角に存在。

走行


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



骨盤内臓神経」

  [★]

pelvic splanchnic nerves (KH)
nervi splanchnici pelvini
勃起神経 nervi erigentes骨盤神経 pelvic nerve
骨盤神経叢仙骨内臓神経


解剖 (KH.249)

機能 (KH.249)


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



消化と吸収」

  [★]

消化液

調節機構

  1. 自律神経系
  2. 消化器ホルモン
  3. オータコイド

定義

消化
嚥下した大きな物質を吸収可能な小さな物質にまで分解する過程
吸収
生体外のものが生体内にはいること
機械的消化
消化管運動(蠕動分節運動)による消化
化学的消化
消化液に含まれる酵素による消化

機能

  • 摂食
  • 消化
  • 吸収

摂食

  1. 口腔内に食物を入れる
  2. 咀嚼
  3. 唾液分泌
  4. 味覚、嗅覚
  5. 嚥下

自律神経系疾患」

  [★]

autonomic nervous system disorderautonomic nervous system disease
自律神経障害純粋自律神経不全症自律神経性疾患


神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


系」

  [★]

一連菌株緊張系統系列シリーズ歪み連続システム体系体制方式筋挫傷

神経系」

  [★]

nervous system


構造的分類

機能的分類


自律神経」

  [★]

autonomic nerve
神経







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡